2012/6/21

賛否  

国内初の統一王者を賭けた一戦は 正々堂々互いに譲らぬ素晴らしい試合だったと称賛されている しかし 本当にそうだろうか リーチの差を接近戦の打ち合いに持ち込んで 左右のフックとショートアッパーを狙いたいベテランと ジャブを使いながらアウトボクシングに徹する若手の戦いになるかと思いきや 序盤のジャブで左目が腫れてしまい 距離感の狂いからショートレンジのパンチが思うように当たらないベテランと 真面目でストイックな性格と周りの期待を裏切れないという思いから 有利なヒットアンドウェーに徹することが出来ず 足を止めて打ち合い 相手の左右の攻撃についていけず 決定打を打ち込めない若手の砂を噛むような試合だったように見えた 辛くも判定勝利した統一王者はこれから階級を上げていくらしいが たとえ血統がサラブレッドであろうとも 教科書通りの美しいボクシングだけでは 名を残すチャンピオンにはなれまい 泥臭く相手を叩きのめす荒肝も時には必要である 日本ボクシング界の期待の星という重い十字架を背負う若者の今後の変化に期待したい クリックすると元のサイズで表示します




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ