道化は踊る

万年筆に、インクに、紙に...。
文房具好きで書籍フェチのミーハーぱいたんは、今日も浮かれて踊ってます。\(^^)/
ありがとう、98万アクセス! 現在、毎日更新中。気がつけば10年目! 相変わらずはりきって踊ってます♪

 

今日も書けてるかしら?

2019年
← August →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

本日の記事はいかがでした?

たのしんでいただけましたら、
こちらをクリックしてくださいませ!


ご訪問ありがとうございます

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

暴走と道草の記憶 (^^;

あなたの声を聞かせてね!

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ぱいたん
朗報をありがとうございます。
55歳まで‘小娘’なら、大丈夫そうです(^^)

ペンクリ・デビュー用にこのネタを大事にとっておこうと思っています。−−というか、どのみち秋までは身動き取れません(TT)
(ペンクリに行くなら、ゆっくりじっくり観察させていただきたいので♪)

投稿者:Pelikan_1931
NAKAYAの渡邊さんにとっては、55才までは【小娘】でしょうね。
【ペン先の切り割り位置を、首軸の張り合わせ部分の反対側にしてください】でOKでしょう。お急ぎならkiyomiさんのページでHELP出してみては?

http://blog.livedoor.jp/pelikan_1931/
投稿者:ぱいたん
>Pelikan_1931 さん

女性の場合、泣きつけば...ですか。とっても魅力的なお話だけど、若い女性ならまだしも、おばさんですしね(^^;

中に段差がないことを祈りつつ、もう少し方法を探ってみます。
ペンクリ待ちでしょうか。
「ペン先の位置をずらそうと思って抜いたら、元に戻らなくなりました」と申し込み用紙に書くのでしょうか..._| ̄|○
自業自得とはいえ、ちとはずかしいですぅ(TT)


>hibou_vert さん

干支シリーズをお持ちなんて! すごーい!!!
キャップをつけたときにバランスがよい、ということは手が大きいんですね。扱える万年筆の範囲が広くて、うらやましいかぎりです(^^)

確かに、Asia の翡翠色ボディに合わせてインク選ぶのはたのしそうですね(^^)
わたしなら、エルバンのオリーブ・グリーンを選びそうです。
薄いのが苦手の方にはおすすめできませんけど(笑)
私は、旭光&月光のために、今回は見送りです。
ううう、でも、翡翠のカボション、すてきなんですよねぇ。
Africa みたいに、息の長〜い商品であることを期待しています(^^)/〜


投稿者:hibou_vert
>Pelikan_1931さん

おぉ、それは新しい発見です。
プラチナ製は白眉、波柄彫刻以外、中屋は全てペン先をはずして好みの位置に調整していますが、全く気がつきませんでした。m(__)m
抜くのにかなり固い個体(ギャザード)がありましたが、入れるのに戸惑った事がなかったもので。
もっとも入れる時は自然と位置を探ってはいましたが。
プラチナ製の金魚を1本注文してあり、入荷案内がきてるので取りに行ってからじっくりと見てみましょう。
私は一時期(かなりです)万年筆の情報に関して全くの空白期間がありますので、今埋めようとしています。
よろしければblogにお邪魔しますので、又色々とご教示をお願いします。

>ぱいたんさん

AURORAのASIAが届きました。
Bニブですが、相変わらず切り割りの寄せがきついです。インクはHERBINのLIERRE SAUVAGEかNOODLER’SのARMY GREENってとこでしょうか。

MONTEGRAPPAの干支ですが、あれでキャップがしっかりと尻軸にはまれば持つ位置は私は大丈夫ですが、やはり観賞用ですね。
旭光と月光もあり軍資金に処分を考えています。
投稿者:Pelikan_1931
> ぱいたんさん

左右に切れ目のあるのは、プラスティック製ペン芯の特徴ですが、それで位置が固定されることはありません。ご安心を。
ペン芯だけ差し込んで、回してみて360度どの位置でも固定されなければ大丈夫。
問題はペン先を差し込む位置が決まっている場合があることです。首軸内にとがったものを差し込んで内壁に軽くタッチしながら回していくと、どこかでカクっと段差があるはずです。そお段差のくぼんだ位置(幅はニブの根元の幅)にペン先を差し込むようになっているはずです。
この場合は、位置を変えようとすれば、それこそ力ずくですが、それはやはりプラチナの人にやっていただいたほうがよいと思いますよ。
また、女性の場合、泣きつけば首軸だけ取り替えてくれる可能性もあります。あとはチャンスを待つのみか?

http://blog.livedoor.jp/pelikan_1931/
投稿者:ぱいたん
Pelikan_1931 さん

私も、ペン芯の付け根の部分、左右が平面にカットしてあるのを発見しました。受け口方にこれと合うように平面が作ってあるなら、その位置で固定されるので、ペン先の位置は変えられない、ということのようです。

Pelikan_1931 さんのおしえてくださっているのは、これと同じ意味でしょうか?

無理に入れようとしないで、もう少し時間をとって、受け口側を観察してみようと思っています(^^)/〜

投稿者:Pelikan_1931
> ぱいたんさん、hibou_vertさん

悲しい発見をしました。
全部の機種に共通かどうかはわかりませんが、プラチナもNAKAYAも首軸内のペン先+ペン芯を差し込むところは、ペン先の位置を固定するように設計されています。
ペン先が入る方がほんの0.1から0.2ミリ段差になってえぐれています。
この段差に沿ってペン先を入れれば奥までスムーズに入り、抜く時もそれほど力がかからないのですが、違う場所に入れると、ものすごい力で押さねばなりません。奥まで入らなくは無いようですが、実験はしていません。

http://blog.livedoor.jp/pelikan_1931/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ