2018/5/16

(無題)  

出石のような古い町並みには松の木がよく似合う

大手前の広場にはかなり年季の入った松の木があるが

その中で かつて出石の象徴とも言うべき古く大きな松の木が

辰鼓楼の横にあって ともに威風辺りを払っていた 

その松が枯れて切り倒された時

町の人はみな相方を失ったような辰鼓楼の姿を嘆いたもんだ 

その後新たに松が植えられてはいるが

まだまだ若くさすがに年季が足りない 

町の風情というのは

一朝一夕に作られるものではないなと実感する

クリックすると元のサイズで表示します



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ