道化は踊る

万年筆に、インクに、紙に...。
文房具好きで書籍フェチのミーハーぱいたんは、今日も浮かれて踊ってます。\(^^)/
ありがとう、98万アクセス! 現在、毎日更新中。気がつけば10年目! 相変わらずはりきって踊ってます♪

 

今日も書けてるかしら?

2019年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

本日の記事はいかがでした?

たのしんでいただけましたら、
こちらをクリックしてくださいませ!


ご訪問ありがとうございます

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

暴走と道草の記憶 (^^;

あなたの声を聞かせてね!

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ぱいたん
いかさん、こんにちは。

ピンセットに薄いゴム板を巻いて、内側に入れたものを開いて、(ねじらずに)そのまままっすぐ抜く!−−でしょうか。
透明軸は様子が見えるからラクですよね(^^)v
投稿者:いか
ぱいたんさん

お礼が遅くなりました m(_ _)m
今週末は家事が忙しくて(家庭内権力構造の最下層にいるもので(;_;))トライできませんでした。キャップを覗き込んで専用工具なしでなんとかなりそうかな、というところまでは確認できました。
投稿者:ぱいたん
いかさん、こんにちは。

キャップを外すのはそんなに難しくはないそうです。
気をつけなければならないのは、戻すときに奥まで入れすぎないようにすることだ、というお話でした。
ライカやニコンをばらして組み立てる力加減ができるのなら、外すのは無理なくできると思いますよ。
がんばってくださいませ(^^)/
投稿者:いか
ぱいたんさん、ありがとうございます。

な、なるほど・・専門家(?)によるお仕事でしたか。多分キャップの内側から外すのでしょうね。でも823とか845とか、怖いことを。(^^;
カメラならライカでもニコンでもばらして組み立てたことがありますが万年筆はどうも勝手が違いそうで怖いです。何本か再起不能にしてしまいそうです。
投稿者:ぱいたん
いかさん、こんにちは。

私の場合は、カスタム823透明軸の真っ黒インナーキャップです。
過去記事>http://moon.ap.teacup.com/a_fool_dances/1620.html

半透明でも気になりだしたら、止まりませんよね(^^;
取り外し、823にできるんですから、74だってできると思います。
基本構造はおなじだったんじゃないかしら。

823はこの一本しか使っていないので比較の対象がないのですが、おなじカスタムの845に比べて特に乾きやすいといった印象はありません。
ちなみに、823には色彩雫の冬将軍、845には墨香を入れてます。
投稿者:いか
ぱいたんさん、はじめまして。

カスタムの黒いキャップって、カスタム74スケルトンの半透明のインナーキャップのことでしょうか?

あたしも、「これ、なければいいのに」と思っております。(^^;
外せるものなんでしょうか?外してもペン先が乾いてしまうなんてことはないのでしょうか?
質問ばかりですみません。

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ