間違ってる!  乳がん

キャンディーズのスーちゃんが亡くなりましたね。T_T
訃報を聞いたとき「え?」という気持ちよりも
「またか」
という気持ちが強く、苛立ちを感じました。´_`
また一人同病者が亡くなった・・・。

20年近く前に罹患し、長い間治療を続けてきた・・・と。
発症したのが35歳?・・・私と近いな〜。
初発は左乳がんで数年後に右乳がん。
両胸にがんを患いつつもキラキラ輝いていたのは
がんで弟を亡くしたスーちゃん、妹を亡くしたご主人共に
命に限りがあることを強く認識し、限りある命を精一杯
楽しく過ごしていこうと思っていたからかな。

私も明るく元気に!!グー
周囲にはがん患者だということを悟られず、気を使われず
いつも笑って元気を配りたい。
スーちゃんの生き方はお手本みたいな感じだな〜。
でもさ、20年もの間、再発の恐怖と戦いながら生きるなんて
ホントに嫌な病気だよね。
5年、もしくは10年の治療と言われているけれど、
無事に終えることができても無罪放免というわけにはいかない。 ̄_ ̄
結局、寿命を全うするまでずっと再発転移の心配をするんだ。
同病者が亡くなると、ついつい落ち込んじゃう。↓

だけど、最期の声を、感謝の気持ちを伝えることができるのは
命の火が消えるまでの猶予を与えられた、この病気ならではだね。
今回の震災で亡くなった方たちは、予想もしなかった出来事に
突然命の火を消され、何もできなかった。
どんなに悔しかったことか。

スーちゃん・・・私もみんなに笑顔を送り続けるよ!!
長い間、お疲れ様。ゆっくり休んでね。

そんなスーちゃん、スポーツクラブでも話題に上がっていました。
更衣室で髪を乾かしながらスーちゃんと同年代の女性2人が

「ショックよね〜!」「大ファンでさ、レコードも全部持ってる!」

なんて話してたから、何気なく聞き耳立てていると耳

A:「怖いよね〜。あっという間に死んじゃったんでしょ?」
B:「いや、20年前からだったみたいよ」
A:「え?20年?私同年代だから怖いなぁ」
B:「いや、乳がんはさ、子ども生んだことが無いとか、
  母乳が良く出なかった人がなるのよ。
  私は母乳もたっぷり出てたし、こんな小さい胸だからね。
  ならないわ」
A:「え〜!そうなんだ〜。私母乳でなくてさぁ。まずいかな?」
B:「まぁ、その胸なら大丈夫よ!(笑)」


なんて会話をしているじゃないですか!'_';
子ども生んだこと無い?母乳が出ない?
どちらも全く当てはまらないんですけど〜!¬_¬
家族、親戚にもがん罹患者はいない。
Bさんが言っていることは正しくない。
がんにならないなんてこと、軽々しく言ってはいけない。
あくまでも可能性の問題で、そういう人は何もない人より
ほんのちょっと罹患する確立が高くなるというだけ。No.1!
何もない人の確立が低くなるわけではない。

話を聞きながら心拍数が上がり、身体が熱くなってきた。
「それは間違ってるよ!検診は必要!」って
大きい声で叫びたかったけど、ぐっとこらえて・・・。
仲の良い会員さんなら、友達が・・・と例を出して説明したんだけど
話したこともない会員さんに、いきなり「検診受けて!」とも言えず。
もっと正しい知識を持てるよう、報道して欲しいな。 ̄へ ̄

がんを予防できる特効薬・・・頑張って開発してください。ゴメン
5



2011/4/30  17:14

投稿者:nagu→メアリーちゃん

そうなんだよね。
まず検診を受けなきゃ始まらない!
日本人の食生活も、今では欧米と変わらないから
誰にでもリスクがあるってことを知らなきゃね。

2011/4/29  11:06

投稿者:メアリーアン

今回のことで知って、びっくり。受診率って低いのね。まずは受診だよね。


コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ