バイバイNY  日常

昨夜は疲れがたまっていたのか娘は爆睡 -_ゞzzz
せま〜〜〜いシングルベッドに10日間も2人で寝たんだもんね。
・・・そりゃ〜疲れも取れないわな ^o^;

私は娘が寝た後、トイレやお風呂の掃除したり、床を拭いたり。
終わってから冷蔵庫に残っているビールを処分しなきゃと・・・と
取り出してぐびぐび ビール
あと1本残っているからそれ飲んだら寝るかな・・・と
冷蔵庫から出した2本目は、ツルンと私の手から逃げ出し 
室内を靴で過ごすアメリカの固〜〜〜〜い床へ着地。

・・・  ・・・  ・・・  ・・・ が〜〜〜〜ん ・・・ 

私が飲むはずだったビールはガチャン!と激しい乾杯の音とともに
床のやろうが飲み干してくれちゃいました TдT

おいおい、さっき床掃除したとこなんですけど・・・'_';
はい・・・もう1回ね・・・くっそ〜〜〜! ドクロ

乾杯の音で目が覚めた娘・・・なに?と発して再び爆睡 ^o^;
2時前に2度めの拭き掃除を終えた私。
太い体をねじって細めベッドへ。      ←それ細くなるんかい

・・・  ・・・  ・・・  ・・・  ・・・  ・・・ 7時間後

最後の朝。
こんな時間まで寝ていたら娘の遅刻は確定なんだけど
空港まで送っていくから・・・と学校を休んでくれました。
散々単独行動させられたから、空港まで一人で行けそうなんで
休まずに学校に行くよう言ったのですが
こういう時のために普段真面目に頑張っているんだから・・・と
最後だけ?は優しさを見せてくれました。

荷物も多いし、JFKまで電車移動は辛いので
ダウンロードしておいたアプリUberを使います。

スマホの現在位置情報を取得したUberが行き先を尋ねてきます。
JFK第1ターミナルと入力すると、配車までの時間や
目的地到着予定時間、料金を提示してきます。
それを了承すると、今いる場所の近くにいるドライバーが
2分程度でピックしに来てくれます。
このナンバーの車が迎えに行くと通知され、キョロキョロ探し
見つけた車に乗り込むって手順。
ちなみに、運転手に払うお金は一切なし。
イエローキャブみたいなチップも不要。
すべて登録してあるカードから引き落とされるのです。

こんな感じでね   

クリックすると元のサイズで表示します

日本にもあるみたいなんだけど、
アメリカのようにドライバー登録が多くないので
あまり利用されていないみたいだね。

荷物の積み下ろしもきちんとやってくれたし、チップもいらないし
気を使わなくていいし、便利でいいよね。
日本のタクシーとどっちがお得なんだろう? 

チェックインの時間まで娘とお茶して待ち
時間ギリギリに別れました。
娘は空港線に繋がるデッキに上がって
出国審査に入る私が見えなくなるまで手を振ってくれました。
一緒にいた10日間は怒られたり冷たくされたりして
ムッとすることも多かったけど、やはり別れは淋しいもので T_T
泣きながらセキュリティ検査を受けたのは言うまでもなく ^o^;

空港職員には大丈夫かと聞かれはしたけど
靴を脱いでかごに入れろ!と、冷たく言われました '_';
20歩くらいだけど、裸足で歩かされるんだよ!
靴に何隠すわけよ?・・・日本のセキュリティって甘いんだと実感。

乗る飛行機はあまり大きいものじゃなかったので
搭乗時間はそれほどかからず、スイスイと乗り込みました。

帰りは窓側なんだよね。
通路側がよかったけど、空いていなかったの。
フライト時間が長い場合は通路側のほうが
気を使わず席を立つことができるから便利なんだよね。
窓側って言ったって、雲の海しか見えない時間のほうが
断然長いわけだし、眩しいからブラインド下しちゃうしね。
でも、せっかくだから何枚かカシャリ   

 クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

ありゃ?3枚目は乗ってすぐにもらったドリンクだね (笑)
淋しさを紛らわすためにも、日本まで飲みまくらなきゃ! ^▽^
2



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ