2017/2/27

三重県鳥羽 アイナメ 釣行記 2月15日  釣行記

 三重県鳥羽 アイナメ 釣行記 2月22日 長潮

 最近は、暖かくなったり寒くなったり、天候が目まぐるしく変化します。確実に春に向かって季節が進んでいる証ということで、期待は高まりますが・・・現実は、まだまだ、一年で最も寒い時期であることには変わりなく、週一のお休みの使い方に悩みます。
 とはいえ、やはり釣り師の性(笑)・・・寒いのに加え、若干、風邪気味のこともあり、今週は無理をせずゆっくりしようかと思ったりもしますが、あくまで思ったりするだけ〜(笑)・・・時間があれば、よほどのことがない限り何とか竿を振りたいもの・・・自分でもつくづくあほや〜と思ってしまいますが、こればかりはどうにもなりません。(笑)
 ということで、前回同様、少し躊躇はしましたが、ここは確実に、旬のおいしい食材が手に入るという魅力に引きずられ、先月、良い思いをした鳥羽のアイナメを選択し釣行へ。
 もちろん鳥羽なら最悪でも、ポンのアイナメ3〜4匹は確実に手に入るはずという読みで選択して竿を振り始めたゆうたろうですが、この日は、予想に反して静かな滑り出し。前回は一投目から激しいアタリを送ってくれたアイナメですが、何故か1時間2時間たっても竿先に変化はありません。
 しかも、前日18度の気温を記録したお天気ですが、この日の鳥羽は、気温3度・・・さらに追い打ちをかけるように強風が・・・やめとけばよかったかなと一瞬後悔がよぎります。当然ながら、口をついて出る言葉は、うう渋い〜、寒い〜・・・後ろ向きの言葉ばかり・・・
 何事もないままに、更に1時間が経過し、強風に揺れ続ける竿に、やっぱり判断を誤ったなと思い始めたころ・・・突然、一本の竿にカン、カッカ〜ンとひったくるような明快なアタリが出ます。
 やっと・・・寒空で3時間待ってやっと拾ったアタリ・・・軽く合わせて慎重に期待を込めて巻いてくると登場したのは、アイナメの34cm

クリックすると元のサイズで表示します

 いつでもそうですが、大小にかかわらず、ハズレ回避のこの一匹は、ほんとうれしいもの・・・ほっと一安心。
 そして、たった一匹ですが、釣り上げるのとそうでないのとは大違い。今までのボヤキはどこへやら途端に上から目線に・・・何の根拠もなくアイナメの追加ができるものと勝手に期待が高まりますが、現実はリアル・・・何事もなかったように、なんのアタリもない渋〜い時間に逆戻り。
 やむを得ず、場所を変え、投げ方を変えて粘りますが、出てくるのは、風と寒さで勝手に出てくる鼻水だけ・・・
 前回の釣行とは大違いやなと思いつつ、それでも何とかもう一匹と次のポイントでしぶとくアタリを待っていると・・・更に3時間ほど経過して、やっと待望のアタリが・・・ガンガンガンと竿先がたたかれて登場したのはアイナメ38cm

クリックすると元のサイズで表示します 

 寒空に耐えて6時間・・・激渋の中やっと2匹目のアイナメをモノにして、ゆうたろうとしては万々歳。食材としても、一匹なら心もとないですが、2匹なら十分な量ですので、この時点でいつ帰ってもいいという気分に・・・
 とはいえ、エサもまだ少し残っているということもあって、消化試合の気分で残り時間でもう一匹追加できればラッキーやなと気軽に投げ続けていると・・・
 納竿間際に幸運にもアタリが・・・カン、カンカン、グイ〜ンと竿尻が浮くアタリで登場したのは、この日最長寸のアイナメ40cm

クリックすると元のサイズで表示します

 ということで、この日は、幸運にも3匹のアイナメをキープしたところで納得の納竿。
 3匹とも針掛かりがよかったこともあって、スカリで元気に泳いでおりましたので、生きたまま家までお持ち帰り。

クリックすると元のサイズで表示します

 一匹づつ絞めて、血抜きをし、神経締めをした後、びくびく震える身を3枚におろして・・・造り、あぶり、オリーブオイル焼き、中華風甘酢あんかけ、骨せんべい、あらだき・・・
 ゆうたろうが提供するアイナメのフルコースをを堪能した山の神が最後に一言・・・やっぱり旬は大事やね〜
 はあ〜!?








にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
8



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ