2009/1/24

最近の日本のコンクール事情 A  クラシック・トピックス

ガスパール・カサド国際チェロ・コンクール in 八王子は、過去にミッシャ・マイスキーや向山佳絵子などを輩出したコンペティションを引き継いだというに止まらず、他のコンクールにはない独特の特徴がある。それは、市民主体で運営されているということである。多くのコンクールは、市などの行政府が打ち出す文化政策としておこなわれているのに対して、カサドチェロ・コンクールは、その成立からしても、市民が自ら盛り立てるコンクールとなっているのである。もちろん、現在では市の支援も受けているが、運営主体としては、「NPO法人チェロ・コンサートコミュニティー」がある。

地元密着、そして、その地元に少しでもクラシック音楽、とりわけチェロの普及を目指していくというコンセプトが、明確である。また、市は、そうしたコンクールの性質を借りて、ボランティアなどの活動を通じ、コミュニティの一体感を高めることを狙っているのだろう。

ジュリーのなかで中心的な人物は、フランス人のアラン・ムニエで、前回のコンクール後も、何度か来日している。氏は現在、パリ・コンセルヴァトワールの教授を務めるとともに、母国のボルドーで開催される室内楽コンクールの総裁を務めている。チェロの審査員として申し分ないキャリアと指導力の持ち主であるとともに、コンクール運営のスペシャリストでもあるというわけだ。

次回のジュリーには、桐朋学園大の学長という重責にもある堤剛。北欧で随一の巨匠にして、シベリウス・アカデミーの教授を務めたアルト・ノラス。ボストンのニューイングランド音楽院、タングルウッドなどで教え、ヴァイオリニスト・潮田益子の夫としても知られるローレンス・レッサー。自ら華やかな経歴を誇るとともに、現在は欧州を代表する名教師となっているルイス・クラレット・・・など多彩である。

さて、これらのコンクールが、過去の演奏記録をインターネット配信しはじめた。浜松は、前回大会の第3次予選と決勝の模様が配信されている。本選のほうは「期間限定」とされているが、出場6人の本選での演奏がノーカットで楽しめる。第3次予選のほうは随時追加されているが、現在、聴くことができるのは、アレッサンドロ・タヴェルナ、クレア・ファンチ、ディナーラ・ナジャーフォヴァ、イム・ヒョソンの4人。これらのコンテスタントが第3次予選で演奏したときの模様が、やはり完全に公開されている。しかも、これらは無料。

なお、同様に、仙台国際のHPでも配信がおこなわれているが、こちらは、かなり短い抜粋であり、やや喰い足りない。

カサドチェロ・コンクールは、iTunes Store を使った有料方式だが、出場したすべてのコンテスタントの音源が用意された。ただし、曲目はカサドのものだけに限っていて、面白いこだわりだ。

こうして見てくると、コンクール事情は大きな岐路を迎えている。そのなかで、日本の新しいコンクールが、ひとつの指針を示しているのは面白い。これらの大会が、良い形で発展していくことを願いたい。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ