2008/12/30

大晦日もクラシック!  クラシック・トピックス

ジルベスター・コンサートというのは、ずっと以前からあったけれど、岩城さんと三枝さんの事務所が中心となって、大晦日という日の特殊性を利用した大企画、ベートーベン交響曲全曲演奏会が始められてから、もう6年ちかくも経った。

やがて、隣の小ホールを使って、同じベートーベンでも、弦楽四重奏曲だけのコンサートが開かれるようになった。といっても、全曲はさすがにということで、後期の傑作群をプログラムに据え、終演時間も交響曲よりも常識的なものにしてある。主催は、ミリオンコンサート協会。2006年が第1回だったので、今年で3回目となる。

そして、この年末、もうひとつベートーベンに関連する大型イベントが生まれた。その名も、「アイ・ラブ・ベートーヴェン」。こちらはピアノ・ソナタ=全32曲を、16人のピアニストが分けあって1日で演奏するという企画で、1公演の見物料は、どれだけ有名なピアニスト(日本人のみだが)であっても1,000円、という内容である。会場はオペラシティなので、先日の「ル・ジュルナル・ド・ショパン」と似たようなコンセプトとなる。

日本人はなんだかんだと言っても、ベートーベンが好きなのだろう。なにせ1つの都市で、大晦日というたった1日、交響曲、室内楽、ピアノの全曲、もしくは、半分を演奏してしまうというのだから!

さて、私は第1回以来、交響曲の演奏会に通ってきたが、今年はすこし趣向を変える。昨年のコバケンの演奏は、彼らしくもなく素晴らしいものだったが、やはり2年つづけて聴きたいとは思わないからだ。しかし、大晦日までもクラシック音楽に浸りきる生活は、私にとって魅力的でないということはない。そこで今年は、室内楽とピアノの両方を組み合わせることにしたのだ。

どうでもいいことだろうが、私の計画はこうだ。まず、ロー・ティーンでカーネギー・ホールで3回も演奏した経歴をもつ、小林愛実を聴きに初台へ。ついでに、メジューエワと岡田将を挟んで、うまくすれば山本貴志まで聴ける。その後、食事をとってから上野に移り、室内楽を8曲聴く。遅い食事のあと、再び初台に戻り、関本昌平、清水和音、伊藤恵と、最後の3人のピアノ・ソナタを聴いて、締めくくるというものだ。

これを実行すると、ソナタは、3、4、5、6、9、10、16、19、21、23、26、27、30。弦楽四重奏曲は、ラズモフスキー・セットの3曲と、後期の5曲。あわせて21曲を聴くことになるのだ。これは、快挙だ(自分は何もしていないが)!

今年の室内楽コンサートは、3つのグループが参加する。まずは、我らがクァルテット・エクセルシオ。ラズモフスキー・セットだ。次いで、古典四重奏団が、op.127 と op.130(大フーガ付)。最後に、ルートヴィヒ弦楽四重奏団が、op.131、op.132、op.135 という最後期の作品に挑む。

なお、「アイ・ラヴ・ベートーベン」について、紹介記事を書いておこう。チケットは、16公演の連続券と、各回の1回券にわかれている。連続券は200枚限定で、ほぼ売り尽くしたようだが、1回券はかなり残っている感触だった(29日現在)。最初の演奏が午前11時に始まり、終演は翌日の1時すこし前と思われる。

ピアニストは、国内の拠点を置く若手、中堅、ベテラン、教育者などから、広く選ばれている。最年少は、先程も触れた小林愛実で、若手は関本昌平、山本貴志、辻井伸之などのコンクール組が中心。私は聴けないが、辻井が「ハンマークラヴィア」を弾くのが注目だろう。メジューエワの出演も豪華。中堅以上では、既に名前を挙げた伊藤、清水に加え、若林顕、迫昭嘉、横山幸雄など。伊藤、若林、迫が最後の3つのソナタを弾くのが注目される。

このほか、8番「悲愴」は横山、14番「月光」は三輪郁、17番「テンペスト」は田崎悦子、21番「ワルトシュタイン」は伊藤、23番「熱情」は清水、28番は三舩優子が演奏することになっている。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ