2009/6/26

原裕子 東京文化会館 モーニングコンサート vol.27  室内楽

ヴィオラの原裕子が、東京文化会館の「モーニングコンサート」に出演したのを聴いた。東京文化会館主催の東京音楽コンクールでは第2位を獲得した才媛は、東京藝術大学に在学中。先日の東京国際ヴィオラコンクールは第1次審査を通過できなかったが、そのときの印象が良かったので、ここに足を運んでみた。卒業後、ジュネーヴに渡って、今井信子の指導を受けることになっている。

共演者は、コンクールでも伴奏ピアニストの1人として活躍した草冬香。

ホールがちがうということもあるし、コンクールのときとはちがって聴衆がいっぱい入っているのもあるが、それ以上に、大きなちがいを感じた演奏であった。今回のパフォーマンスは、決して出来上がったものではない。しかし、それだけに、彼女の成長の可能性を示すものであったともいえる。

この人は、勇気がある。例えば、メインの「アルペッジョーネ・ソナタ」は、コンクールのときとはアプローチがちがう。私の記憶では、もっと朗々と歌うタイプだったはずだが、トーマス・リーヴルの影響か、その演奏は、よりシンプルで、飾り気のないものになっていた。そのせいで、失われたものがないとは言わない。しかし、確かに、正しい道に歩み出しているとは感じられるのである。コンクールがきっかけであるのかどうかはわからないし、実際に、彼女が意識して変化を選び取ったのかについてさえ、はっきりと断言はできない。

しかし、私は、彼女の演奏がはっきり変わったと感じたのである。彼女は、自分の積み上げてきたものをゼロに戻すことを躊躇わない。同時に、新しい道に踏み出していくことを喜びとできる人間だ。それは、真ん中に組まれた武満作品のプログラムからも窺われる。ヴィオラと管弦楽による「ア・ストリング・アラウンド・オータム」を、細川俊夫がピアノ伴奏版に編曲した版の演奏だったが、それは彼女がずっと前から親しんでいるというよりは、学生時代に教えてもらった作品のようである(多分、それほど遠くない時期だ)。だから、決して弾きなれた曲と同じような完成度はない。だが、その世界観に素直に共感し、自分のものにしたいという想いが、ひしひしと伝わる演奏だ。

原裕子はこのように、音楽家として真摯な向上心をもっている。自分の道が間違っていると思えば、直ちにやりなおす勇気と根気がある。いま自分のなかに抱え込めないものだとわかっていても、必要であれば、新しいレパートリーや演奏姿勢にチャレンジすることを恐れていないし、そのことにむしろ積極的になれるヴィオリストだ。私はコンクール時の原の演奏も好きだったが、今後、今井先生に習って、どのように化けるかを見てみたい。

さて、アルペッジョーネ・ソナタは、第1楽章、前半の繰り返しは省略し、後半の変奏は全部を演奏するというスタイルである。新しいスタイルはまだ十分に馴染んでおらず、リーヴルのようにぐっと聴き手のこころを放さない演奏にはなっていない。そのため、第1楽章後半の変奏をフルで演奏したことは、冗長に感じられる。第2楽章は静穏で、彼女の音色の素晴らしさがよく生きている。第3楽章は、コンクールのときにみせた彼女のスタイル(といっても、この楽章は演奏していない)がまだ残っており、やや逡巡的な感じが窺われる。テンポがやや急いでしまい、音楽にメリハリがなくなった。今後の試行錯誤に期待したいものである。

武満の作品は、ゆったり引き延ばされた世界観が特徴の、武満の音楽をねばりづよく実践している。なかなか難しい作品で、これを完全に弾きこなすには、さらなる研鑽が必要かもしれない。特に、全体としてゆとりのある流れのなかで、一瞬、鋭く動くようなアクションに対応できていないのが気になった。

前半は、シューマンが2曲。「3つのロマンス」(op.94-2/原曲:ob)はこの日の白眉で、低音の潤いのある響きが、いかにも彼女らしいものだった。対して、古典的な味わいが強い「アダージョとアレグロ」(op.70/原曲:hr)は、造型に必要な骨組み、肉付けがうまくいっておらず、そうした点における弱点を露呈した。

MCは、そういうことに慣れている前回の上野由恵とは異なり、いかにも学生という感じだが、それはそれで悪くないだろう。

また、何年かあとに出会いたいヴィオリストである。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ