2007/6/25

仙台国際音楽コンクール ピアノ部門 ファイナル @  クラシック・トピックス

仙台国際音楽コンクールも、ピアノ部門のファイナルが終わり、両部門の優勝者が決定した。前後数ヶ月に、ロン・ティボーやチャイコフスキーといった伝統あるコンクールと競合した中でも、このコンクールを多くの優秀なコンテスタントたちが選んでくれたことを、まずは喜びたい。

ファイナルは、ルー・イチュ(台湾)からの演奏。曲目はショパンの1番。彼らしくもなく、いくつか小さくないミスがあったものの、非常に精度の高い緻密な演奏であるという特長は変わらない。パックのパスカル・ヴェロ指揮仙台フィルが、かなり情熱的に演奏するなかで、小憎いばかりの落ち着きようである。きわめて淡白な打鍵ながら、その内部に誇張のない感情の深みを、奥ゆかしくアピールしてくる緩徐楽章は秀逸だった。

問題点は、やはりバックの燃焼度と差がありすぎる点と、ショパンの左手を軽視している感がある点だ。これまでの演奏から、左が効くことはわかっているので、これは解釈として控えめにしているのであろう。そのため、右手のラインが清潔に聴こえる反面、左手が押し出されなければならない局面では、やや唐突な印象を受ける。ただし、そうであっても、左手は見えない力で右手の動きを制しているため、ルバートなどにより恣意的にフォルムが壊れてしまうことはない。

全体の印象は悪くないのだが、この課題曲によって示された壁を突破できていたかというと、そうした印象は希薄に思えた。よく言えば、いつもの彼である。

ベートーベンの4番、慎重な打鍵で冒頭の主題提示をおこなった、リー・カリーン・コリーン(中)。これが、ファイナルでの(彼女の)演奏の、すべてを象徴するものだった。

この人はどのラウンドでも肩の力の抜けたパフォーマンスで、あるときは大胆に、あるときはそっと、気さくに語りかけてくれた。この日の彼女は、力強い自己主張を内に秘めながら、繊細にフォルムを穿つような演奏をした。もちろん、彼女のことだから、硬くなっているわけではない。それは、カデンツァのしなやかで、奔放な動きからも明らかである。

コミュニケーション能力は、今回のコンテスタントのなかでは抜群だ。第1楽章では、やはり熱演気味ではじまった仙台フィルが、彼女との対話のなかで、随分と淑やかなフォルムに近づいてきてくれたことに、誰もが気づいたはずだ。それが絶妙のバランスで溶けあった緩徐楽章が、聴きものだった。「月光」を思わせる、暗鬱な内面の滲み出る演奏で、このとき、あの豪壮なベートーベンに何があったのだろうという、感情の鋭くも、控えめな発露が印象的である。終楽章も、よく煮詰められた細かい演奏ながら、神経質にならない演奏で、特にソット・ヴォーチェの艶やかさが気を惹いた。

彼女は、この課題曲で試されたポイントで、これまでのラウンドまでに蓄えてきたものに、さらなる上積みができたものと考える。少しも力むことなく弾ききって、こんな柔肌のベートーベンもありなのかという疑問もあるにはあるが、説得力は十分だ。ファイナルは、コンクール・レヴェルを超えた素晴らしい演奏ができたといえる。

19歳でこれ(ブラームス1番)を弾いて、もしも優勝したならば、先行きが恐ろしい、オクサナ・シェフチェンコ(露)。弾きだしの艶やかな打鍵には、度肝を抜かれた。その後も、表情ゆたかな打鍵のコントロールで、聴き手を惹き込んでいく。だが、これだけではブラームスを塗りこめるわけにはいかない。どこかでギアを切り替えるときが来るはずだ。

もちろん、それは展開部の入口である。だが、それを過ぎても巧みなアクセル・ワークをつづけ、終結への最強奏部を連想させる力のこもった打鍵と、それまでの柔らかい打鍵を丁寧に組み合わせているし、その継ぎ目にも無理がない。難点は、第1楽章でスイートな表現力を使いすぎてしまったために、緩徐楽章での表情変化に乏しいことであろうか。この点、若干、リーのほうにパレットの豊かさがあったようにも思える。といっても、ニ長調とニ短調の対比であるから、あまり角度をつけすぎないで我慢したのも、立派といえば立派なのであろうか。最後の小カデンツァは、バレエ・ダンサーの足もとみるような打鍵も面白く、雰囲気いっぱいだ。

でも、なぜだろうか、曲が進むごとに音楽性がナーバスになっていくような気もした。例えば、第3楽章の最初のロンド主題は、少しばかり神経質にも聴こえる。非常に頑強なバックのフォルムに対して、シェフチェンコのピアノは終楽章では、やや焦点が定まっていない印象だ。彼女にとっては、セミでも感じたことだが、後半の集中力が今後の課題になるのではないか。とはいえ、10代にして、このスケールのブラームスとは驚くべきだろう。彼女も、ファイナルで若干の上積みに成功した。

有名なチャイコフスキー1番の冒頭を、またしても独特のテンポ感覚ではじめた、イリヤ・オフチニコフ(露)。指揮者がうまくアジャストしてくれた。この前の「熱狂の日」で同曲を弾いたベレゾフスキーのように、多少無理なアプローチでも上手にフォルムを築き上げてしまうような人が多いなかで、彼のような音楽性は、決して有利とはいえないだろうが、その頑固さには惹かれるものがある。ただし、全体的な解釈としては、案外にオーソドックスであるということを付け加えておかねばならない。

緩徐楽章はファンタジックで、なんともチャーミングな動きの素軽さが特色だが、ぐっとテンポを落とす場面での表現力は高い。終楽章は、意外と揺るぎない演奏である。実に丁寧に主要な音型を浮かび上がらせ、彼らしい(目一杯に良い意味で)注意ぶかい演奏を楽しませてくれた。最後、低音弦とともに、どーんと深い打鍵を刻んだのが印象的だ。

本当に一生懸命に弾く人なので、彼のようなスタイルは、日本の聴衆には愛されやすいタイプだろうし、私も、彼の演奏をみているとつい声援を投げたくなる。彼が優勝したら、「個性派誕生!」なんていうキャッチが踊るんだろうけど・・・。ファイナルは、母国の音楽だったというアドヴァンテージもあるが、独特の愛着に基づく気持ちの乗った演奏が展開できて、これまでの演奏に大きく上積みできた印象である。あとは、急速なパッセージで、いますこし余裕をもって演奏できると、大事なところでの表現力が、もう一段、増していくことだろう。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ