道化は踊る

万年筆に、インクに、紙に...。
文房具好きで書籍フェチのミーハーぱいたんは、今日も浮かれて踊ってます。\(^^)/
ありがとう、98万アクセス! 現在、毎日更新中。気がつけば10年目! 相変わらずはりきって踊ってます♪

 

今日も書けてるかしら?

2019年
← August →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

本日の記事はいかがでした?

たのしんでいただけましたら、
こちらをクリックしてくださいませ!


ご訪問ありがとうございます

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

暴走と道草の記憶 (^^;

あなたの声を聞かせてね!

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:Pelikan_1931
>hibou_vertさん
舌の分でこぴぺしたら『さん』抜かしてしまいました。失礼。

http://blog.livedoor.jp/pelikan_1931/
投稿者:Pelikan_1931
>hibou_vert
某掲示板の件ですが、拙者面識がありますので、一度メールしてみます。趣味の多い方なので万年筆は卒業されたのだと思いますよ。
#3776がプラペン芯になった時期は自信ありませんが、セーラーのPROFIT 80を銀座三越で受け取った時に、同時にプラチナのエボペン芯を20本取り寄せた記憶がありますので、10年以上前だと思います。
プラチナスクリプトはその昔作っていたミュージック用ニブがひょっこり1000個ほどプラチナ社の倉庫から出てきたが、ペン芯も特殊なエボナイト製なので、ペン芯の個数に縛られて500本海外向けに出荷したつもりだったが、何かの手違いで国内にもかなり流通した。スクリプトの評判があまりによいので、スクリプト用のプラスティック製ペン芯を新たに開発した。これがものすごく具合が良いらしい。というのが噂の粋を出ませんが、一時出回りました。
ペン芯のみ入手して組み込みました。プラチナのエボナイト製ペン芯は何種類もあり、形状がマッチするのを見つけるのはなかなか大変です。

>ぱいたんさん
奥の手です。これではずれなければあきらめてペンクリか世界の万年筆祭りを待ちましょう。そうそう、NAKAYAに持ち込む手もありますが。
@首軸にコンバーターをつけて水を吸わせ一晩水に首軸ごとつけておく
Aまずそれでひっぱってみる
Bだめなら70度くらいのお湯を湯のみに入れ、コンバーターで水の出し入れを50回ぐらいしたあと、お湯を変え、70度程度に首軸ごと10分ほどつける。
Cペン先とペン芯をゴム板あるいは、硬く絞ったハンカチを重ねた物で強く挟み、左右に捻るようにしてひっぱる。これで抜ければ幸いです。戻し方はわからなければ、その時にまた。

http://blog.livedoor.jp/pelikan_1931/
投稿者:ぱいたん
>Pelikan_1931 さん
プラチナの首軸にそんな仕組みがあったなんて!
取りあえず、ペンチはやめておきます。ペンチは。
特に、今の精神状態だと破壊に走りかねないので(大笑)

>hibou_vert さん
某掲示板の件は残念ですね。お元気かしらと心配になります。掲示板だけがアクセスできなくなってしまうなんて。

DMいただけるとのこと、ありがとうございます。でも、今、充電が切れてしまっているので、メールが拾えません。帰宅後の確認になってしまいます。(TT)
すみません。

投稿者:hibou_vert
>ぱいたんさん

カキコ忘れてました。
またDMします。
投稿者:hibou_vert
>Pelikan_1931さん

blog拝見致しました。
いやぁ、嬉しいですね、万年筆の話題で盛り上がるのは。
つい最近ですが、ある掲示板(ご存じだと思いますが)がとうとう見られなくなってしまいました。
管理人さんがある日から忽然と顔を見せなくなってしまい常連さん共々にいつも心配して見ていたのですが....

ところでプラチナ製品にお詳しいようなので、ご教示頂きたいのですが、#3776シリーズがエボ芯から樹脂芯に変わったのはいつ頃からでしょうか。
私は偶然にプラチナスクリプトと呼ばれるミュージックニブ付きを以前に入手したのですが、このルーツがはよくわかりません。

あと、お持ちの物をエボナイト芯に変えてあるとの事ですが、ペン先とセットで交換されたのでしょうか。それともエボ芯だけを入手されてご自分でアニリングをなさったのでしょうか。
投稿者:ぱいたん
プラチナ製の万年筆は、プラチナ主催のペンクリに!というわけですね。
金魚は去年の年始に購入したものなので、たぶん‘最近のプラスチック製’のものだと思います。だとすると、堅いのには別の原因があるのかもしれません。(私が非力なのかしら、よよよよ)
今日、帰宅できたら、金魚とにらめっこしてみます。
エボか否かの判断だと鼻を利かせる、かな?
(その前に、エボをあれだけ乱暴に扱ったら、すでにぽろりと行ってしまっていそうな気もします)

ところで、プラ芯⇔エボ芯 の交換もペンクリでお願いできるのでしょうか???

投稿者:Pelikan_1931
>hibou_vertさん

#3776シリーズにはペン芯を一定の位置で止める溝が首軸側の再深部に彫ってあります。
エボナイト製ペン芯であれば、そこにキッチリと嵌って固定できます。
ただし最近のプラスティック製ペン芯はその溝に嵌らないので自由に回転します。
またNAKAYAの首軸からは溝が消えています。従ってエボナイト製ペン芯に変更しても自由に回転します。
拙者のプラチナ製は全てエボナイト製ペン芯に変えてあるのを忘れてました。もしプラスチック製ペン芯であれば、おっしゃるように自由に回転します。

>ぱいたんさん
プラチナのプラスチック製ペン芯はそれほど硬く固定はされないので、ペンチを出すぞ!というほど硬いのであればエボナイト製ペン芯付きの初期モデルかな?と思いました。ペンチは止めてくだされ!
出来ればプラチナの渡邊さんのペンクリでプラスチック製ペン芯に交換してもらうのが最良だと思います。渡邊さんは優しい方なので何でもお願いできますよ。
前の投稿時、レスポンスが遅く、Updateの反映がされなかったので二重投稿になってごめんなさい。

http://blog.livedoor.jp/pelikan_1931/
投稿者:ぱいたん
hibou_vert さん、ご無沙汰しております。
メールできなくてすみません。

金魚は、おそわった方法で、ぎこぎこ抜こうとしたのですが、やっぱりびくともしません。ペンチを持ち出したところで、我に帰りました。悪あがきはやめて、秋になったらペン・クリニックに持って行こうと思っています。でも、こういうお願いって聞いていただけるものなのか、かなーり不安です(−−;

それにしても、ペン先とペン芯の機構って、各メーカーごと(各モデルごと?)に、個性豊かなんですね!

お二方の書き込みを拝見して、俄然、興味がわいてきました。次はペン芯!の世界にチャレンジしてみようかしら...壊さないレベルで済むといいけど(笑)

ただいま、おやつの時間ですよん。(12時間ずれでる..._| ̄|○)

投稿者:hibou_vert
>Pelikan_1931さん

プラチナの金魚(#3776シリーズは全てと思いますが)ですが、ペン先&ペン芯を挿す位置は決まっておりませんので、自由に位置を変えることが出来ます。
セーラーと勘違いされているのでは?

>ぱいたんさん

金魚のその後はどうなりましたか?
投稿者:ぱいたん
Pelikan_1931 さん、はじめまして! お褒めに与り光栄です。

金魚の件、貴重な情報をありがとうございます!
ペン先はずらせないんですか。残念です。でも、破壊する前におしえていただけて幸いです。私にとっても、金魚にとっても!
継ぎ目そのものがいやだという訳ではないので、次はきっと裏側に継ぎ目がある個体を見つけるようにしま〜す (^^)/〜

そうそう「日本の割り当てが70本は少ない」と万年筆屋さんもおっしゃってました。他国に比べて日本には熱狂的なペリカン・ファンが多いのだそうです。そんな中で「ペリカン命!」でない私が手に入れてよいものやら、ちょっと申し訳ない気持ちにならなくもありません。でも、きれいだから、つい確保の依頼してしまいました(^^;

ところで、Pelikan_1931 さんも万年筆ブログをはじめられたのですね。大先輩のディープな話題に興味津々です!

‘道化は踊る’は万年筆道の門のあたりでじたばたしているミーハー路線ですけど、今後ともよろしくお願いします m(_ _)m

1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ