2009/5/24

東京国際ヴィオラコンクール 第1次審査(結果)  クラシック・トピックス

さて、レヴューを書いてるうちにHP上で結果が公表されたので、フォローしておきましょう。

【第2次審査進出者】

 No.5 MALOV Sergey (ロシア)
 No.6 KUO Wei-Ting (台湾)
 No.14 RISBET Julie (フランス)
 No.19 MURRATH Dimitri (ベルギー)
 No.20 MAIJALA Lilli (フィンランド)
 No.23 PAJARO-VAN DE STADT Milena (米国)
 No.25 DEANS Emily (米国)
 No.29 BOISSEAU Adrien (フランス)
 No.30 HERTENSTEIN Veit Benedikt (ドイツ)
 No.32 深澤 麻里 (日本)

以上の10人です。一気に4分の1ですから、シビアです。私の気に入らなかったコンテスタントもいますが、特に文句をつけたりするつもりはありません。すこし国際色を出すために、欧米のコンテスタントも残すだろうと思いましたが、中・韓のコンテスタントがまったく残らなかったのは、世界的なコンクールの流れからしても珍しいです。

ヴィオラスペースゆかりのコンテスタントや、オケで参加する桐朋勢の有利は、予想どおり、まったくなかったですね。

さて、これらのコンテスタントたちのコンクール歴など、それから、2次審査での演奏曲を調べてみました。

【No.5 MALOV Sergey】

ヴィオラ・・・
ミュンヘンARD(2008)ファイナリスト

ヴァイオリン・・・
パガニーニ国際(2006)ファイナリスト。ブラームス国際5位。

第2次審査選択曲:ヒンデミット ソナタ op.11-4

【No.6 KUO Wei-Ting】

プリムローズ国際(2008)ファイナリスト
YOU TUBE動画配信サイトに音源あり。

第2次審査選択曲:ブラームス ソナタ op.120-2

【No.14 RISBET Julie】

ミュンヘンARD(2008)2次予選

第2次審査選択曲:ブラームス ソナタ op.120-2

【No.19 MURRATH Dimitri】

キム・カシュカシアンの弟子。
プリムローズ国際(2008)優勝
ヴァルビエ音楽祭アカデミー ヴィオラ賞
YOU TUBE動画配信サイトに音源あり。

第2次審査選択曲:ヴュータン ソナタ op.36

【No.20 MAIJALA Lilli】

ミュンヘンARD(2008)ファイナリスト
ヘルシンキ・ノルディック・ヴィオラcomp. 優勝
ヴァルター・ギーゼキングcomp. 優勝
ザルツブルク・アカデミーで受賞

第2次審査選択曲:ブラームス ソナタ op.120-2

【No.23 PAJARO-VAN DE STADT Milena】

ミュンヘンARD(2008)2次予選
ジャクソンビル管 ソリスト・オーディション合格

第2次審査選択曲:ショスタコーヴィチ ソナタ op.147

【No.25 DEANS Emily】

キム・カシュカシアンの弟子
プリムローズ国際(2008)2位、プリムローズ編曲作品賞

第2次審査選択曲:ブラームス op.120-1

【No.29 BOISSEAU Adrien】

マックス・ロスタル国際コンクール(2009)優勝

第2次審査選択曲:ショスタコーヴィチ ソナタ op.147

【No.30 HERTENSTEIN Veit Benedikt】

今井信子の弟子。
フランクフルト、チューリッヒのコンクールで優勝歴
シュレスヴィヒ=ホルシュタイン音楽祭参加

第2次審査選択曲:ヒンデミット ソナタ op.11-4

【No.32】

前のエントリーを参照

第2次審査選択曲:ショスタコーヴィチ ソナタ op.147


なるほど、それなりに実績のある人たちなんですね。やはり、コンクールというのは特殊な世界なので、経験値も大事なのでしょう。

第2次審査は、規定の2曲と、ブラームス、ヴュータン、レーガー、ヒンデミット、オネゲル、ショスタコーヴィチ、ヘンツェのいずれかのソナタを選択して演奏します。規定曲は、ノックスに対するコンクールの委嘱作品で、「無伴奏ヴィオラのための”Fuga libre”」と、武満徹の「鳥が道に降りてきた」。後者は、今井信子さんのために書かれた曲ですね。選択曲は、ブラームスを選ぶ人が多いようです。これは原曲がクラリネットの作品ですが、作曲者自身の手によりヴィオラ版にも編曲されています。
1



2009/5/26  22:46

投稿者:アリス

情報をお寄せいただきまして、ありがとうございます。ご指摘に基づき、加筆・訂正いたしました。なにぶん、夜中にさっと調べたものですので、お気づきの点があれば、遠慮なく、ご教示くださいますと幸いでございます。

2009/5/26  15:11

投稿者:viola!

Deansさんも カシュカシアンの弟子らしいです!

Kuoさんは Primroseでは セミではなくて ファイナリストだったみたいですよ。

レビューのアップデート楽しみにしています♪

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ