湘南空手道連盟OB会

1979年設立した謎の格闘空手団体。
1984年より年1回会合が開かれる。

 

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

カレンダー

2019年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:上町会館 k
いや〜最近そんな事していないので
やわな拳になってしまっています。
上町の方にも書き込み有難うございます。
投稿者:もんた
おお、組長、いらっやいませ。
組長は『試割り用』とかは必要ないでしょう。現場用の瓦だったら一枚割れればかなりの破壊力だと思います。
投稿者:上町会館 k
氷柱割り、、凄いですね〜〜。
昔、道場の前に解体現場から持って来てあった瓦を
10枚挑戦した事がありましたが残り3枚位が4分の1位
しか割れて無かった事を思い出しました。しかし、
最近は試し割り用瓦とかバットとか売ってますが、
昔は氷りとか瓦とかバットとかどうしたんですかね
〜〜現場とか野球で使ってるのをそのままとか、
だったらかなり固いですよね〜〜。
最近の空手家で拳だこがもんたさんほどあるのはほ
とんどみませんね〜〜鍛練の証拠だと思います。

酔拳士さん、、氷柱割りはこの氷と氷の間隔が”み
そ”みたいですね。。。

先日、お兄ちゃんのセコンドで東都いきましたが一
般重量級はやはりみんなプロレスラ−並にでかいで
すね。。。つくづく感じました。。
某代表のk見師範、i崎師範、など有名な人もいまし
たよ。。
話がそれてすいません。。。
投稿者:もんた
それは見てみたかったです(爆笑)。
上の氷の重さで割って見せるのもある意味で技だとは思いますが^^)。
普通の板をたとえ一枚でも仕掛けなしでちゃんと割ったほうが鍛錬になるということですね。
投稿者:酔拳士
これは凄い。横の長さが短すぎですね。
かつて某大会で、氷柱9枚割り(たぶん)がセットされ、代表が割る直前にバランスを崩した氷柱が勝手に連鎖的に全部割れてしまったことを思い出しました。

会場アナウンサーが困って、代表の気迫が氷を壊しましたとフォロー?して会場が爆笑しました。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ