KohjiLog (コージログ)

 

カレンダー

2021年
← June →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:KohjiRoh
>ケセテさん
いつも見に来てくださってありがとうございます。

リゲルは、昔と今で設定が多少変化していまして、
現在は昔に比べて筋肉がすっきり細身で締まった体型になっています。

水彩色鉛筆は、中学の頃から画材屋さんで種類集めてずっと持っていたので、たまには使ってみようかなという程度です。色鉛筆で色をつけた後に水で濡らした筆で溶かしています。鉛筆自体を濡らすとクレヨンやコンテのようなタッチの線が引けますね。

水彩は色合いがぼやける性質があるため、陰影のはっきりした絵よりも柔らかにグラデーションしていく絵に向いていますね。本当は風景画などに使ってみたいのですが、なかなか描けないのです。


こちらはまだ春一番は吹いていませんが、少しずつ暖かくなっては来ているみたいです。花粉もだいぶまいはじめたようで、マスクをつけている人を大勢見かけますよ。

季節の変わり目は体調を崩しやすいですから、どうか体に気をつけてすごしてください。
投稿者:ケセテ
どうも、遅くなりましたケセテです。
今日、高校の入試がありました。
役員として動いていたため、遅くなってしまいました。

リゲルですか。色鉛筆や水彩って、その特有の味わいがありますよね。すごく好きです。
……ん、あれ、思ったよりリゲルは線が細いんですね。ちょっぴり意外です。でもリゲルなら体が柔らかいですし、そうなるのも頷けますよね。
あと、個人的には色鉛筆は影がつけづらい、水彩は色が死んじゃうという理由から、私自身はあまり使用しません。後者は自分の実力ですが。
だから、よく使う方法としては色鉛筆を水を入れたコップに入れておいてその水をふき取らずにかく、という方法です。これで水彩にしてます。

最近は春一番が吹き始めています。だいぶ暖かくなっていますが、ちょっぴり寒いです。
コ−ジ狼さんのほうはどうですか?
では、ちょっと時間が押しているので、いつも以上に乱文失礼します。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ