2010/1/15

2010年〜平成22年〜  日記

新しい年が明けると間もなく一つ歳を重ねることになります。
2月、、、
そして毎年思うことは、どんな一年になるのだろうか、ということ。
何事もなく平穏無事に過ぎて欲しい。
これはいち個人というよりも地球規模で願うことでもある。
殺戮とした国もあるし飢餓におびえる国もある。
同じ人間として生きる限り、いがみ合うことのない平穏に過ごせる日が、今、現在
ここに欲しいと祈るのは私だけではないはず。

クリックすると元のサイズで表示します

そしてまた一つ歳を重ねる私自身は、といえば、、、、
いつも何か物足りない思いを胸に過ぎていくような気がしてならない。
まだまだ未熟者だし、だからこそ控えめにと心がけてしまうけれど、
人の痛みのわかる優しさを一番に思っている。。
友人にも恵まれている。
それなりに元気でやりたいことは何とか思い通りにできている。
それでもやはり何か物足りないのである。
結局これでいいという人生はないということなのかもしれない。
いつも何かに向かって生きるということが大事であって、努力を忘れてはいけないと
いうことかな。
人間として、もっともっと磨いていけたら、もっともっと輝いて生きていけたら、、、、

結局そういうことなんだと思う。
0

2009/12/9

我が家のペットではないけれど  日記

愛らしいペットに心癒されている。
一匹は妹宅の愛犬コッカースパニエルのフェンディーくん。
妹宅に遊びに行くと大歓迎で迎えてくれる。
中型犬で人懐っこくて愛らしい。
10月で5歳になったばかり。

クリックすると元のサイズで表示します

そしてもう一匹は近くに住む息子夫婦の愛犬パピヨンのモカちゃん。
もうすぐ6ヶ月。
ちょっとかわいそうだったけれど、つい先日去勢手術をしたばかり。
モカちゃんのベビーに会いたかったけれど、色々な事情を考えた上で
決心したらしい。
この子も人懐っこくて元気いっぱいで愛らしい。
近くに住んでいるのでチョコチョコやってくる。
お泊りで預かったりもしているので可愛さもひとしおである。

クリックすると元のサイズで表示します

とにかく愛らしいペット達と一緒にいるとほのぼのとして心癒されるのは間違いなし。
孫が可愛いというけれど、一足先にこんなペット達に癒されることに大満足の私なのである。
0

2009/12/2

2009年最後の月  日記

今年もとうとう12月を迎えてしまった。
まだ一年を振り返るという気持ちにはなれないけれど
ただ積み重ねた重みは感じることが出来る。
今年も社会的にも様々な問題を抱えた年だったようである。

年々歳を重ねる毎に老いるということを考えさせられているのは確かで
無理の効かなくなったこと、若くはないということを身に沁みて感じることが
増えたようである。

なにはともあれあとひと月、、

相変わらず趣味を楽しみ、みんなの幸せを想い、それなりに健康であること
に感謝しながら今年を締めくくりたい。

今年新たに仲間入りしたポーセラーツ作品のX'masオーナメントを。

クリックすると元のサイズで表示します

部屋の中がX'masムードに盛り上がってきて何となく華やいでくるのも
嬉しいもの。
0

2008/9/24

青学同窓祭コンサート  

クリックすると元のサイズで表示します

9月23日秋分の日、そしてお彼岸のお中日、
そしてもう一つ、青山学院大学同窓祭コンサートの日である。
正確には
AOYAMA GREEN FESTIVAL Presents ECO LIVE
アーティスト 谷村新司さん

久しぶりの青山。
数年前までは毎年のように青山劇場のコンサート会場へ
通ったもの。
そのときお気に入りだったブティックやイタリアン レストランへ
今回も懐かしく立ち寄ってきた。

そしてそして久しぶりの谷村さんのステージに盛り上がってきたのは
言うまでもないこと。
今回の会場は青学記念館ということで、ちょっと違う雰囲気だったけれど、
3列目という座席にも恵まれての憩いのひととき。
日頃のストレスも一掃できたような気がする。
当夜は心地よい余韻のまま眠りについたのでした。
0
タグ: 日記

2008/9/13

心の赴くままに  

クリックすると元のサイズで表示します

暑い夏が去って、爽やかな秋の訪れに気持ちはワクワクしているのに
何故か身体がついてこない。
年々衰えを感じるって何か寂しい。

もともとが引っ込み思案の性格なせいか、何事も控えめなところがあって
でもこれは決して長所ではなく、どちらかといえば良くないほうに
繋がっているような控えめさである。
ネットを始めてから、そんな想いが強くなったような気がしている。
とにかく自分から進んで他のサイトに新規に訪問することが出来ないという
変な性格、、(たま〜〜にふと訪れてコメントが出来ると嬉しくなるけれど。)

その中で素敵な出会いがたくさんあったけれど、踏み台にされるような
痛い思いも幾つかあった。
私自身、これは控えめであることの結果かなと片付けているのだけれど、、、
それでも続けているということは、多分素敵な出逢いのほうがより多く
そのことが心の支えになっているからかもしれない。

それに悲しいことに確実に歳を重ねているということ。
歳はとりたくなくても重ねた歳の数だけは、何とか成長しているのだろう
と思う。
それはこうして様々に拘わった方たちのおかげであるのは間違いのないこと
なのだとおもっている。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2008/9/1

ゲリラ豪雨  

今日から9月。
8月は猛暑で明け、ゲリラ豪雨で終わった。
35℃は当たり前という猛暑から一転、気温が下がったと思うと
信じがたい集中豪雨が日本各地を襲ったのである。
一体この異常気象はどこから来るのだろうか。
得たいの知れない不安を感じてしまう。

これから台風シーズンを迎えるが、この異常気象に
大型台風となると、大きな被害に繋がってしまう。
今回のゲリラ豪雨で大変な被害が出ているが、いずれにしろ
出来ることには限界があるけれど、充分な対策と早めの避難など
心がけたいものです。


0
タグ: 日記

2008/8/24

次はロンドン大会  

17日間の激闘、北京五輪も今夜(24日)の閉会式で幕を閉じる。
様々な想いの17日間。
感動の涙や悔し涙、たくさんの汗と涙が流されて、そして終幕へ。
今日の男子マラソンも最後を飾ることが出来なかったけれど、
この期間中の選手の皆さんにお疲れさまと労いの言葉は惜しげなく
贈りたいと思う。
思いがけずに80年ぶりの快挙という陸上400mリレーは爽やかな感動を貰った。

一つづつ列記すればもっとたくさんの感動を貰っているけれど
やはり参加選手のすべてに同じように拍手を贈りたい。


0
タグ: つれづれ

2008/8/10

北京五輪  

8月8日夜9時、厳戒体制のなか北京五輪の幕は開いた。

約4時間にもわたる開会式は、目にも華やかに

盛り上がったものだった。

そして翌2日目からは早くも本格的な競技がスタートした。

期待された柔道のヤワラちゃんは、本当に残念ながら乗り切れないまま

五輪3連覇ならず、銅メダルに終わった。

同じく柔道期待の60キ級男子の平岡選手も重圧にまけたのだろうか、初戦敗退。

女子48キロ級の重量挙げの三宅選手もメダルならず6位に終わった。

女子バレーもアメリカに1対3で敗退。

幸先は決してよいとはいえない結果だったが、でも日本頑張れ

ここに至るまでの長い汗と涙と努力の道のりに、結果はどうであれ

精一杯の声援をおくるつもり。
0
タグ: つれづれ

2008/7/31

息子宅へ  

先日、引越し後はじめて息子達の新居へお呼ばれしてきた。
広いリビングは二人で選んだ落ち着いたインテリアに包まれていた。
届いたばかりという3人がけソファーや、大きなTVボード。
私たちのその当時とはひと味もふた味も違う、若々しくて初々しい
インテリア。
この日に届いたばかりという座り心地の良いソファー。
息子たちよりも先にたっぷりと寛いでしまってゴメンね。

昨年10月のハワイ挙式のDVDを大きな画面で改めて見せて貰い、
感動新たに楽しんでしまった。
息子達は、まだ一年も経ってないんだね、もっと経ったみたい。
という感想。
私たちはあっという間で、ハワイの様子が昨日のことのようにまざまざと
思い起こされて感動の連続だった。

二人とも仕事が忙しいのでお互い様ということだそうで、息子の
かいがいしく動く様子が何故か目に残っている。

仲の良い素敵な家庭を築いてくれると確信出来た3時間余りのひとときを
ありがとう。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
0
タグ: つれづれ

2008/7/27

桃  


クリックすると元のサイズで表示します

今年もまた桃の季節がやってきた。
母が亡くなって早や10数年、その母の実家が山梨の甲府で、
そこから毎年私の実家に母が他界してからも
変ることなく新鮮な果物が届いている。
その都度必ず我が家にお裾分けされます。
今回は甘くて美味しい桃が届いた。
果樹園から直送される桃は室温に保っておき、
頂くちょっと前に冷蔵庫で冷たくすればいいんだそう。
ではではゆっくりと頂きま〜す。


0
タグ: つれづれ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ