2016/12/31

鳥取 OOHAZURE 和歌山南紀 カワハギ 釣行記  釣行記

 鳥取 OOHAZURE 和歌山南紀 カワハギ ? 釣行記  12月9日他 中潮


 年内にもう一度行きましょうと半世紀中年さんと約束していた鳥取リベンジ釣行・・・満を持して実行に移した結果は、完璧な返り討ち!
 完膚なきまでにうちのめされ、ついに鳥取6連敗!!
 しかも、お魚さんが釣れなかったばかりか、こんな時に限ってめぐり合わなくていい、いわゆる冬の日本海のブリ起こしに遭遇・・・
 雨・風・霰に加えて荒波の波しぶきに叩かれ、極めつけは空を切り裂く落雷・・・結果、波止の上で震えあがって逃げ惑うことに・・・やっぱり、冬の日本海は、晴れの予報であっても気圧配置によって天候が急変、舐めたらあかんということだけが唯一の収穫になった悲惨な釣行となりました。
 ということで、「ついていた」25cmほどのマコガレイ一匹では、釣行記にもなりませんし、思い出したくない悲惨な記憶は、さらっと流すことにして・・・
次に選択したのは、カワハギの大物狙い!もちろん、志は、35cm以上の特大肝パンということになるのですが、そのクラスは、ま、志ということで置いといても、過去の実績から言えばこの時期、30cmクラスまでならまず外すこともありませんし、行けばそれなりに型も数もそろいます。しかも、釣って楽しいばかりか、活けでお持ち帰りができるカワハギは、食材としても、抜群においしいお魚で、気分を変えるには最高の対象かと・・・
 ところが、釣行前日に・・・二人で2匹・型不明という耳を疑うような貧課の情報が・・・
 一瞬やめとこかと迷いが生じましたが、鉄板のカワハギがまさか・・・きっと何かの間違い!たまたまそういうこともあると思いなおし、ポイント選びさえ間違えなければ外すはずもないと自らに都合よく解釈し、予定通り釣行することに。
 この日天気は上々といいますか、冷え込みもなく風も多少ある程度で、この時期としては絶好の釣り日和と言っても良いお天気で、釣り座を構えて投げ始めるころには、過去の実績から言ってこれなら間違いないはず、特大は無理でも、大きなカワハギの5枚や6枚は外すはずもないと風船のような自信をふくらませることに・・・
 いつものようにここぞというポイントに仕掛けを投入し、落ち着かせると、一回短く誘いを入れ、三脚に竿を置いてアタリを待ちます。同じように4本の竿を順次、投入していきますが、いつもなら早速出るアタリが・・・し〜ん・・・
 ん?なんで?おかしいと思いつつ、しばらく誘って仕掛けを回収するとアタリがないままエサがきれいになくなっています。エサ取り全開?となると手返ししかありません。そこからこまめにエサをチェックし誘いながら、カワハギを探っていくことに・・・
 ところが1時間たっても2時間たってもカワハギからの反応はゼロ。たまに微妙なアタリが出てあがってくるのは、定番のトラギスやキタマクラのみ・・・
 それでも、朝一の時合いを外しても、日が高くなってからパタアパタと釣れる経験を何度もしていますので、そんな過去の実績に期待し、更に投げ続けます。ところが、そんな期待も過去の実績もむなしく、この日はカワハギからのシグナルはほぼ皆無。そんなはずは、と最後まで投げ続けましたが、結果として、ほぼ撃沈・・・
 ほぼ・・・というのは、最後の最後、納竿間際に唯一らしいアタリが出て、26cmのカワハギが登場・・・確かにこの一匹で、完全撃沈からかろうじて救われたものの、この一匹のみでは、気分はまさに撃沈・OOHAZURE・・・

クリックすると元のサイズで表示します

 どこが鉄板のカワハギ!?絶対の自信を持っていたカワハギ釣りでしたが、あっけなくといいますか、もろくもといいますかゆうたろうの自信は、完全崩壊・・・がっくり!南紀方面で、こんな貧課は初めてで、何が原因なのかほんと自然はむつかしいと唸るしかありません。

 ということで、今回釣行、カワハギ狙いは、悲惨な結果に終わりましたが・・・実は、この釣行で、2回ほど竿がロケット発射し、すんでのところで竿尻を抑えて事なきを得るという幸運に恵まれました。

 一度目は、エサを付け替えているときに一気に持っていかれました。寸でのところで閉めぎみにしていたドラグが滑ってくれて、何とか竿尻を確保。最初は、力強く頭を振り激しく抵抗する手応えに、イラの大物と予想したのですが、なんとか、スピニングBの針がのされないようにと丁寧にやり取りし浮かして取り込んだのは、予想外のマダイ50cm
 尻尾が大きく棄損していて、おそらく脱走した養殖マダイの生き残りと思われますが、逃げ出してそこそこの年月を経ているようで、尻尾がまともなら60cmに届くのではと思わせるほどに大きく成長したメスのマダイです。

クリックすると元のサイズで表示します

 二度目は、ほかの竿に誘いをかけているときに、突然やってきて・・・ガンガン頭を振る激しい手応えに、今度こそはとイラを予想しましたが、やはり上がってきたのは、実寸で40cmUPのイラの大物。イラとしては特別大きくはありませんが、今年一月に愛媛で初めて釣ったイラの自己記録37cmを更新する記念のお魚となりました。

クリックすると元のサイズで表示します

まさに、ラッキーの一言!犬も歩けば何とか・・・まったく思いもしなかった想定外のマダイとイラにめぐりあうという幸運に恵まれ、結果的には、カワハギのハズレをカバーして余りある大満足の釣行となりました。

帰宅するともちろん、マダイのしゃぶしゃぶをメインに、造り・炙り・あらだきなどのフルコースを堪能。イラは、西京焼きも良いのですが、今回は簡単に調理・・・皮つきのまま塩、コショウをして、たっぷりのオリーブオイルで、両面こんがりきつね色に焼くと、う〜んと唸るほどの絶品。とてもおいしくいただきました。









にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ