2007/4/28

木嶋真優のこと 巨匠、ロストロポーヴィチの逝去に寄せて  クラシック・トピックス

クラシック音楽にとって、その秘儀をいかにして、正しく伝承していくかは、永遠の課題である。多くの作曲家から作品を献呈され、名チェリストとして、その伝播にも功績のあった歴史の証人が、また一人、世を去った。ムスティスラフ・ロストロポーヴィチ。わが国でも特に尊敬される音楽家のひとりで、圧倒的な実力をもったチェリストとして、また近年は、指揮者としても人気があった。

この巨匠が、晩年にひとりの日本人ヴァイオリニストを可愛がっていたことは、どれぐらい知られているのだろうか。木嶋真優。江藤俊哉、ドロシー・ディレイ、川崎雅夫などに師事し、現在はケルン音大に在籍して、ザハール・ブロンについている。未だ有名なコンクールでの実績はないものの、それに先立ってロストローヴィチが異常なほどの執心をみせ、世界中を連れまわした。もちろん日本でも、「フレンド・オブ・セイジ」のポストをもつ新日本フィルで、共演した。そのコンサートは聴けなかったが、演奏は素晴らしかったと評判である。

彼からみれば、孫のような年齢の木嶋のことを、何故、この巨匠が愛したのかは、私のような者の知るところではないが、彼女はともかく、ロストロポーヴィチ翁をして、「世界で最も優れた若手ヴァイオリニスト」とまで言わしめたという。

私は、新日本フィルにロストロポーヴィチと来演する1年ほど前、フィリアホールで、木嶋の演奏に接している。シューベルトのロンドに、フランクのソナタ。プロコフィエフのソナタに、チャイコフスキーのワルツ・スケルッツォという内容だった。私の印象としては、老翁のいうほどではないが、確かに、長くつきあってみたいヴァイオリニストだという感じは残ったものだ。10代ながら、どっしり落ち着いた演奏は風格があった。まだまだ粗削りな部分も残っていたが、後半のロシアものなどは、途中で弦が切れるアクシデントも乗り越え、楽曲のもつポテンシャルを十全に発揮した、立派な演奏だった。

だが、木嶋真優という名前を、私につよく印象づけたのは、そのフォーム(構え)の美しさゆえであったかもしれない。私は楽器をやらないので、基本がどのように教えられているかわからないが、多くのヴァイオリニストは、真っすぐ自然に立って、左右にやや足を開き、なるべく力を抜きながら楽器を持ち上げて構え、弓を引く。

ところが、木嶋はそうではなく、前後に開いたスタンスをつくり、やや腰を落として楽器を構える。重心は、概ね全体の中心に置かれる。顔を少しだけ突き出し、客席側に挑みかかるような感じである。そのときの姿が、まるで名匠に削り込まれた彫像のように美しかった。彼女のHPに幼少の時の演奏風景があるが、これがそのときの姿を思い起こさせるが、基本的には変わっておらず、より磨きがかっかった程度だろう。

2年前の出来事だから記憶に自信はないが、私の記憶のなかの彼女は、そうして楽器を構えた。ディテールはちがっているかもしれないが、少なくとも直立で左右に少し足を開くだけのフォームでなかったことは、確かだった。

はじめは「なんだ?」と思ったが、なるほど、このフォームならば、何時間でも無理なく立っていられる。直立のフォームは、一見して、無駄なく合理的だが、実際、からだと弓のアクションを支えるには、必ずしも理想的とはいえないのかもしれない。

あるいは、ロストロポーヴィチも、その点を高く評価していたのではないだろうか。彼女の構えは、期せずして、我々が忘れかけていた何かを思い出させる。彼女自身が意識しているかどうかは別にして、木嶋のフォームの美しさは、色々な哲学を喚起してくれる。例えば、身の丈にあった表現をすることの大切さや、演奏する楽曲を自分のものにしようとするときの、精確なスタンスの重要さについて。

からだは華奢だが、木嶋の演奏は驚くほど力強い。ディレイ−ブロンの門下なら、それは珍しくもないが、彼女ほど、体重の乗った演奏をする人はとなると、ほかにグルーズマンのことが思い起こされるぐらいだ。それは多分、このフォームのおかげも、かなり手伝っていることと思う。しかも、木嶋はグルーズマンよりも、はるかに繊細な表現のセンスの持ち主だ。

ロストロポーヴィチより技術的に優れた人は、今日、さほど珍しいともいえないかもしれない。例えば、ブルネロのような派手さは、ロストロポーヴィチにはなかったと思う。だが、この上もなく端正なフォルムということにかけては、余人の追随を許さないものがあった。私はその点で、アシュケナージを思い出す。彼もまた木嶋を気に入ったのか、N響の音楽監督に就任した当初のラヴェルの録音で、名曲の「ツィガーヌ」の独奏に、彼女を起用していた。

アシュケナージといえば、誰もが認める精確なピアニズムで知られる。その彼に認められるということは、構えの美しさが、楽曲のフォルムの美しさにも一脈通じている・・・ということを示すのであろうか。

ロストロポーヴィチの遺言として、木嶋の演奏を思い出すと、どこか、こころ動かされるものがある。その想いに応えられる奏者として、大きく育ってほしい。そして、新しい歴史の証言者となることを期待したい。

将星大地に落つ。ロストローポヴィチの死を悼み、その冥福を祈りたい。
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ