道化は踊る

万年筆に、インクに、紙に...。
文房具好きで書籍フェチのミーハーぱいたんは、今日も浮かれて踊ってます。\(^^)/
ありがとう、98万アクセス! 現在、毎日更新中。気がつけば10年目! 相変わらずはりきって踊ってます♪

 

今日も書けてるかしら?

2019年
← August →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

本日の記事はいかがでした?

たのしんでいただけましたら、
こちらをクリックしてくださいませ!


ご訪問ありがとうございます

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

暴走と道草の記憶 (^^;

あなたの声を聞かせてね!

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ぱいたん
monolith6さん、おはようございます。

キャップを分解してクリップだけ、ですか(@@;
まずは万年筆を【分解】できるようにならないといけませんね。
【破壊】ではなく。
バーメイルをきれいにしようとして、万年筆を壊してしまっては
お話になりませんもの(^^;

ベアトリーチェのクリップ、無事にはずれるかしら...。
投稿者:monolith6
念のためですが、キャップを丸ごとクリーナーに浸すということはできれば避けた方が良いです。クリップにバネが仕掛けてあったりすると、クリーナーに浸したり、ぬるま湯で洗ったりすることで長期的にはバネが錆びてしまう可能性があるからです。出来れば分解出来る物は分解し、vermeil 部分だけを浸すようにすれば問題はないでしょう。
投稿者:ぱいたん
わかりにくくて、すみません。

この件は、

「銀の風呂」
http://moon.ap.teacup.com/a_fool_dances/206.html

「よみがえれ、光の天使」
http://moon.ap.teacup.com/a_fool_dances/223.html

で、完結します(^^;
投稿者:ぱいたん
monolith6さま、はじめまして!
こちらこそ、よろしくお願いします(^^)

そうなんです。
液体シルバー・クリーナーなんてものがあったのですね。
知らなかったばかりに、万年筆たちに山ほど【お痛】をして
しまいました。今では、くすんだ銀製品は【とりあえず浸けて
みる】という頼りっぱなしの状態です(^^;
投稿者:monolith6
ってコメントした直後に↑にでてました。失礼しました。
投稿者:monolith6
 初めまして。今になって最初から拝見している有様ですがよろしくお願いします。

 vermeil の黒ずみは、液体のシルバー・クリーナーに浸すと綺麗に落ちて金メッキも剥げません。この万年筆の場合も部分的に浸してやるだけでよいと思います。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ