「物語の扉」日記

 
竹崎利信のホームページ「物語の扉」トップへ

カレンダー

2019年
← April →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:竹崎
>三毛子の姉様
コメントありがとうございます。
今日は徐々に晴れてくるようですね。残念ながら「雨」という曲は知らないのですが、是非一度聴いてみたいです。「つらい時に私をなぐさめ、そっと世のためにはたらくことをささやく」― 雨音がそんな風に聞こえるなんて素敵なことです。そんな感性を持ってれば、もっともっと素晴らしい表現ができるのでしょうが、残念ながら今の私にとって、雨音は心地よい子守唄でしかないようです。
投稿者:三毛子の姉
竹崎さんの日記を読んで、無性に「雨」と言う多田武彦作曲の男声合唱組曲が聴きたくなりました。この季節には、特にその中の「11月にふる雨」というのを聴きたくなるのですが、残念ながら、今、手元にレコードが無いので聴く事ができません。堀口大學作詞の曲なのですが最近では演奏される事が、無くなってきたようです。楽譜も改訂版が出ていますし・・・たぶん、詩の一節に問題ありなのでしょう。多田武彦作曲の男声合唱組曲はどれも大好きですが、この「雨」と言う組曲は多田氏ご本人もおっしゃっているようですが、「つらい時に私をなぐさめ、そっと世のためにはたらくことをささやく」(歌詞の中にもそう言う一節がありますが)やさしく、そのように私にも語りかけてくれます。今日も雨が降るのでしょうか・・・
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ