2007/8/26

タケミツ・メモリアル・コンサート サイトウキネン・フェス 8/24  演奏会

松本市でおこなわれているサイトウキネン・フェスティヴァルのうち、タケミツ・メモリアル・コンサートに足を運んだ。こうした夏の地方音楽祭はこれが初めて。昼間は観光で、夜は、このコンサートという時間の使い方になったが、楽しかった。もちろん、コンサートのほうがとびきりによかったのが、決め手になった。

今回、わざわざ松本まで出かけたには訳がある。もちろん、武満さんの楽曲がメインだということもあるが、先日のエントリーでも書いたとおり、作曲家・中堅の江村哲二さんが亡くなられ、その曲目が含まれていた点は大きい。もうひとつは、私の注目するメッツォ歌手、波多野睦美さんがタケミツを歌うという、とても珍しいチャンスが生まれたせいである。

松本のザ・ハーモニーホールが会場だが、600席くらいの中規模ホールで、外見がいちばん美しいかも(!?)。天が高く、響きなどは悪くないのだが、客席はすごく狭い。松本駅ではなく、大糸線の島内駅といって、電車ならば4分くらいの距離なのだが、その電車は本数が少ない・・・とは知らなかったので、タクシーで駆けつける羽目になった。

まず、板倉康明さんがステージ上に出てきて、江村さんの逝去について案内をする。プログラムは、声→奇妙な誘惑→涙の谷にあなたを慕う→スタンザT→アナザー・プレイス→エア、という感じで、題名だけ並べても泣けてくるような内容だ。つまり、死神の声がかかり、その誘惑に勝てずに(亡くなり)、その恋人は涙の谷で故人を慕う。スタンザは詩の区切り、もしくは、場所という意味になる。人生の区切り=死、場所=墓場ということか。いちど天(アナザー・プライス)に昇るが、そこ(墓)に私はいません、眠ってなんていません・・・という展開だ。最後が「エア」だから、これは「せんのか〜ぜ〜に〜」という世界にちがいない。アンコールは、武満さんの葬儀で、黛さんが歌ったという「MI・YO・TA」だった。

江村さんの曲は、正直、あまり行き届いた演奏ではなくて残念だった。しかし、それは問題ではないのかもしれない。板倉さんのいうように、肉体はなくなっても、彼の残した魂は伝えていかなければならないのだから。それに、この日のプログラムは、正しく、彼のために用意されたようなものだったのだから、以って瞑すべしというものだろう。

HPのこのコンサートの紹介では、フルートと2つの手のイメージが象徴的に載せられている。ここからもわかるように、このコンサートの隠れた主役はフルートで、人声を含むウインドの味わいに焦点が当てられていることは明らかだろう。すべての曲目は、立花千春さんの独奏による、タケミツの「声(ヴォイス)」と「エア」でサンドウィッチされる格好になる。立花さんについて、私はあまり知らなかったが、なんと素敵なフルート奏者なのであろうか。彼女の吹いた2つの武満作品は、正しく声であり、エアであった。しかも、やや湿っぽい隠れテーマからすると、実に爽やかで、張りのある歌声でもある。彼女の演奏による2つの作品は、作曲者のイメージをハッキリと形にしたもので、これ以上のものは、なかなか望めないという出来だ。

波多野さんも素晴らしい。彼女は都留音楽祭の声楽講師に名を連ね、中心人物のひとりとなっている。21日が、そちらの音楽祭の最終日に当たる。この日から、1週間と隔たっていない。しかも今回、彼女が歌ったのは、自分が得意とする領域からはやや外れているのではないか。それにして、あのパフォーマンスなのだから、やはり只者ではないのだ。

権代敦彦の「涙の谷にあなたを慕う」は、2台ハープを従えてメッツォが歌う。ハッキリ言って、歌唱不能といっても過言ではないほど入り組んだ楽曲で、技巧的なものと、ドラマティックな要素が、網の目のように編みこまれていて、濃密な歌がぎっしり詰まって「天の川」のようになった楽曲だ。メッツォは、ほとんど歌いっぱなしで、休む間もないという感じ。波多野さんは、持ち前の美声とアジリタのキレだけでは勝負できず、ときどき声を張り上げたり、ドラマティックにわっと声を塗りこめるようなことまで求められる。すべてを歌いきるなんて無理なことだが、丁寧に声のフォルムを守りながらも、「涙の谷にあなたを慕う」幻想的な雰囲気を、聴衆にはっきりとイメージさせたのは驚くべきこと。篠崎母子のハープが息のあったパフォーマンスで、波多野さんの声を丁寧に彩っていく。

後半はじめの、武満さんの「スタンザT」も難しい曲であろう。演奏者は5人だけだが、なぜか指揮がつくのだ。指揮は、最初に挨拶をした板倉さんだが、弾いてみると納得だった。なにしろ、演奏する5人は、まったく別々の動きで、それぞれのパトスを形作っていくのだ。それが絶妙のバランスで組み合わさったとき、はじめて、ひとつの楽曲として輝く。板倉さんの双肩に、その重みがのしかかってくるのだが、pf&cemb=江口玲、g=鈴木大介、perc=竹島悟史、hrp=篠崎和子、Ms=波多野睦美という個性的なメンバーを、あそこまで見事にまとめ上げたのだから驚きだ。最後にメッツォが入るのだが、そこまでに、4つのパトスがいかにはっきりと自立し、他と向きあうことができているかで、演奏のクオリティが決まる。この日は、波多野さんが入るまでに、4つのパトスは完全に自立し、家族のように溶けあっていた。だから、人声が最後に全体をつなぐ響きとして挿入されたときに、我々は、あまりの美しさにたじろいでしまった。決め手となったのは、最後の波多野の声の、極めつけの美しさだった!

藤倉大の「アナザー・ワールド」は、弦楽四重奏による。彼らしい現代の職人的な仕事で、よくできた作品だといえるが、後半、やや停滞する感じも。江村さんならば、どう言っただろうか。演奏としては、リードとなる第1ヴァイオリンの伊藤亮太郎の演奏が、技巧的にはとても優れているのだが、ややプレゼンスに欠けるところがあって、いまいち楽曲のもつ本来の魅力が、引き出されきらなかった印象も・・・。

演奏会は前述のとおり、立花さんの「エア」で最高潮に達し、そのまま幕を閉じるかに思われたが、最後に、素晴らしいプレゼントがあった。それは、鈴木さんのギター伴奏、波多野さんの独唱による、武満「MI・YO・TA」の演奏だった。波多野さんは、丁寧な日本語を乗せながら、この曲を大事に歌い上げて大喝采を受けた。この曲は、武満さんの正式な作品ではないが、氏の葬儀にあたり、かつて氏の創作をサポートしていた黛敏郎さんが、そのメロディーを憶えていたのに谷川俊太郎さんが詩をつけて、黛自身がうたって故人への供物としたのである。当然、これを歌ったということは、武満さんとともに、江村さんへの餞であったことは論を待たないだろう。

素晴らしい演奏会だった。演奏がよかったのは大事なことだが、それ以前に、こころが温かくなるコンサートだった。頑張って、松本まで足を運んだ甲斐はあった!

【プログラム】 2007年8月24日

1、武満徹 声(ヴォイス)
2、江村哲二 奇妙な誘惑
3、権代敦彦 涙の谷にあなたを慕う
4、武満徹 スタンザT
5、藤倉大 アナザー・ワールド
6、武満徹 エア

 於:ザ・ハーモニーホール(松本)


《この記事は、追って手を入れます》
0



2007/9/15  1:55

投稿者:アリス

一覧で文字化けしていますね。問題ないと思います。

コメント、ありがとうございました。立花さんは、本当に素晴らしい笛吹きさんでした。私はエマニュエル・パユのファンでもありますが、武満の曲を聴くかぎり、彼と比べても遜色ないです。

マキさんのページも拝見しましたが、いろいろなオルガンの写真が素敵ですね。小さなホールのオルガンでも、予想以上に熱心な意匠が凝らしてあって、感心しました。

2007/9/9  23:53

投稿者:マキ

初めまして。
立花さんのエアを聞かれたのですね。うらやましいです!
波多野さんの演奏もいつも素晴しく、本当に大好きです♪

TBをさせていただきましたが、何故か文字化けしてしまいました・・ごめんなさい。m(_ _;)m

http://mt-organiste.music.coocan.jp/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ