2008/7/20

ラ・スコーラ & 並河寿美 トスカ 都響スペシャル @サントリーホール 7/20  演奏会

世界的な(?)テノール歌手のヴィンチェンツォ・ラ・スコーラを迎えての豪華企画、都響スペシャルがサントリーホールで開催された。内容は、この日の指揮者も務めたマルコ・ボエーミの特別エディションによる、プッチーニの歌劇「トスカ」の抜粋上演であり、ラ・スコーラのカヴァラドッシのほか、題名役は並河寿美、スカルピアに直野資、ほかという布陣である。ステージ後方のせり上がりを舞台として使ったセミ・ステージ形式で、演出担当は菊池裕美子だが、さほど演出的な要素はなかった。なお、各幕の最初にはアナウンサーの朝岡聡が現れ、あらすじを述べる形で進んだ。

ボエーミの編曲は当を得たもので、「妙なる調和」「歌に生き、恋に生き」「星は光りぬ」といった有名なアリアを織り込みつつ、2時間強にうまくまとめているが、痛すぎる「トスカ」の醍醐味にして本質的な部分となる、カヴァラドッシやトスカがスカルピアに肉体的、精神的に痛めつけられる部分は、ほとんどカットされている。

さて、歌手陣は肝心のラ・スコーラが、本来の調子を発揮できなかった印象で、まずは残念というべきか。あるいは、もともとがこの程度の歌い手ということなのかもしれないが、高音が全然伸びないし、スピントが効いていないように思われた。それをごまかすテクニックはいろいろ持っていて、本場のオペラ歌手の「処世術」を拝むことはできたものの、感心しない。中音域での魅力的な表現があるだけに、この日は不調だったとしておこう。直野のスカルピアは、いちばんスカルピアらしい場面がカットされているだけに評価しにくいが、ただただマッチョな声で歌われるスカルピアの一般的なイメージからすると、かなり繊細な感情を表現しようとしているかのようだ。技能賞。

トスカの並河は、素晴らしかった。男声陣がオーケストラのマスクを抜けてくるのに苦労している中で、ひとり、張りのある歌声を客席に届けることができた。声がでかいという感じはしないが、しっかり届いてくるのだ。「歌に生き、恋に生き」のソット・ヴォーチェも見事。彼女の歌うトスカは我がままな大女優ではなく、カヴァラドッシに自分だけを見てほしいと願う一途な女にすぎない。大女優としての風格は残しながらも、ちょっと口説いてみたくなる可愛げがあるのだ。声は清らかだが、スピント系の張りがあった。欲をいえば、このトスカは、いまの並河だけが表現できるトスカではないということ。いつかどこかで、聴いたことのあるトスカなのである。それは彼女がよく勉強していることの証拠だが、折角、この年でトスカを歌えるのだから、40代、50代の女ざかりのトスカではなく、生意気な2、30代のトスカでもいいと思うのだ。

まあ、完全上演でもないこのような場で、そうした要求は無理であるかもしれないが。

ボエーミの指揮は悪くないが、否、あれでピットに入っていれば素晴らしいというべきなのだろうが、舞台の上にオケが乗っかっての演奏では、やや配慮を欠いたということになるのかもしれない。しかしながら、オペラをよく知った指揮ぶりで、その道ではほとんど経験のない都響をよく導いて、プッチーニらしい響きを引き出したとは言える。「トスカ」はプッチーニの作品のなかでは異色な、晦渋さ、重厚さがあり、甘さよりも、厳しさが印象に残る作品だ。その意味で、トスカがスカルピアを刺殺したあとの告発するような音楽の響き、また、第3幕の間奏曲における寂莫とした音楽の響き、第1幕で枢機卿が現れる場面の鐘の音と第3幕で教会の鐘が刻限を打つときの響きの対比など、非常に印象ぶかいものが多かった。

これとも関連するが、第1幕で東京オペラシンガーズと東京少年少女合唱隊をバックに、スカルピアが悪企みを歌う部分(テ・デウム)は印象的である。第2幕はトスカのアリアを中心に、彼女が決心を固める場面の表情が秀逸。ここでスカルピアの側に目を向けると、どこか無邪気な子どものような部分もあり、第1幕の場面と比べると、トスカ以上に一途な面もみえるように思われた。第3幕は、「星が光りぬ」が不発だったこともあり、トスカのひとり舞台という印象。一刻も早く苦しみの時間から逃れたい彼女のモノローグ、そして、起き上がらないカヴァラドッシに気づき、自分のいのちで償うといって自殺を図る場面が、なんといっても凄い。ライティングを使って、並河が本当に飛び降りたようにシルエットが消える部分は、単純な仕掛けだが効果的で、それとわかっているのにハッとする。銃殺が行われる前後の部分で、ぐっと明るめの響きを押し出したボエーミの指揮は印象に残る。

都響の演奏はやはり、ボエーミの容赦ない要求もあって、全体的には音楽の繊細さよりも、大胆さ、ドラマティックさに重点が置かれている。木管、弦がいいが、僅かにポエジーが足りない。そのなかでは指揮者も褒めていたが、チェロの表現力の深さが耳を弾いた。金管は足を引っ張るのみ。パーカスは好調。オケ全体は熱演であるが、管弦楽曲としてならよいけれど、オペラとしては大味な感じもする。やはり、やり慣れていないことは簡単ではないのだ。なお、コンマスは矢部達哉が務めていた。

面白かったかそうでないかと問われれば、面白かったといえるだろう。意外にも、楽天的なテノールのアナウンスが特徴的な朝岡は、思いきって声を殺し、雰囲気を壊さずにナビゲ−トを務めたので、なかなか良かった。この人は、オペラをどれだけ深く理解できているかはわからないとしても、我々と同じように、純粋にオペラを愛していることは間違いがないようだ。公演としては成功といってよいと思うが、ラ・スコーラを実質的な主役に立てての上演としてみれば、かなり物足りないものがあったのも事実だ。というか、この人を主役に立てるのが間違っているのかもしれない。まして、「ポスト・3大テノール」などとはおこがましい。今回は、並河の頑張りに感謝というところだろう。


 公演日 2008年7月20日
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ