2007/7/29

アルミンク 新日本フィル ベートーベン『交響曲第4番』 トリフォニー・シリーズ (#418) 7/28  演奏会

アルミンク体制、新しい3年のうちの最初の1年を締め括る演奏会となった、第418回のトリフォニー・シリーズを視聴した。折しも、この日は楽団が本拠とする墨田区では、1年のうちでもっとも注目されるイベントとなる(今年は75万人の客を集めた)、花火大会の日でもあった。アルミンクのプレトークでも、そのことについて言及があったが、一方、新日本フィルにとっても特別な日なのだという。それは、これから3年間にわたって1作ずつ委嘱新曲を生み出していくプロジェクトの、最初の作品が舞台に上る日だったからである。

今回はギリシア出身の女性作曲家、アタナシア・ジャノウに白羽の矢が立てられた。ジャノウは1971年生まれ、我々には知られていないが、F.ドナトーニの下で学び、B.ファーニフーやC=H.シュトックハウゼン、細川俊夫のマスタークラスを受講した経験をもつ。既に有名なダルムシュタットの現代音楽講習会で作品が演奏されるなど、新進作曲家を代表する存在ともいえる。

とはいえ、今回の作品「聴け、神秘なる季節へと誘惑する風を」は、あまりにも保守的な作品だった。プレトークによれば、この日のプログラムとして組まれたエルガーやベートーベンの作品を参照し、特にベートーベン(4番)の構成を利用したというが、全曲聴いてみたときに、その意図はわからないでもなかった。例えば、印象的なクラリネットやイングリッシュホルンの響きが死の臭いと突き合わされ、それを楽曲全体の醸し出すエネルギーがひっくり返していくという図式は、アルミンクの演奏による4番にも感じられたことで、なかなかに興味ぶかいジャノウの批評眼だ。もしもベートーベンやエルガーの同時代人が書いたとすれば、それでいいのだが、21世紀初頭の作品としては借り物の音楽にすぎないのではないか。

ジャノウは、ブラームスの音楽を特に敬愛しているという。この日の作品も、ブラームスそのものではないが、R.シュトラウスやマーラー、そして、ワーグナーといったドイツ音楽の伝統に沿うものであり、最後には、構成感を借りたベートーベンのシンプルささえも感じられた。だが、いまさらこんな作品を書いて何になるという空虚さは拭えず、いかにも退屈なひとときだった。よっぽど、ほかのブログなどをみると、私のように、こんな詰まらんものを書きやがって・・・という意見も半ばだが、魅力的だったという意見も少なくないようだ。それには、クラリネットの重松さん、イングリッシュホルンの森さんらをはじめとする、演奏の素晴らしさも手伝っていたと思う。もしもそれがなくて、作曲者が女性でなかったならば、私の口からはブーイングの声が吐き出されていたかもしれない。

エルガーは、前のエントリーで書いたとおり。アルミンクはジェントルなツケで、ソリストを優しく支えたが、押し出すべきところでの思いきった舵取りも見事だった。

ベートーベンは、アルミンクらしいシャープな演奏だ。彼はなんだかんだといっても、ベートーベンの曲目を重視しており、最初のオペラも「レオノーレ」、最初の3年のシーズンの締め括りは第九、来年のシーズン・ラストも2番を指揮する。今回は、「誘惑」をテーマとしたシーズンの最後となるが、エルガー同様、楽曲の謂れなどを考えずとも、まず響きで「誘惑」するという原点に返ったプログラミング。しかし、この曲目のなかにも、いわゆる「不滅の恋人」への恋文へ繋がる愛の誘惑。「ハイリゲンシュタットの遺書」に繋がるような負の誘惑、がそれぞれ見られることも踏まえた、スピリチュアルな側面も垣間見せた。

この曲目は、ここ1年ちょっとの間に、宮本/都響、H.シフ/KSTで聴くことができ、これで3回目。一本一本の燃焼度が高く、もっとも感動的な演奏は都響だったが、シフもTB記事に書いたような興味ぶかい発見をさせてくれた。今回のアルミンクの演奏は、もっとも現代的な演奏であり、やはり指揮者として一日の長がある、細かい部分での音づくりに大きな感銘を覚えさせる指揮ぶりだった。

第1楽章の序奏部分と、第2楽章で、楽曲全体の印象が決まったという感じがする。そのなかで、クラリネットの果たした役割は大きい。cl、ob、flのシーケンスが繰り返し登場するが、重松、古部、白尾とくるアンサンブルに、何度もこころを奪われた。活躍する楽器としては終楽章のファゴットの細かい動きが有名であるが、その部分はさほど強調されていたとも思えない(もちろん、河村さんが立派な演奏をした)。全体として、速めのテンポは「第九」の録音とも共通しており、それにつけるオーケストラの機敏な動きは素晴らしい。今回はティンパニーの近藤さんが司令塔になっており、その繊細な音色の変化はいつも以上に耳を惹いた。

弦の響きはゴージャスだが、弱奏部では長身のアルミンクが小さくなって、一気に響きを刈り込んでしまう。この楽団は鳴らすことが得意で、そういった繊細さはあまり重視してこなかったが、ここに来て、こういうデリカシーのある表現力がキレを増していることを喜びたい。これには、ガベッタのところでも言ったように、「ローエングリン」のような作品を、オーケストラが舞台上にいる状態でやってきた経験も、確実に生きているようだ。

なお、この演奏は、ジャノウの新曲を抜いて、30日のフェスタ・サマーミューザでも再演されるので、推薦しておきたい。

というわけで、ここ一年の進境をベートーベンの演奏でしっかりと印象づけた、アルミンクとNJPのメンバーたちである。来シーズンは、ウィーンっ子、アルミンクによる楽しみな「こうもり」で幕を開ける! さて、大成功の演奏会後、ジャノウを囲んで打ち上げに興じたか、それとも、団員打ち揃って隅田川まで繰り出し、打ち上げ花火の場に参集したのかは、私の知るところではない。

【プログラム】2007年7月28日

1、ジャノウ 聴け、神秘なる季節へと誘惑する風を
2、エルガー チェロ協奏曲
 (vc:ソル・ガベッタ)
3、ベートーベン 交響曲第4番

 コンサートマスター 豊嶋 泰嗣

 於:すみだトリフォニーホール
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ