2017/1/24

三重県鳥羽 アイナメ 釣行記 1月18日  釣行記

 三重県鳥羽 アイナメ 釣行記 1月18日 中潮

 前回、2度の大アタリを外し、悔しい思いをした鳥羽アイナメ釣行・・・
 是非、リベンジを果たしたいと狙っていると今週のお休みに・・・今年一番の寒気もゆるみ風もなく穏やかという天候に加えて、潮のめぐりあわせも小潮の前の中潮でほどほど・・・という、釣りやすい条件がそろいました。
 となると、結論は一つ。これは、絶好のチャンス!行くしかないなと決断し鳥羽へ!
 
 今回は、前回の反省を踏まえて、一カ所のポイントにこだわることなく地方のポイントをいくつか攻める計画で、仕事終了後、エサを仕入れて現地鳥羽の最初のポイントに立ったのが、午後9時前。
 この日は、天気予報通り、この時期の鳥羽としては珍しく、気温は低いものの風もなく穏やかで、絶好の釣り日和。早速準備をして投げ始めると・・・
 すべての竿を出し終わらない内に、最初に投げ入れた一本目の竿にゴンゴンのアタリが出て、早くもアイナメ37cmが登場・・・

クリックすると元のサイズで表示します

 一投目から狙いのアイナメの良型が登場するという幸運に恵まれラッキーなスタートを切ったゆうたろうですが、この日は、この後も、自分でも不思議なくらい何故か絶好調・・・
 このポイントを皮切りに、潮変わりを読んでいくつかの地方のポイントを探るように転戦した結果は、それぞれ移動した先々のポイントで、はずすことなくアイナメを追加し・・・
 終わってみれば、納竿までにアイナメの型物計5匹を追加(36cm・34cm・32cm・32cm・32cm)

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 しかも、チヌの42cmのおまけつき

クリックすると元のサイズで表示します

 チヌは、針掛かりがよかったこともあって、丁重に放流。
 アイナメの内2匹は、針掛かりが悪く現地で絞めて、残り4匹は、生きたままお持ち帰り。
 久々に活けを中心に、合計6匹のアイナメでアイナメ尽くしのフルコースを堪能・・・造り、皮目の付いたあぶりとオリーブオイル焼き、中華風清蒸・・・
 どれもとてもおいしゅうございました。(笑)






にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
4



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ