100Hearts & 1000Trails

 
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ぼんやり
レンガー=パッチュの写真ほんとうに凄いですよね
ああいうガラス製品のライティングは
かなり慎重にやる必要があると思うのですが
あの時代にもうそれをこなしていたという・・・

もし、再訪されるようでしたら
毎日曜日午後2時からの
キュレーターズトーク(学芸員さんによる解説)
に参加されることをオススメします
非常に興味深い話が聞けますよ
投稿者:maopapa
時間がなくて走りは走りでしたけど、見てきました。私はアルベルト・レンバー=パッチュの作品に惹かれました。「ガラス二方コック」の美しいこと。それから「蒸留装置」。どうやったら透明なガラスをあんなふうに美しく撮れるのでしょう。ため息が出ました。「高圧線」や「ガソリンスタンド」もよかったなぁ。機会があればもう一度ゆっくり見に行きたいと思っています。

http://maopapa.cocolog-nifty.com/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ