道化は踊る

万年筆に、インクに、紙に...。
文房具好きで書籍フェチのミーハーぱいたんは、今日も浮かれて踊ってます。\(^^)/
ありがとう、98万アクセス! 現在、毎日更新中。気がつけば10年目! 相変わらずはりきって踊ってます♪

 

今日も書けてるかしら?

2021年
← January →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

本日の記事はいかがでした?

たのしんでいただけましたら、
こちらをクリックしてくださいませ!


ご訪問ありがとうございます

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

暴走と道草の記憶 (^^;

あなたの声を聞かせてね!

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ぱいたん
monolith6さん、こんにちは。

スティピュラのグリーンは、あのブラウンがかった雰囲気が大好きです♪

お気遣いありがとうございます。
お隣さんとは、二階建てくらい高低差がありますので、地下茎の心配はないと思います。
(竹の地下茎は、比較的浅いので)
投稿者:monolith6
 ぱいたんさん、こんにちは。
 スティピュラのグリーンは、枯れた色合いが、同じくサテュルノのオリーヴ・グリーンの方のエボナイト軸にぴったりの色合いですね。

 ところで竹って、お隣さんに生えていると根がどんどん自分の家の敷地内に張り出してくることが良くあるみたいです。知らずに放っておいたらその人の家の床から突きだした竹が畳を破って大変だったとか。
投稿者:ぱいたん
monolith6さん、こんにちは。

サテュルノは、渋い灰緑色ですよね。
植わっているときの表面が白っぽいときの竹によく似ていると思います♪
竹のインクは表面を磨いて鮮やかになったときの色みたいですけど、確かにぴったりかも(^^)/
投稿者:monolith6
 手元にスティピュラの NOVECENTO SATURNO の緑色エボナイトがありますが。よくよく見れば、軸の表面の模様は竹の肌に似ているような気が。もしもこれに件のインクを入れて書いたなら、軸が竹で出来ていると誤解する人がいても不思議ではない気がします。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ