2006/10/29

ラデク・バボラーク ホルン・エレガンス 10/29  演奏会

KSTの演奏会で常識破りなパフォーマンスをみせてくれた、ホルン奏者のバボラークを追いかけてみました。彼の名前を冠した上で、「ホルン・エレガンス」と題された公演は、新日本フィルを相手に、すみだトリフォニーホールでの公演でした。指揮者は広上淳一ですが、彼もまた、私の信頼する指揮者のひとりです。

まあ、バボラークのパフォーマンスについては、KSTの演奏会のレビューで述べましたし、再度、筆を重ねることもなかろうと思います。いつ聴いても、驚くほどしなやかな音色の、見事な角笛であります。

最初のプントが、まずあいさつ代わりになります。お聴き及びない作曲家でありましょうし、私も然りでございました。多分、現代の作曲家かと思いきや、これはベートーベンと同時代のホルンの名手にして、作曲家だった人のようです。その協奏曲第5番は、第1楽章では技巧的な部分が続き、第2楽章ではホルンの深い叙情性を、第3楽章ではユーモア性を強調するというように、ホルンのもついろいろな顔を巧みに盛り込んだ作品で、バボラークにふさわしい佳曲でした。第3楽章では、最強奏と最弱奏の幅を使って、オーケストラとともに楽しいパフォーマンスが繰り広げられるのですが、その最弱奏たるや、この楽器としては信じられないほど、繊細な囁きだったのです。

バボラークが一息つくためでしょうか、オーケストラのみで演奏する曲目が、2つ用意されました。すなわち、全3楽章が切れ目なく演奏されるモーツァルトの交響曲第32番と、弦楽合奏によるレスピーギの「リュートのための古風な舞曲とアリア」第3組曲です。しかし、後者などは、とても余興とはいえない素晴らしい演奏で、広上らしく、聴衆に媚びない、しっとりとした音楽を丁寧に編み上げた佳演です。最後、バロックへの力強いオマージュを歌い上げて終わる瞬間まで、息もつかせない美しい演奏でした。

広上はこの日、完全にバボラークを立てる側にまわり、最後まで、自分が賞賛を受けることはありませんでしたが、見事なサポートで、この演奏会を盛り上げた功労者です。

最後に、ブラームスのホルン三重奏曲の管弦楽編曲版による楽曲を披露しました。これは、バボラークと親交のあるミロシュ・ボクという作曲家によるものであり、原曲のピアノ・パートを管弦楽に置き換え、ホルンとヴァイオリンによる二重協奏曲風に編みなおしたものだそうです。ところが、意外とホルンが控えめなのです。ただ、ホルンの存在感がないわけではなくて、むしろホルンはオーケストラと独奏ヴァイオリンの動きにあわせて、ずっと響きを支えているのです。その粘りづよく、細々とした配慮に満ちた仕事ぶりは、ある意味で、バボラークの音楽の本質を衝くものでした。

ただ、編曲の出来は、やや退屈なものになってしまった感じがします。ボクは、うまくブラームスらしいエレメントを組み合わせて、なるほど、もっともと思わせる編曲を進めたわけですが、オーケストラ、ホルン、ヴァイオリンの関係が、互いを高めあうものになっていたかどうかは疑問に思います。フィナーレの結びの部分で、ようやくホルンが浮き上がってくるわけですが、それを促すオーケストラの動きも、躍動感に満ちて素晴らしいものがあります。その緊張感が、どうも全体を貫いていない感じの編曲でした。

この日のバボラークは、モーツァルトの「断章」(K.370)と「ロンド」(K.371)で、得意の高速タンギングが十分うまくいかないなど、絶好調ではなかったと思いますが、それでも、あれだけのパフォーマンスです。プントも本当なら、もう一段、突き抜けたパフォーマンスが聴けるような気がしますが、この日は、バックも新日本フィルの誇るホルン隊がいるので、それはそれで興味ぶかい演奏になりましたね。

なお、この日、指揮をとった広上淳一は、年末の「第九」で、再び新日本フィルに登場します。

 【プログラム】
1、プント ホルン協奏曲第5番
2、モーツァルト 交響曲第32番
3、モーツァルト 断章 K.370
4、レスピーギ リュートのための古風な舞曲とアリア
                          (第3組曲)
5、ロータ キャステル・デル・モンテ
6、モーツァルト ロンド K.371
7、ブラームス/ボク ホルン三重奏曲(管弦楽版)
 (vn:豊嶋 泰嗣)

 管弦楽:新日本フィルハーモニー管弦楽団

 コンサートマスター:西江 辰郎
0



2006/10/30  23:46

投稿者:アリス

一静庵さん、ありがとうございました。

なぜかロータの曲についてだけ触れていませんが、面白くなかったわけではありません。レスピーギからロータあたりが、いちばん充実していたように思います。

ホルン三重奏曲のほうは、もうすこし聴き込んでみたら違うかもわかりません。あの1回だけでは、良さがわからなかったとしておきましょう。

2006/10/30  17:49

投稿者:一静庵

またまた失礼致します。私も錦糸町に行っておりました。レスピーギ「リュートのための古風な舞曲とアリア」第3組曲は、本当に美しくて、感動しました。
「世界でも稀有なこの機会、ホルン三重奏曲(オーケストラ版)を聞きのがすな!!」のちらしの言葉でしたが、編曲の出来がやや退屈なものになっていたかもしれない、とアリスさんがおっしゃることに、なんとなく納得がいきます。
私は、ロータの「キャッスル・デル・モンテ」を、すごく楽しみました。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ