2009/1/30

群響、新体制へ!  ニュース

群馬交響楽団の、新しい常任指揮者兼芸術アドバイザーとして、沼尻竜典が就任することがメディア上で伝えられている。正式な就任は、2010年の4月から。また、これに伴って、伊藤文乃のコンマス就任もあわせ伝えられており、こちらは一足早く、この2月からの着任となる。お気づきのように、この2人は、先週のTMPの演奏でもコンビを組んでいた2人だ。楽団に密着した活動をつづけた高関健前音楽監督に遠慮してか、沼尻本人の意思を尊重して、「音楽監督」ではなく、「常任指揮者兼芸術アドバイザー」という肩書きになったそうだが、実質的な職務・権限のちがいはない模様だ。

記事によると、2年前に亡くなった沼尻の母親は桐生市の出身であり、生きていれば、大変に喜んだはずという同氏のコメントが紹介されている。群響は、地方オーケストラの中でも歴史が古く、また充実したアウトリーチ活動を展開し、県下の学校に通う生徒たちにとって身近な存在であるというのが大きな特徴でもある。沼尻の亡母も、市民オーケストラから出発し、プロオケとして成熟していく楽団のことを、よく知っていただろう。

TMPのレポートにも書いたように、複数のポストを得ている沼尻が一体、どれぐらいのウェイトをかけて、楽団を支えてくれるのかは不明だ。だが、TMPで学んだようなアウトリーチの手法は、群響とも共通点があるようだし、古典から新ウィーン楽派まで、幅広い音楽的知見をもち、数々のオーケストラやホールの運営に携わってきた経験は、得がたいものになるのかもしれない。昨今の経済危機が影を落とすかもしれないが、評判の悪いホールの改修も話題に上がっており、楽団は岐路を迎えた。

伊藤は先日も紹介したように、かつての広響コンマス。群響も継続的に関わっている草津の音楽祭で、学んだ縁がある。広響の職務を終えたあとは、ソリスト、フリーのコンマスとして、神奈川フィル、TMPなどに出演していたようだ。群響にとっては、60年を超える歴史のなかで、はじめての女性コンマスの誕生となる。

TMPは、ジョン・ネルソンの率いるパリ室内管をモデルにしたという沼尻だが、新しい群響のモデルとして挙げたのは、ラトルが飛躍的に発展させ、いまはサカリ・オラモが一時代を築いているバーミンガム市響だ。群馬を、日本のバーミンガムに・・・志は大きい。まあ、人口では既に勝っている!

1年間、プランを練るというから、早すぎる論評は避けよう。再来年のシーズン・プログラム発表が、まずは試金石となるだろう。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ