道化は踊る

万年筆に、インクに、紙に...。
文房具好きで書籍フェチのミーハーぱいたんは、今日も浮かれて踊ってます。\(^^)/
ありがとう、98万アクセス! 現在、毎日更新中。気がつけば10年目! 相変わらずはりきって踊ってます♪

 

今日も書けてるかしら?

2019年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

本日の記事はいかがでした?

たのしんでいただけましたら、
こちらをクリックしてくださいませ!


ご訪問ありがとうございます

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

暴走と道草の記憶 (^^;

あなたの声を聞かせてね!

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ぱいたん
クレクション用に、部品取り用...。
うーん、コレクターの鑑!!!

私は、ついつい使っちゃいます。
使わずに眺めているだけになると思ったら、買いません。
『神曲』は観賞用だけど、これぞ!というインクが見つかったら使うつもり(笑)
ダンテ・インクじゃあんまりなので...。
投稿者:ぱいたん
二右衛門半さん、こんばんは。

ローテーションはいろいろ。
メインの万年筆たちは毎日のように使いますが、年一回しか使わない
万年筆たちもあります。
おもに年賀状のとき(^^)

インクで遊んでいるのも多いけど「この人のためだけに使う!」という
万年筆がたくさんあるのです♪
投稿者:二右衛門半
こんばんは、ぱいたんさん、kuni.o.wildさん

要は実用品は実用品で持ってますが、コレクション用はコレクション用で使わずに置いてあるということです。
見放しているのは・・・将来もしかしたら部品取りに使えるかもしれないと今のところ考えていますが、どうなるやら。
投稿者:二右衛門半
ぱいたんさん、kuni.o.wildさん、こんにちは

残念ながら使っているのは極くわずかです・・・。
現時点ではそもそも手を使って書くことすら稀で、酒井ペンは眠らせています。
しかし、また復活するときもあるでしょうね。

ぱいたんさんのほうが手持ちの数が多いのでは?
ローテーションはどうなさっておられます?
投稿者:ぱいたん
いえいえ、お気遣いなく。

私、横からたのしんでますもの♪
ブログ開始の決心がついたら、お知らせくださいね。
リンクさせていただいちゃいます(^^)/

投稿者:kuni.o.wild
二右衛門半さん、こんばんは。

たくさんの万年筆をお持ちで、しかも使っているのが凄いです。
私なんか4本以上にインクを入れると落ち着かなくなってきてしまいます。
使ってあげないと詰まっちゃうどうしよう・・・
てな感じに。
今も、セピア系1本、ボルドー系1本、ブルー系2本とそれぞれのタイプのインクを入れた4本しか入れてないです。
2ヶ月入れっぱなしでも気にならないサファリとかペリカノJrは数に入れてませんが。

そんなにたくさんの本数をどのように使い回してらっしゃるんでしょうか?
すごく気になるので今度教えて下さいませ。

ぱいたんさん、こんばんは。
すみません、ぱいたんさんのブログを借りてやりとりしてしまって・・・。
自分のブログでも持てば良いのでしょうが。
踏ん切りがつきませんわ。
投稿者:ぱいたん
二右衛門半さん、こんばんは。

インク容量大ってのは、とても魅力ですね。
物理的問題なのでしかたがありませんが、私には大容量万年筆は使え
そうもありません。構えたとき「ここれを使い続けたら腱鞘炎になり
そう!」って思っちゃうんですもの(;;)
投稿者:二右衛門半
一時、一日中筆記状態の続く状況があったのですが、そのときは酒井ペンの六分軸を含め3本の万年筆を持ち運んでおりました。
すると、四日で三本ともインキがカラに。
インキ止め式の場合、太さはそのまま容量アップにつながります。
そのくらいインキが入らないと安心できなかったのです。
投稿者:ぱいたん
二右衛門半さん、こんばんは。

すっかり、ヴィンテーヂにはまっていらっしゃるようですね(^^)
もっとほしいっ!って気になるいちばんの理由は「使いやすさ」なのかしら(@@)
投稿者:ぱいたん
kuni.o.wildさん、こんばんは。

気分によっても、細軸を使いたいとき、ちょっと大きめが使いたいとき、
やっぱりミニペンよね♪ってとき、いろいろです(^^)
そういう気分によって、使い分けるのも「また、たのし!」です♪
1|234
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ