未承認医薬品  術後補助療法

今日は先日参加した「がん支えあいの日」記念イベントの
第2部「パネルディスカッション」をまとめる予定でしたが
みなさんにお知らせしたい情報を入手したので
予定を変更して記事にしたいと思います。 ←TVの特番か?

今、この記事を読んでくれているあなたはがん患者ですか?
それとも、がん患者の家族?今のところがんとは無関係?
無関係である方も、これは読んで知っていてほしい!No.1!

日本の医療は日進月歩、医療従事者の弛まん努力によって
10年前は助からなかった病気も
今では根治が可能になったり、使える薬が増えたことで
「がん=短い余生」ではなくなってきています。
日本でも認証薬が増え、がんの進行を遅らせるために
投薬攻撃耐久性薬変更攻撃耐久性薬変更
これを繰り返して行っています。
でも、薬には限界もあり、その種類も無数ではありません。

「もう使える薬はありません。が、未認可の薬なら・・・」
医師からそう言われたら、あなたはどうしますか?

もちろん、富裕層は迷わず治療を受けるでしょう。
でも、大多数の庶民はそれを選択したいのにできない
そんな現実を突きつけられるのではないでしょうか。

外国ではきちんとしたデータがあり、効くだろうということが
わかっているのに、日本では未承認で莫大な費用を要する。
そのために指をくわえて見ていることしかできない。
もっともっと生きていられるはずなのに・・・。

「命=金」こんな現実、辛すぎますよね。
もちろん、承認されて保険が適用されても薬の金額は高くて
払うことができないというケースもあるでしょう。
でも、確実に助けられる人が増えるはずです。

今、厚生労働省では医療上の必要性が高い未承認の医薬品
又は、適応の開発の要望に関する意見を募集
しています!

私はここで乳がん治療にアバスチンを使わせてほしいと
訴えようと思っています。

今のところ自分には関係ないな〜・・・と思う方、
これから長い人生、何が起こるかなんてわかりませんよ。
病気とは縁遠かった私でも、30代でがんになったんです。

薬のこと、もっともっと考えて、病気なんて怖くない!って
言える世の中に変えていかなきゃ!
1人の力は小さいけれど、集まれば何かを動かす力になる。
こんなふうに厚労省が意見を聞く耳を持とうとしている今
1人1人の言葉が大きな意味を持つのです。

一緒に訴えてみませんか?

5



2009/6/25  16:36

投稿者:nagu→緑緑ちゃん

そうだよね。使える薬がないってどういうこと?って、逆に聞きたいよね。
確かにさ、開発するのに莫大な費用がかっていることはわかる。
だから保険適用でも高いんだよね。
化学療法中は毎月10万以上のお金を払ってたよ((+_+))
そのしわ寄せはまだまだ残っててさ、家族旅行も近場で・・・しかできない。

もっともっと安くしてほしいよね。
保険適用外の薬の値段なんて庶民には払えっこないよ。
あの時使ってたら・・・なんて、後悔したくないよね。

アバスチン、効果が高いんだよね。
どうしてこのがんならいいけどこっちはダメなんて分け方になるんだろう(-_-;)
いい薬は早く使えるようにしてほしいね。

2009/6/24  13:19

投稿者:緑緑*ryuryu

「もう使える薬はありません。」
と言われたらどうするか、ということを今年はよく考えてます。

保険適用の薬だって高いのに、未認可の薬とか高額の治療法が出来るのはお金持ちだけだよーとほんと思う。
「その薬高いですよね...」って話を少し前に先生としたばかり。
そして次の薬の承認がおりていたら、治療の選択は変わっていたかも? とも思ってる。

アバスチンの恩恵受けた身としては、早くほかのがんでも使えるようになること願います。

http://emerald.sub.jp/blog/

2009/6/24  8:34

投稿者:nagu→くみこさん

ホントですね。ハーセプチンのように癌細胞を攻撃する(兵糧攻めかな)薬は「待ってました!」って歓迎されるべき薬ですよね。
でも、HER2強陽性のがん患者以外が投与しても無意味・・・。
どんながんにも使えるという分子標的薬の開発が待たれます。
ただ、きちんとしたエビデンス無しに使用するのも大きな問題があるので、適応の開発に重点を置いてほしいですね。
お金がなければ何もできないというのは事実だけど、命がかかっていることに関しては平等でありたいな〜・・・。

2009/6/23  13:31

投稿者:くみこ

ハーセプチンは副作用が少ない、抗がん剤ですが、2年前は健康保険適用外の薬でしたよね。2007年頃に健保適用になりましたが、その前には、自費で使った人の中には月額50万〜70万円位したと言います。病人が、親や夫に気兼ねをし、また自分の貯金を気にしながらでの治療では、悲し過ぎます。安心して治療が受けられるように、naguさんのおっしゃる通り、世の中を変えて行かなくてはね!

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ