2018/5/31

高知県 コトヒキ 釣行記 5月31日  釣行記

高知県 コトヒキ 釣行記 5月31日 大潮 

 それにしても、ほんとシマシマのお魚をよう釣らんといいますか、とことん相性が悪いゆうたろう・・・3年前に、初のコトヒキを釣って以来、何度となく高知に足を運んでいるのですが、この2年間、シマシマのお魚には、かすりもしておりません。
 結果、釣果を得ずに、高知名物芋ケンピを買って帰るゆうたろうを見て、毎回「高知まで芋ほりに!?」とのたまう山の神のセリフに、返す言葉もなく・・・ガックリ・・・
 やっぱり高知でシマシマのお魚を釣るのは、もう無理なのでは!?と心底思えてしまいますが、いろいろ思うところがあって、今年は、しつこく、かつ真剣に高知の海と向き合うことに・・・
 ということで、今回も、志高く、昨年この時期にイシダイを連発した実績場を横目に見て、シマシマのお魚のポイントに向かったゆうたろう・・・果たしてその結果は、またまた芋ほりに終わるのか、それとも号数UPを達成するのか・・・う〜〜〜ん・・・神のみぞ知る!

 現地の目的のポイントに入ったのが、夕方の5時過ぎ。今回も入念に下調べをして選んだポイントで明るいうちから準備を初めて、日没を待ちますが、気合が入っているといいますか、焦る気持ちを抑えきれずに、明るさが残っっている午後7時前に、フライング気味に第一投(笑)しかし、ゆうたろうの意気込みは、予定どおりといいますか見事に空回り、何事もないまま、日没を迎えます。
 ま、明るいうちはご愛敬で、アタリが完全に暗くなってくるといよいよ本番ということで、穂先ライトを見つめる眼差しも真剣そのもの・・・いつになくまじめに、誘いをかけ、こまめにえさをチェックし、狙いのお魚からのシグナルを待ちますが、1時間2時間と経過してもお魚からの反応はありません。たまにフグにかじられる程度で、ほんとに静か・・・波の音だけが伝わってきます。もちろん、まだまだ始まったばかりですので、焦ることもなく投げ続けますが・・・何の反応もないまま3時間ほどが経過すると・・・いわゆる、魚っ気がないといいますか、狙いのお魚もちろん、外道の反応も皆無ということもあって、こりゃやってしまったかなと弱気の虫がもぞもぞと(笑)
 それでも、高知まで出てきた以上、夜中の潮替わりまではと思いつつ粘っていると・・・10時前になって、突然、一本の竿に激震が・・・竿先が激しくたたかれ次の瞬間、竿が海に向かって前のめりに動き始めます。予想外の突然の出来事に、あ、あかんと思いつつも体がついていかず、対応が遅れますが、幸運にも危うくリールが三脚にかかってぶらぶら・・・すんでのところで救われやり取りを始めるとやがて姿を現したのは、ヘダイの45p

クリックすると元のサイズで表示します 

 なかなか、ヘダイは力持ちで、結構な引きを堪能、これはこれでおいしいお魚ですので丁重に締めてクーラーへ。この突然の出来事を境に、さっぱりだった雰囲気が大きく変わり、ぽつりぽつりですが、アタリが出始めます。

 まず、ヘダイの40p

クリックすると元のサイズで表示します

 続いて、更にもう一匹ヘダイをかけますが、タモ入れ直前に自然放流。ちょっと気落ちしていると今度は、ちょっと雰囲気の違う重々しいアタリがでます。あわせて巻き始めると結構重量感あるもののちょっとヘダイの手応えとは違います。オジサンでもなどと分けわからんことを考えながら引き寄せてくるとやがて現れたのは、クロダイの50cm

クリックすると元のサイズで表示します

 更にしばらくして、ちょんちょんの軽いアタリで、登場したのはニベの37p

クリックすると元のサイズで表示します

 ここまで、ヘダイ・クロダイ・ニベと型物4匹を釣って、ヘダイのお土産を確保。スタートの静けさが嘘のように、それなりの釣果に恵まれ、後は本命のシマシマに遭遇できればと期待が高まります。ところが、期待とはうらはらに、そこからアタリがピタッと止まります。なんでやねんとぼやいてみても、結果は同じで静かなまま。
 それでも、夜中の潮どまりだからと気にも留めず、潮が動き始めれば、またアタリが出てくるはずと期待して引き続き投げ続けますが、残念ながら1時間2時間と経って潮が動始めても相変わらず竿先は動かないままピクリともしません。
 時間は2時半を回っており、あの一時が時合で、その時に、よう釣らんかったことがすべて・・・やっぱり、シマシマのお魚はむつかしいなと思いつつ何の変化もない穂先ライトをぼ〜っと見つめていると疲れと睡魔が出てきて・・・壁に寄りかかりうとうととしかけた時、真ん中の竿先が、小さくクイッと入ったような・・・
 うん!?・・・眠い目をこすってしばらく見ていると更に竿先がクンクンと小さく動きました。間違いありません久々のアタリです。期待を込めて竿を手に持ち、軽く合わせて巻き始めると、時々リズミカルに竿先を抑え込む抵抗が・・・それでも、竿先を軽く抑え込む程度の小さなアタリですので、何がかかったのか、半信半疑のまま巻いてくると、やがて姿を現したのは、銀色のお魚・・・
 遠目ながらよ〜く見ると・・・シマシマが・・・え!?シマシマ・・・そこから大慌て、ばれないようにと祈りつつタモを引き寄せ、慎重にタモ入れして抜きあげたのが、コトヒキの35p


クリックすると元のサイズで表示します

 コ、コ、コトヒキ・・・
 正直その時の気持ちは、や、やっと釣れた〜!!
 足掛け3年、やっと対面できたコトヒキを見つめて喜びの余韻に浸っていると隣の竿に、続けてアタリが・・・
 今度はなんや、何が来たんやと言いつつ引き寄せてくるとやがて姿を現したのは、これまたコトヒキの35cm

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

 なかなかご対面できないコトヒキが、突然立て続けに2匹も登場してビックリ!!喜びいっぱいで、誰もいない土佐の夜の海で、ヨッシャ〜!!の雄たけびを上げていました。(笑)
 こうなると当然、上から目線・・・つい先ほどまでのまったく釣れる気がしないといった自信のない弱気な気分はどこへやら、よし!一気にコトヒキ制覇!!などと分けわからないことを口走りながら元気いっぱい投げ始めますが、あは!世の中やはりそんなに甘くありません。そこから、ぴたっとアタリが止まって元の静かな海に・・・コトヒキどころか、外道すら相手にされないまま夜明けを迎えて、終了。
 やはり、そう簡単に思うようになると思うほうがおかしいといいますか、釣れないのが当たり前で、偶然にも2匹のコトヒキに巡り合え、2号UPしたことが、超〜ラッキーで特別なこと!!諦めず、しつこく、粘った甲斐があったといいますか、この間、コトヒキに全く巡り合えなかった高知の海に、かすかながら光明が差したような気分で、とにかく、ルンルン!!この日の高知からの帰りの足が実に軽かったこと・・・気分的にはあっという間に帰宅できたような・・・
 もちろん、この日持ち帰ったコトヒキは、その日の内に丁重にさばいて、食卓へ。一般的には、このお魚、決して特別おいしい魚という印象ではありませんでしたが、この日だけは、特別・・・とにかく格別の味といいますか、とても、とてもおいしくいただきました。そして、普通においしいという山の神に、何度も何度もおいしいやろと「おいしい」の押し売りを連発・・・山の神が不思議そうな顔をしておりました。(笑)

 









にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
3

2018/5/24

高知 オオニベ 釣行記 5月24日  釣行記

高知 オオニベ 釣行記 5月24日 若潮

 ゴールデンウイークも過ぎ、いよいよ本格的な夏魚のシーズン到来ということで、年初から計画していたシマシマのお魚狙いに今月から挑戦することに・・・時期的には、絶好のシーズンを迎えたイシダイ狙いをぐっと我慢して封印!あくまで「志」高く、狙いのお魚にこだわって遠路はるばる高知の海に挑戦した結果は・・・
 やはりといいますか、予想どおりといいますか、そう簡単にうまくいくはずもなく、OOHAZUREを引いてものの見事に撃沈!!
 地元の人の話を聞くと今季磯では、好調にイシダイが釣れているとのこと・・・やっぱり、下手な色気を出して、シマシマのお魚など狙わずに昨年実績のあるイシダイ狙いのポイントを攻めていればと正直、一瞬、大きく動揺したのですが・・・
 それでも狙わなければ一生シマシマのお魚は釣れないとあらためて思い直し、ここはやはり当初の「志」どおりシマシマ狙いを続けることを固く決意!!
 それにしても、ほんと、いつになったら目的のお魚と巡り合うことができるやら・・・はあ〜・・・ですね〜

 今回釣行で、目的のお魚は、ものの見事に撃沈でしたが、釣りの神様のお情けといいますか、せっかく高知まで来てかわいそうにということで、僅かながらお土産をいただきました。(笑)
 狙いから言えば外道ということになるのですが、釣れたのはオオニベの48cmと45cm、ヘダイの37cm、そしてこのほかにも自然放流を何匹か
 しかも、神様のお情けには、何故かおまけがついていまして・・・
 ニベのDランク(50cm以上)が1匹残っていたのを神様が知っていたのかは不明ですが(笑)帰宅後、実寸で48pを超えるオオニベの魚拓を必死でとった結果、何とか、拓寸50.3cmに・・・ということで、最後一つだけ残っていたDランクが埋まって1号UPニベの満願終了というこれ以上ないくらいの幸運をいただきました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 今回、初めて、オオニベを持ち帰り、魚拓をとった後、きれいに洗って食しましたが、これがなかなかのもので、良い意味期待を裏切られたといいますか、あまりおいしくないのではという事前の予想を大きく覆す美味しさで、ビックリ。もちろん山の神にも好評で、ヘダイよりおいしいとあっという間に完食されておりました。(笑)




にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
6

2018/4/27

新・日本海 クロソイ 釣行記 4月27日  釣行記

新・日本海  クロソイ 釣行記 4月27日 中潮

 例年、ゴールデンウイークは、暦と全く無縁のゆうたろう。いつもどおり、週一お休みを行使して、お魚さんと遊んできました。
 実は、この時期、どこに行くかで、毎年、悩みます。
 冬のお魚には遅く、夏のお魚には、少し早いのではと思い始めるとどんどん悩みの深みにはまって、あれやこれや考えて右往左往・・・下手な考え休みに似たりとはわかっているのですが、この性格、ほんとどうにもなりません。
 結局今週は、ぎりぎり悩んだ結果、某イカプロ大先輩の釣行記に刺激を受けて先週に引き続き日本海方面に・・・なんや南ではなく、又、アイナメ狙いかいなと言われそうですが、今回は、これから本番を迎える夏魚狙いの偵察といいますか、下見といいますか、探りといいますか・・・もちろん時期的に早いということはわかっていますが、エサ代も昨年から、冷凍庫に眠らせていたもので、ほぼタダ同然、一度はこの時期に探っておいてもいいかなと・・・のんびり探って、釣れなくて当たり前、もし万が一釣れたら超ラッキーということで、気楽な気分で日本海方面へ足を運びました。
 結果は、やはりといいますか、狙いの本命は不在(笑)でしたが・・・無欲の勝利といいますか、幸運には、恵まれました。
 この日は、12時納竿で、7時間ほど竿を振ったのですが、その間に拾ったアタリは、5回・・・ただし、1回は、スカッ!そしてもう1回は、ウミヘビで、実質お魚さんからのシグナルは、3回!
 1回目は、釣り始めて4時間程経ってから・・・
 あまりの静けさに、やっぱりあかんなと予想どおりの展開にあきらめ気分が濃厚になってきたころに、突然、竿先がパンパンとたたかれます。あわてて駆け寄り一気に大きく合わせますが・・・スカ!
 う〜ん中途半端にアタリがないほうが、やっぱり時期的に早かったんだとあきらめがつくというもの・・・下手に大きなアタリを見てしまったために、かえって落ち込みが大きく、心底ガックリ!
 え〜い腹立つ〜と思いながらエサを付け替えていると突然、ガシャッと大きな音が・・・
 隣の竿にアタリ!
 竿尻が大きくずれて、竿先が大きく踊っています。
 ダッシュで駆け寄り、一気に大合わせ・・・ズドンと手ごたえが帰ってきて乗ったことを確認すると必死にゴリ巻き・・・やがて姿を現したのは、なんとマゴ・ヒラではなく冬のお魚・・・実寸で43pを超える大きなクロソイ

クリックすると元のサイズで表示します

 2回目は、なんとも微妙なアタリ・・・念のためゆっくりと聞き合わせると何か乗っているようですが、これまた微妙な手応えで・・・わけわからないまま巻いてくると仕掛けの先に変なゴミが・・・ガックリしつつ更に引き寄せよく見ると・・・な、なんとこれまたびっくり胴長30cmほどの大きなコウイカ!?慎重にタモで救うとどっと墨をはいて(笑)・・・ということで写真はなし!丁重にしめた後、袋に入れてクーラーへ

 3回目は、納竿寸前!竿を片付け始めると一本の竿に小さなアタリ・・・竿先がクイ、クイと何かに引っ張られています。
 何かあたっているようですが、大きく引き込むほどでもありませんので、大したことないなと思いつつ巻き始めるとこれがなかなかの手応え・・・デカウミヘビか!?と思いながら寄せてくると水面に登場したのは、これまたびっくり、夏のお魚マゴチ58cm

クリックすると元のサイズで表示します

 今回釣行、外道すらも皆無に近い状態ということで、アタリも少なく、もちろん本命のお魚さんはご不在という、結果から言えば、やはりシーズンには少し早いということになるのでしょうか!?
 とはいえ、時期が早いのは覚悟のうえ、様子見ということで、期待せずに臨んだのが良かったのか、冬のお魚の大きなソイと夏のお魚マゴチが混在するという端境期らしい結果に・・・
 ほんとまあラッキーの一言!おいしい食材に恵まれ最高の釣果で、下見釣行は、結果オーライの大成功!!
 帰宅後は活けのクロソイをさばいて、イカともども大変おいしくいただきました。
 そして、食した後にあることに気づいてガックリ⤵⤵
 今回のクロソイ・・・43cmを超えてかつ体高が10cm以上もありましたので、超へたくそなゆうたろうでも魚拓をとると余裕で45pをクリアーする大きさでしたが、おいしい食材に恵まれたことに浮かれて、活けで持ち帰ることしか頭になくて・・・
 食べた後にくつろぎながら大物基準を何気なく見ていて、Sランクのチャンスを放棄したことにハッと気づいて後の祭り・・・大先輩のフグタロウさんがこれはと思うものは、必ず魚拓に!と言っていた言葉が、頭の中に浮かんで・・・更にガックリ!?まあ、罰当たりですは〜は、は、はは、はあ〜

 
 

 















にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ