2017/5/5

三重県熊野 OOHAZURE 釣行記 5月1日  釣行記

三重県熊野 OOHAZURE 釣行記 5月1日 中潮


 前回、日本海磯でのアイナメ初釣行の後は、本来のテーマのカレイを追いかけて鳥取・そして隠岐へ釣行する予定だったのですが・・・
 鳥取釣行直前、出発当日に鬼の霍乱といいますか、ゆうたろうが突然の発熱・・・ということで、釣行をお願いしていた半世紀中年さんとリスキーさんに連絡を入れて急なキャンセルをお詫び申し上げました。
 久々の風邪で、38度ほどの発熱でしたので、医者に薬を処方してもらい一日寝ていればすぐ治ると軽く考えていたのですが・・・結局、4日間、38度の熱が下がらず・・・とても難儀ししました。しかも、一旦熱が下がってからも何度となく微熱をぶり返すなど長期間不調が続き、2週間後に予定していた今季最後のカレイ狙い・・・隠岐の島釣行も、結局、鳥取に続き、断念に追い込まれます。
 単なる風邪を3週間にわたって引きずるなんて、こんなことは初めてで、自分でもほんと情けないといいますか・・・決して年のせいにはしたくないのですが、正直、ここまで風邪にてこずり、長期間引きずると、どうしても、「若い時はこんなことはなかった」なんて・・・年より臭い言葉が脳裏をかすめ・・・う〜ん・・・がっくり!?(笑)

 それでも、何とかほぼ一か月を費やして、ようやく最近、釣行できる状態に体調が戻ったことが、何よりで・・・先日、ゴールデンウイークの真っ最中、ほぼ一か月ぶりの釣行を楽しんできました。
 もちろん、ゴールデンウイークは、ゆうたろうの場合、例年通り普通に仕事ですので、普通に週一のお休みを頂いて、のんびりゆったり久々の投げ釣りを楽しむため選択したのが熊野。今の季節、見た目にも鮮やかな新緑の169を走って釣れても釣れなくても日がな一日ゆっくり釣りができることの素晴らしさを満喫しようかと・・・もちろん、狙いのお魚は大型のキュウセンとカワハギ、そして・・・
 ま、相変わらず妄想だけはいつもどおり、もりもりでしたが・・・
 結果は、過去に経験のないほどの完全無欠のOOHAZURE!?狙いのキュウセン、カワハギ・・・高望みさえしなければ外すことはないだろうという予想を完全に覆し、全くダメで、寸たらも含めてかすりもしませんでした。(笑)
 それでも、日がな一日、芽吹きの季節を迎えた熊野の磯で、お昼までの半日体調が戻って、竿が振れたことが最高の喜びで、今回だけは大物号数とは無関係でも全然いいかなと・・・なにをたいそうなとは、思いますが、今回は、ちょっぴりそんな気分での釣行でした。

 ということで、結局、投げの方は、全くダメでしたが、せっかく来たのだからと熊野の海の神様がお情けをくれたようで、もう一つのこの時期の狙いモノ・・・今季初のアオリイカを手に入れることができました。

クリックすると元のサイズで表示します

 これは昨年初めて釣ったアオリイカの写真ですが、今回は、これより一回り大きいのとほぼ同じサイズのあわせて2杯のアオリイカをお持ち帰り。
 山盛りの糸造りを生姜醤油で口いっぱいほおばると言葉もありません!
 加えて、てんぷら、ゲソのかき揚げ、エンペラの湯引き、そして、自家製塩辛・・・イカの女王と言われる旬のアオリイカを山の神や同居人ともども思う存分に堪能させていただきました。
 この時期の最高のお楽しみをいただいた熊野の海に感謝!









にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
4



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ