2008/9/29

負けるもんか  家族のこと

週末、中学校の総体が開催されました。
長女の所属する陸上部では、3年生の引退試合になります。
もちろん、ここで3位に入れば県総体に進むことになりますが
多くの3年生は市の総体で部から去ります。

長女の中学校の陸上部には3年生の女子がいません。
男子の先輩は7人おり、男勝りの長女は可愛がられ
部で孤立した時も常に支えてもらっていました。
その先輩たちを笑顔で送り出すために全力を尽くすと
でかけて行った長女。
部内の人間関係で悩み、退部したいと言い続けていた
長女とは別人のようでした。

長女が出場したのは共通幅跳びと共通100mハードル
そして低学年4×100mリレーです。
中学生は力の差が大きいため、学年別に
分けられている競技がいくつもあるのですが
長女の出る種目は、学年に関係なく
1〜3年共通に行われます。

幅跳びなんてものすごい人数です。
4mを下回る記録は計測してもらえないため
1年生は記録なしのラッシュ。 ・・・かわいそうに・・・。
長女は4m31とベストを2cm更新し
1年生の中ではダントツトップでしたが
2〜3年生には及ばず。
上位8人が決勝に進みますが、8番の選手でさえ
4m70を跳んでいました。・・・40cmの差は大きいなぁ・・・。
でも、自己ベストを更新したわけだし
来年以降に期待大!ということで・・・。

100mハードルの予選は7組56人が出場し
タイムレース上位8名が決勝に進みます。
長女はハードル初体験。
跳んでいるところを見たことがないので、
ばてずに走り抜けられるだろうか・・・と、心配でした。
1組目に出場した長女。祈るように見つめる夫と私。
次男は友達(になった子)とゲームをしています。
1台目のハードルを越えた時、不安は消えました。
とてもキレイに跳べているではありませんか!
組の2着でゴールしました。
大したもんじゃん!と、夫と感心していました。
私の脳裏には「もしかしたら・・・?」と、
決勝への期待が膨らみます。
横で夫は「そんなに簡単じゃない!」と冷静。
・・・もっとドキドキしたっていいのに!なんだよっっ!
レース終了後、長女に声をかけると
「聞いて〜〜〜!8番だよ!決勝に残ったよ!」と嬉しそうに
報告してくれました。
すごい!!1年生で決勝に進んだのは長女だけです。
頑張ったね〜〜〜。おめでとう!
これで長女は個人種目でもリレーでも
決勝に出場することになりました。

泣きながら辞めたいと言っていたけど、続けてよかったね。
決勝ではハードルはダントツビリ。
でも、必死に走った長女は誇らしく、大満足でした。
決勝に進んだ8人のうち6人は3年生、1人が2年生。
3年生が引退すれば、長女より速い人は1人だけです!
リレーは5位でした。でも、立派です。
1日にハードル2本とリレーを1本。
ばてていて当然なのに、長女の走りには「負けてたまるか!」
という闘志が見え、かっこよかった。 ←親ばかです・・・

これからも競技、人間関係で壁にぶつかることが
あるでしょうが、この日の「負けるもんか!」を思い出して
頑張っていって欲しいと思います。
いつも応援してるよ!頑張れ〜〜〜!

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ