道化は踊る

万年筆に、インクに、紙に...。
文房具好きで書籍フェチのミーハーぱいたんは、今日も浮かれて踊ってます。\(^^)/
ありがとう、98万アクセス! 現在、毎日更新中。気がつけば10年目! 相変わらずはりきって踊ってます♪

 

今日も書けてるかしら?

2021年
← April →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

本日の記事はいかがでした?

たのしんでいただけましたら、
こちらをクリックしてくださいませ!


ご訪問ありがとうございます

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

暴走と道草の記憶 (^^;

あなたの声を聞かせてね!

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ぱいたん
モンテグラッパの‘ルクソール’と‘レッド・シー’みたいですね。‘ルクソール’の購入者に限り、‘レッド・シー’の申し込みが可能だったんですよね(^^)

茶縞、いいですよ(^^)/
私は、うす〜い茶色のを見つけてゲットしました。
濃い茶色だと、某生物を連想するからいやなんだもん(笑)
投稿者:CaskStrength
まともに考え出すと、1文具店が、ニブから特注?23金で?とか疑問もありますが…、
まあ、あまり突っ込んでも野暮ってものですね(^^;。

企画モノは、マーブルブラウンの軸の正規版を作って、その購入者から紫軸、23金ニブの「試作品」購入の”権利”を抽選で数名にとか。
開発費が相当かかりそうで無理かな?小説と相乗効果でどちらも売れたりしたら面白いのですけどね。

しかし茶軸というところが、趣味の文具箱5の特集とも妙にリンクしていているのも面白いですね。
あの特集にもろに影響を受けて、いま、ペリカンの茶縞モノが欲しくなってます。

いろいろと余韻が残ってます(^^;。
投稿者:ぱいたん
CaskStrengthさん、こんばんは!

まあ、喜怒哀楽を疑似体験することでカタルシスを得られますし、脳みそのストレッチになりますから、たまには思いっきり浸るのも悪くはかいかと思いますよ(^^;

確かに、あの万年筆、企画モノで出したらいけそうですね。紫色の軸はともかく、そんなに感動するニブはぜひ試してみたいものです(^^)
投稿者:CaskStrength
こんにちは、誤変換指摘ではなく、まっとうにコメントを
付けさせていただくのははじめてです(^^;。

はっきり言って先が読める話でしたが、こういうの結構好きです。
泣きこそしませんでしたが、いい歳したオトコが余韻に浸っている
ところは、端から見られたら死なねばならなかったことでしょう(笑)。

万年筆については、前半は大活躍でしたが、後半にももっと重要な
役割を果たして欲しかったような。
にやけ男が持つものが実在のペンで、相手役が買うのが架空のペン
ってのも面白いですね。架空の方、企画もので販売したらすごく
売れそうじゃないですか?
投稿者:ぱいたん
watarowさん、おはようございます(^^)/
万年筆は、ふむふむと頷いちゃうものがいろいろ登場します。
でも「万年筆の話」というわけではないので...。
泣いちゃったのは、この手のいかにも「ここで泣いてくれ、ほれ!ほれ!ほれ!」的なお話に弱いからです(^^;
DIMEの「やる気になる万年筆」は、へぇ〜って感じでした。
投稿者:watarow
わたしもちょっと気になって、書店でぺらぺらめくって拾い読
み。
でも、まだ読んだりしていません。万年筆で泣いたりするのは、
ちょっと、ごめんです。やる気になる万年筆のほうが、やっぱり
よさそうです。私も知ってる万年筆が出てきたりすると、読んで
みたくなってはいるのです。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ