2016/12/20

徳島 コイチ 釣行記 11月30日  釣行記

 徳島 コイチ 釣行記 11月30日 大潮

 引き続きキュウセン・カワハギの大物を狙うつもりで段取りしていると、先日行われた大会で、大先輩のikapuroさんが優勝されたというお話が飛び込んできました。
 相変わらずといいますか、やっぱり釣る人は釣るな〜と結果一覧を見て感心しておりましたが、その際、ふと目に入ったのは、コイチ49cm・・・徳島・・・の文字・・・
 ニベで唯一残った50オーバーの一匹は、来季持ち越しと先月一旦あきらめたはずなのに、この瞬間ポット火がついてスイッチが・・・ふと、気が付くと大先輩のikapuroさんに厚かましくもアドバイスを求めておりました。(笑
 もちろん、厚かましいお願いにもかかわらず、快く懇切丁寧にご指導いただいた結果は、即実践・実行しかありません。ということで、次のお休みは、何はさておいても、徳島へ足を運ぶことになったのですが・・・ 
 もちろん、釣れたからと言って後追い釣行しても、必ずしも釣れるとは限らないことは、百も承知でわかっていても、何故か火が付いてしまったゆうたろう・・・例年になく冬の訪れが早い今年、北風が吹きすさぶ中で、年甲斐もなく敢行した夜釣りの結果は・・・鼻水ずるずる、クッシュン・クッシュン(笑

 仕事を強引に定時終了で帰宅。南港経由で、エサを仕入れて大阪を出発し、現地徳島のポイントに着いたのが夜の9時過ぎ。この日は冬型の気圧配置で、釣り場に立つと思った以上に北西風が吹いています。一瞬、風と寒さにたじろぎますが、幸いにも後ろからの風ということもあり、意を決して準備を開始。とりあえず、鼻水をたらしながらすべての竿を投入し、第一投。闇夜に浮かぶ穂先ライトを見つめて、いよいよ夜明けまでの長丁場がスタートです。
 暫く、寒空の中でたたずんでいると一時間ほど経過したころに小さく竿先を揺らすアタリが・・・まず最初に、釣れたのは、30cmほどの小さなコイチ。
 確かに、幸先よく本命登場に間違いないのですが、ちょっと大きさが・・・
 更に小一時間ほど経過して、また竿先が揺れて期待しましたが、さほどの抵抗も見せずに登場したのが、これまた本命のコイチの35cm・・・

クリックすると元のサイズで表示します
 
 一応、型物と言うことで写真に収めますが、ねらいの50cmにはちょっと足りないといいますか・・・
 はっきり言えば、話になりません!
 確かに本命の連発で、大きなコイチが釣れた片鱗を垣間見ることができましたが、この日は、めぐりあわせが悪いといいますか、その後も釣れてくるのは、寸たらのコイチだけで、大物の雰囲気が全くありません。時間だけが経過し、気温の低下に伴って体が冷えてくると、次第に気分が後ろ向きに・・・
 それでも、情報を信じて、寒空の下、辛抱強く投げ返していると、日付が変わって潮が転じたころに、ようやく久々の良いアタリが・・・それなりの手応えを感じつつ期待を込めて巻いてくると登場したのは本命のコイチの41cm

クリックすると元のサイズで表示します

 目標の大きさまで、まだまだ足りないとはいえ、40UPのコイチに、ひょっとしたらの期待が一気に高まります。さらに辛抱強く投げ返しているとしばらくして、竿先をグ〜ンと揺らすような大きなアタリが出て・・・コイチの45cmが登場。

クリックすると元のサイズで表示します

 さらに夜明け前に、コイチの46cmを追加。

クリックすると元のサイズで表示します

 いよいよ目標の50cmまでもう一歩というところまで近づいてきましたので、次こそはと一層、期待が高まりましたが・・・時間を延長して粘って投げ続けた結果は、予想通りといいますか、ものの見事に空回り。残念ながらその後の追加はなく、もう一歩のところでニベの満願達成はなりませんでした。なかなか世の中思う通りにはなりません。
 それでも、この釣行で本命のニベには振られたものの、途中に突然の乱入があり、予想もしなかったスズキの79cmと53cmが登場・・・

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


 結果、スズキの大物で最後に残っていたDランクを埋めることでき、スズキの満願終了というとてつもない幸運に恵まれました。コイチを狙っていて偶然スズキが釣れたという・・・いわゆる結果オーライですが、この幸運に恵まれたのもひとえに、丁重なアドバイスをいただいた大先輩のikapuroさんのおかげ、改めて心からの感謝!

 当然、その日の我が家は、スズキとコイチの造り・あぶり・づけ・てんぷらと・・・てんこ盛り!相変わらず、山の神はあぶりがお気に入りで、スズキの大ぶりのあぶりを口いっぱいにほおばってとても満足そうでした。
 




 















にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
3



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ