2007/2/26

新国 さまよえるオランダ人 2/25  演奏会

新国立劇場のワーグナー「さまよえるオランダ人」、初日の公演を観た。劇場としては、手応えのある歌手を集めての自信のプロダクションであるようだ。ただし、演出には、若手のマティアス・フォン・シュテークマンを抜擢した。管弦楽の東響を率いるのは、手堅いミヒャエル・ボーダーである。まだ初日ではあるが、どんどん内容を書いていくので、これからご覧になる方が読まれることがあれば、そのつもりでどうぞ。

全体の印象としては、よくまとまったものであったと思う。これで素直に感動したといえないのは、なぜなのか。歌手陣は、ここのところ素晴らしいレヴェルを維持しているコーラスを含めて、特筆できる出来であったと考える。話題のウーシタロは、思いの外、繊細な歌声であった。声量よりも、フォルムの堅固さが印象的だ。彼の演じるオランダ人は、かなりナイーヴな感じであるが、ダーラントたちに初めて出会ったときや、ゼンタと初めて顔をあわせたとき、はっきりオーラを感じさせる高貴さも持ち合わせている。

第1幕、彼を中心に、男ばかりのアンサンブルが繰り広げられるが、ウーシタロと、ダーラントを演じる松位浩の2人で、じっくり織り上げていくドラマは、なかなかに緊張感があった。この松位は海外を拠点としており、あまり知られていない歌手であるかもしれないが、外国人に引けをとらない立派なバス歌手であった。また、舵手役の高橋淳も、気張っていた。この華のない舞台で、一際、目を惹いたのがオランダ人の衣裳であった。鬱屈とした深い黒と、エレガントな光沢を保った白のコントラストが美しく、ゴージャス感のある衣裳がウーシタロの張りのある体を、華やかに彩っていた。あとで現れるゼンタの衣裳も、胸もとのナチュラルなラインから、下半身に向けてふっくらと広がっていくワンピースがチャーミングだが、ひびのこづえのデザインは、はんなりして落ち着きがあるのに、それをまとう人物を優しく、華やかに飾ってくれる。

第2幕以降は、ゼンタに焦点が絞られているようだ。今回は、オランダ人が救済される演出が選ばれているが、その括弧つきの「救済」は、もちろん、ゼンタによるものである。シュテークマンは最後の幕で、舞台奥にオランダ船を立体的に競りあがらせ、舞台手前からタラップを渡しておき、乗り込めるようにした。オランダ船についた階段であがっていくと、てっぺんに舵が付けられている。フィナーレでは、オランダ人ではなく、ゼンタがここにあがって船を沈めるのだから驚きだ。

最近の演出では、精神病院に入れられたり、散々な解釈をされてしまうゼンタであるが、そうした「痛さ」は控えめで、なにか崇高な使命にとりつかれて、真っすぐに進んでいく少女という感じ。この役を演じたアニヤ・カンペの声の張りは、ときにウーシタロをも制するほどだ。指先までピンと伸びた指が、いやにチャーミングであった。エリックの言葉にいらっとして、糸紡ぎ車をまわしてみたり、芸も細かい。第2幕の冒頭で、くるくる回って、衣裳のチャーミングさをアピールするが、この衣裳がゼンタの印象を健康的なものにする。

エリックのエンドリック・ヴォットリヒもさすがだ。今回の上演は、声が立派なわりには、ウーシタロ、ヴォットリッヒともにナイーヴであるのが、ポイントであるかもしれない。ヴォットリヒはより直線的な歌で、キレのいい歌唱をする。今回のキャストでは、もっともつよい好感をもった歌手である。彼が魅力的であればあるほど、ゼンタの行為(救済)に奥行きが出てくるのだ。

オランダ人は最初の幕の独白でもわかるように、深い不信のなかで、神さえも信じられないところまで来ているのだ。エリックもまた、不信に陥る。ゼンタは、ここでオランダ人だけを救済したのではない。彼女の死は、同時にエリックの不信を刺し貫くのである。なぜならば、その犠牲の大きさにより、自らの不信がいかにつまらぬものであったかを、この男は気づくことになるからである。だが、その救済は副次的なものである。

結局、このおぞましい出来事のために、舞台上に残されたのはオランダ人だけだ。幽霊船も、何もかもが取り除かれ、舞台は空っぽになった。今回の演出で、オランダ人は岸に残っていた。かくして、彼は幽霊船のなかで静かに消えていくのではなく、ゼンタの犠牲を地に足の着いたところで、受けとることになる。彼は、女の誠実な愛情と、安らかな死とともに、寄る辺となる故郷を求めていた。だから、シュテークマンはこうしたのだろう。故郷がなければ、本当の救済とはいえない。そして、こころから彼女のことを欲しいと願ったエリックも、娘にこの上もない愛情を注いだダーラントも、その犠牲をまともに受け止めることはできない。オランダ人の苦しみだけが、その救済に値する本質的なものを持っている。

コーラスは、第3幕の歌合戦のところと、第2幕の糸紡ぎのところで、普通とはいえない素敵な歌唱を聴かせてくれた。とりわけ、歌合戦は舞台上の歌い手たちの充実感がよくわかる愉悦的なものであり、フォルムが崩れる寸前になって、ややクスリとさせられたものの、こうしたパフォーマンスはなかなか見られるものではない。なお、オランダ船側の歌にはPAを使用した。

さて多分、私が「感動的だ」といえないのは、オーケストラのせいであると思う。東響はピットに入れるメンバーとしては、かなり豪華な顔ぶれを集めて、この公演にかける意気込みを感じさせたものの、久しぶりのオペラ舞台で、いまひとつ乗り切れていない感がある。特に、ホルンはハミル、甲田の両主席に、バンダにも竹村首席を使っているにも関わらず、いつもの演奏会では考えづらい出来におわっている。回を重ねるごとに良化していくとは思うが、初日の出来は6割というべきだろう。なお、マグデブルク歌劇場の山下洋一が、コンマスに迎えられていた。
0



2007/3/3  14:19

投稿者:アリス

一静庵さん、ありがとうございます。

私は、あの演出で救済されたと思えましたし、救済のないエンディングの場合は、音楽がぶつっと切れるので、今回のは、救済ありということが、音楽的にはハッキリわかっています。

しかし、シュテークマンもまた、完全に幸福な救済とはみていないとは思いますね。ゼンタとオランダ人は、接吻ひとつ交わしていないわけですし、逢瀬はあの世でのお楽しみです。

また、誰かの犠牲による救済というのも、決して後味のよいものではありません。だから、その寂しさというものを踏まえて、オランダ人とゼンタのその後を、観客に想像させるエンディングであるといえるかもしれません。

とはいえ、これは自分の考えであって、劇の見方は様々であるはずだと思います。

2007/3/2  1:39

投稿者:一静庵

3月1日に見ました。
アリスさんのブログを事前に読んでいたにもかかわらず、最後、オランダ人がこちら側で倒れるので、救済されなかったのかと、思ってしまいました。「地に足が着いた」わけなのですね。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ