道化は踊る

万年筆に、インクに、紙に...。
文房具好きで書籍フェチのミーハーぱいたんは、今日も浮かれて踊ってます。\(^^)/
ありがとう、98万アクセス! 現在、毎日更新中。気がつけば10年目! 相変わらずはりきって踊ってます♪

 

今日も書けてるかしら?

2020年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

本日の記事はいかがでした?

たのしんでいただけましたら、
こちらをクリックしてくださいませ!


ご訪問ありがとうございます

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

暴走と道草の記憶 (^^;

あなたの声を聞かせてね!

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ぱいたん
どーむさん、こんばんは。

日光消毒!
−−ということは、分解ですよね!
ちゃんとペン芯の隅々にまで、日光当てなきゃなりませんものね!
プラ芯ならいいけれど、画像の‘エキストラ’あたりで挑戦したら、
いい感じにエボ焼けしそうな気がします(^^)V
投稿者:どーむ
わ、こりゃひどい(w
日光消毒したら如何でしょうか?効果ないかな?
投稿者:ぱいたん
monolith6さん、ありがとうございます(^^)/

乾燥しすぎもいけないんですね(^^;
気をつけます。
カビの原因はインクがきちんと落ちていなかったということなんでしょうか?
私の場合、インクを入れっぱなしにしていたせいでカビ!というのは
経験がなくて...。いまのところは、ですが(笑)
投稿者:monolith6
 1200回おめでとうございます。

 何ら解決策ではありませんが、今回のセルロイド胴軸とエボナイトのペン芯には、高温の水は禁忌です。セルロイドが変形する可能性とエボナイトが変色する可能性が高いです。私はこれまで幸いにしてインクが元でカビが生えた経験がありませんが、洗浄した万年筆は完全に乾かして保管するようにしています。ただ、乾燥しすぎも良し悪しで、エボナイトペン芯でこのようにしたら、その後、以前よりもインクの含みが悪くなった経験もありますので、程々にということで...。
投稿者:ぱいたん
二右衛門半さん、おはようございます。

次に発見したときは、ぜひ写真を送ってくださいね(^^)/
今回見たのも白カビなのかしら。
ふさふさは白くて、ところどころ緑色。
投稿者:二右衛門半
おはようございます、ぱいたんさん

うちのところは白カビでした。
写真撮っておけば良かった(笑)
投稿者:ぱいたん
まとりっくすさん、こんばんは。

ハイター派、多そうですね♪
入手のしやすさが人気の秘密かしら(^^)

うちのドルンフェルダー入り復活ペリスケ、放置しててもカビの「カ」の
字もありません。
ワインによる???
投稿者:まとりっくす
 あ、僕もハイター薄めてつかいました
まあ、プラスチックだとわかってたから・・・

もうワインインクは放置すまい・・w
投稿者:ぱいたん
サバネコフーコさん、こんばんは。

カビハイター?!
【つわもの】でいらっしゃる...(^^;
−−な〜んて「お風呂場用のカビキラーを使ってみよっかな♪」と思って
いたのは棚に上げとこっと(笑)

ところでサバネコフーコさんのペリカンは【黒カビ】だったんですね。
今回の記事のカビは緑色してました。
次は、赤いカビが見られたりするのかしら(笑)
こんばんわ パイタンさん。
お酒に呑まれていつも後悔懺悔の私。以前、黒かびに悩まされていたペリカン400NNを酔った勢いでカビハイター(薄めてね)で強制洗浄!菌は死滅した模様(^^♪。なんだかそのまま使ってま〜す!
1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ