2007/12/31

下半期 コンサート・ベスト10!  演奏会

先日は、年間のオペラ鑑賞について総括してみましたが、改めて、オペラ以外の分野から、今年のコンサートをまとめてみたいと思います。順位はあまり厳密なものではありませんが、とりあえず、トップ10を並べてみましょう。

1位 ヴィンシャーマン/水戸室内管 ゴールトベルク変奏曲
2位 V.ブロンズ(pf) 平均律クラヴィーア曲集第1巻
3位 井上道義/NJP ショスタコーヴィチ8番
4位 広上淳一/KST バルトーク「弦チェレ」
5位 サイトウキネン タケミツ・メモリアル(室内楽)
6位 プレヴィン/N響 ダフニスとクロエ
7位 V.アファナシエフ(pf) 塩田千春展(ショパン)
8位 下野竜也/読売日響 第九
9位 S.ガベッタ(vc)&NJP エルガー「チェロ協奏曲」
10位 フェルメール・クァルテット ベートーベン

バッハが1、2を占めることになったランキングは、私としては、やや意外に思えます。なぜならば、自分はそれほど大バッハの音楽を特別には考えていないから。しかし、ヴィンシャーマンにしても、ブロンズにしても、こころから愛する作品への素直な共感が染み出しており、そうしたものは、我々のような者にもダイレクトに伝わってくるものです。そういう意味では、3位の井上のショスタコーヴィチへの想いも凄まじいものがありました。8位・下野の第九も同じような意味をもち、上手に演奏しようとか、自分の解釈を気に入ってもらいたいとかいう野心の感じられない、素直な解釈で、ベートーベンの思い描くありのままのイメージを伝えた演奏が印象に残ります。下野は今年の日本の楽壇では、非常に注目された存在でした。来年の活躍も、読売日響を中心に楽しみなところ。

一方、6位、7位、10位あたりは、「演奏者」対「作曲家」という構図が、はっきりと見て取れる演奏でした。彼らはそれぞれ独特の表現世界をもっており、音楽そのものの持つアイデンティティを蔑ろにすることなく、しかも、その内部から外皮を破っていくような力強い作用がみられたのです。特に7位のアファナシエフの公演は、ショパンのわりに有名な曲目を使いながら、塩田千春のアートとのコラボを交えることで、これまで聴いたこともない新鮮な世界観を築き上げたことで注目されます。4位と9位は、むしろ、音楽のほうに身を任せて、最高の再現にこだわった演奏の、著しい成功例であるといえるでしょう。広上と紀尾井シンフォニエッタ東京の演奏は、このグループの演奏史を辿るとき、必ずや語り草となるはずの1ページを刻んだに違いありません。ソル・ガベッタは、既に世界中で引っ張りだこのチェリストですが、技術力の高さとともに、底なしにゆたかな表現力をまざまざと見せ付けてくれたのが記憶に残ります。

6月に書いた上半期のランキングとあわせ、新たにトップ5を並べてみます。やはり、1−3は、下半期の公演の印象が優位となります。

1位 ヴィンシャーマン/水戸室内管 ゴールトベルク変奏曲
2位 V.ブロンズ(pf) 平均律クラヴィーア曲集第1巻
3位 井上道義/NJP ショスタコーヴィチ8番
4位 ガンバ/東響 ショスタコ12番
5位 エヴェリン・グレニー 打楽器リサイタル

なお、順位には、「熱狂の日」の公演は抜いてあります。


フレッシュマン賞 ソル・ガベッタ(vc)

ベストアマチュア賞 Orch.ダスビ・ダーニャ タコ15

ベスト・ソリスト F.P.ツィンマーマン(vn) ベルク

最悪の出来事 ギルバート/N響 ベートーベン「英雄」
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ