2012/12/24 | 投稿者: 名無しの看護師

余り看護師のデメリットについては、どこの求人サイトや紹介サイトでは掲載されていません。
ですが、看護師のデメリットについてはリアルな部分を語る上では外せないので、今回は看護師のデメリットについて紹介をしていきます。

■雑用が多い
雑用が多いのも看護師のデメリットです。
看護師と言うのはアナウンサー業務もしないといけませんし、院内の見回り業務だってあるのです。

ベッドのシーツを取り替えて、さらに患者さんの健康をチェックするようなドラマのような業務は少ないですね。
また、1つの行動につき2・3人でチーム活動を行いますので、1人でのんびりと言うような仕事はありません。

■リハビリ対応もある
リハビリセンター勤務もあるでしょう。
こちらについてもよくあるようなリハビリとは違って、同じような屈伸のサポートなどがあったりしますので、かなりの根気も要りますしノイローゼになる看護師の方もいらっしゃいます。
精神的な面でマイナスな要素があるのも看護師のデメリットでしょう。

男性看護師については、男性看護師求人ナビ - 比較ランキングで選ぶが参考になります。
また、特殊な看護であれば海外旅行看護師.com | ツアーナースの求人募集も勉強に役立ちますね。
0

2012/11/20 | 投稿者: 名無しの看護師

実際に看護師になった女性と言うのは、余り安易に転職などはされません。
もし、転職をする場合でも「次も看護師」と決めている人しかいないものです。
やはり、看護師をやめる人が少ないのには理由があります。

1.資格を大事にしたい
看護師は自分を磨くことが出来る仕事だと思います。
もちろん資格試験を頑張って勉強して取得まで行っているのですから、資格を有していると言うのも辞めない理由でしょう。
また、年数においては職場のポジションを上に上げることも可能ですので、女性であれば看護師をやめる人が少ないのは当然と言う風にも思いますね。

2.努力が報われる事を体験できる
看護師をやめる人が少ない理由のその2は、日々の努力により仕事内容に納得が出来る仕事だからです。
仕事をする事で充足感を得られる・・・と言う仕事って、多分そんなにもないでしょう。
なので、これも看護師をやめる人が少ない理由ですね。

3.女性専用の職業の少なさ
他の職業では女性の募集は少ないです。
パートの仕事は、単純な作業をどれだけ我慢して続けられるか・・・ってだけですしね。
しかし、医療の現場ではたくさんのこなすべき仕事があり、女性が特に頼られているので強気で働けるのも大きな魅力です!
0




AutoPage最新お知らせ