道化は踊る

万年筆に、インクに、紙に...。
文房具好きで書籍フェチのミーハーぱいたんは、今日も浮かれて踊ってます。\(^^)/
ありがとう、98万アクセス! 現在、毎日更新中。気がつけば10年目! 相変わらずはりきって踊ってます♪

 

今日も書けてるかしら?

2019年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

本日の記事はいかがでした?

たのしんでいただけましたら、
こちらをクリックしてくださいませ!


ご訪問ありがとうございます

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

暴走と道草の記憶 (^^;

あなたの声を聞かせてね!

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ぱいたん
>みんな、コンディションが悪かったのでクリーニングが大変でした。

大変! でも、世話を焼いている間、とってもしあわせな気分になっていたり
しません?
投稿者:ぱいたん
>古道具屋で10本ぐらいまとめて手に入れた...

それは、それは、掘り出し物ですね(^^)v

>自分の顔の皺はもっといやだ〜!!

激しく同意!!!(笑)
投稿者:二右衛門半
あ、「他の物とまとめて」というのが抜けていました、これだけで10本はないですよ。
みんな、コンディションが悪かったのでクリーニングが大変でした。
修理に出したのも数本、見放したのもあります。
投稿者:二右衛門半
>それは、かなりなつかしい〜万年筆では?

だと、思います。
古道具屋で10本ぐらいまとめて手に入れたのでよくわかりません、ぱいたんさんの方がむしろ詳しいぐらいでは?

仰るとおり売り出したころはきれいだったと思います、経年変化の怖ろしさですね、万年筆の縮み皺はいやだ〜。(自分の顔の皺はもっといやだ〜!!)
投稿者:ぱいたん
二右衛門半さん、こんばんは!

>砂糖カエデが描かれた白い革です

それは、かなりなつかしい〜万年筆では?
薔薇だか椿だかもありませんでしたか?
(記憶が混乱しているかもしれませんが)

縮みは、乾燥ゆえ?!
手脂が革にはいいけれど、白い革だと手垢が心配...(^^;
もしかしたら、売り出したばかりの頃は、超べっぴんさんだったかも。
年を取ると、皺も出るし、お肌の色艶も..._| ̄|○
投稿者:二右衛門半
こんばんは、ぱいたんさん

こちらの手持ちの革巻万年筆といえば薄汚れたパイロットが一本あるのみ、砂糖カエデが描かれた白い革です、首軸も色目を合わせてあります。
ただ・・・・革が汚れているだけでなく縮んでもいます、尻軸に醜い真鍮の胴軸がむき出し!!!
それに継ぎ目も盛り上がってます、できが悪すぎです!
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ