2007/6/30

チャイコフスキー・コンクール 神尾真由子が優勝  ニュース

早々に結果をTBしてくださった方がいますが、チャイコフスキー国際コンクールのヴァイオリン部門で、神尾真由子さんが優勝しました。私には、ほとんど当たり前の結果に思えますが、神尾としてはキャリア・ベストとなる成果であり、今後のいっそうの活躍に期待が集まります。

このコンクールのヴァイオリン部門では、第3回で上位入賞した潮田益子、佐藤陽子にはじまり、日本人の健闘が目立っています。第4回=藤川真弓(2位)、第6回=清水高師(5位)、第7回=加藤知子(2位)、第9回=諏訪内晶子(優勝)、第10回=横山奈加子(5位)、第12回=川久保賜紀(2位/最高位)。前回の川久保につづき、2回連続での日本人の最高位という結果になりました。

2位以下は、折角ですから、こちらをご覧ください・・・
 http://classic-music-clips.seesaa.net/article/46251489.html

3位の有紀・マヌエラ・ヤーンケも、日本ではお馴染みですね。エリック・シューマンもエントリーしていたはずですが、彼がファイナルにいないのは、すこしだけ残念です。

ピアノ部門は、優勝者が出ませんでした。最高位の第2位は、ミロスラフ・クルティシェフという人で、ちょっと馴染みがありません。つづく第3位がアレクサンダー・ルビャンチェフという人で、第4位で、ようやくイム・ドンヒョクという知った名前が出てきます。コロベイニコフは、2次あたりで篩にかけられたようで、残念でした。彼も、ヴァイオリンのシューマンも、コンクールの結果に関わらず、いっそうの活躍を続けてくれることでしょう。

亡くなったロストロポーヴィチが審査に加わるはずだったチェロ部門は、セルゲイ・アントーノフの優勝。アレクサンダー・ブズロフの2位でした。

弦楽器製作部門では、既に菊田浩と、高橋明の日本人によるワン・ツー独占が伝えられていますが、このコンクールにおける、本邦の力強いプレゼンスを示す結果となりました。メイン・スポンサーは、トヨタ自動車ですしね。

なお今回、いよいよチャイコフスキー・コンクールも、インターネットによるライヴ配信をおこなったのですが、日本の各コンクールの配信と比べると重いし、使い勝手が悪くて、甚だ遅れが目立ちました。同じくライヴ配信をおこなった、5月のエリーザベト王妃コンと比べても、差があったと聞きます。相手がロシアですから、まあ止むないところではありますが、情報発信においても、わが国のコンクールが高いレヴェルにあることは証明されたと思います。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ