道化は踊る

万年筆に、インクに、紙に...。
文房具好きで書籍フェチのミーハーぱいたんは、今日も浮かれて踊ってます。\(^^)/
ありがとう、98万アクセス! 現在、毎日更新中。気がつけば10年目! 相変わらずはりきって踊ってます♪

 

今日も書けてるかしら?

2020年
← June →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

本日の記事はいかがでした?

たのしんでいただけましたら、
こちらをクリックしてくださいませ!


ご訪問ありがとうございます

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

暴走と道草の記憶 (^^;

あなたの声を聞かせてね!

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ぱいたん
ぷちこさん、こんばんは!

【バイトのような素人のおばちゃん】は、もしかしたら【この道ン十年のベテランおばちゃん】かもしれませんよ(^^)
神様たちのすごいところは、個々人の書き癖に短時間に的確に合わせてくださること!
わりと万人向けの調整だったら、おばちゃんでもある程度できるのではないでしょうか。

でも、確かに、その様子も入れてほしいですよね。
自分の万年筆を調整するときのヒントがたくさん隠れている気もしますし♪
投稿者:ぷちこ
こんにちは
前からこのVTRは知っていてよく見てました。
最後のペンポイント削りが怪しいと思います。
なぜバイトのような素人のおばちゃんがペン先を削っているのかわかりません。
その前に長原さんのような職人がちゃんとした太さに削っているとし考えられません。
ならその様子も写してほしいです。
投稿者:ぱいたん
M764さん、こんばんは!
たのしんでいただけたようで、なによりです(^^)/
舶来品の万年筆たちを使って、追試験やりたくなりますよね、うふふふ。

投稿者:M764
ぱいたんさん

こんばんは。JIS規格見ました。インク量の試験までしっかり規定されていますね。初めて見ただけになかなか面白かったです。情報ありがとうございました。
投稿者:ぱいたん
こんにちは、めだかさん(^^)/
おお、科学未来館!
大きめの画面は、とっても魅力的ですよね♪
それに科学未来館に行くと ASIMO に会えるし \(^^)/
(【入社】したのだから、まだいますよね?)
投稿者:めだか
あ、でもぱいたんさんが見つけてくれたから、わざわざ見に行く必要が無くなったな。有り難うございます。
投稿者:めだか
THE MAKINGの「万年筆ができるまで」はペンステーションの他、科学未来館にもライブラリーがあり、大きめの画面でゆっくり見られます。あそこのプラネタリウムを見てから、必ず見てしまう私は完全にオタクです。
投稿者:ぱいたん
M764さん、こんばんは(^^)/

JISってアカデミックだったんですか!
JIS名称だけでなく、内容検索もできます。
「万年筆」で検索するといろいろあっておもしろいですよ♪
投稿者:M764
ぱいたんさん

JIS規格ですか。アカデミックでいいですね。
万年筆関係は見たことが無いので、じっくり見させて頂きます。今後ともぱいたんさんの知的な情報発信楽しみにしてますよ。

投稿者:ぱいたん
画数が多いので細字天下だったからでしょうか。
それとも「フローが良過ぎるとインク代がかかりすぎるからもったいない」という経済的な理由から?
【フローのよい極太の万年筆を使う】なんて、とってもぜいたくなお話なのかもしれませんね(^^)
1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ