2018/6/25

高知 コトヒキ狙い 釣行記 6月25日  釣行記

高知 コトヒキ狙い 釣行記 6月25日 中潮

 今週は、以前から高知に行きませんかというリスキーさんのお誘いで、釣行することになっていたのですが・・・ただ、問題は、梅雨真っ盛りということで、天候と波が許してくれるかどうか・・・心配しつつ天気予報を追いかけていると、幸運にも釣行予定日が梅雨の中休みに、そして、波予想も1.5mと好条件が、揃い踏み?これは、めぐりあわせが絶好調・・・ということは、お魚が釣れる〜と相変わらず分けわからん妄想たくましくルンルンで、当初の予定どおりお昼前に大阪を出発し、夕方には、早々と高知入り。
 今回は、ゆうたろうが今年コトヒキを釣った場所の周辺で、新規ポイントを探るということで明るい内にそれぞれ思い思いの場所に釣り座を決定し、荷物を持って準備を開始。夕日が沈みかけるころには、すべての竿を遠近右左に投げ分け、期待の本番を迎えます。そしてそこから翌朝の夜明けまで、一睡もせず、一晩中竿を振り続け頑張ったのですが・・・

 結果から言いますとリスキーさんは、やっぱり持っているといいますか、そして、ゆうたろうはやっぱり持っていないといいますか・・・というほぼ実力通りの結論に(笑

 リスキーさんは、竿出し直後からアタリが出て、40UPのヘダイを確保。その後、順調に釣果を伸ばし、終わってみれば、目的の35cmUPのコトヒキをはじめ、40cmUPのオオニベやヘダイなど大物ランクのお魚を10匹前後を釣り上げておりましたが・・・
 ゆうたろうの方は、釣り始めから5時間ほど何のアタリもなく全く反応なし!?高知で、こんなことは初めてで、ただただ、竿を振り続けただけ・・・
 ついにやってしまったかなとあきらめ気分でふてくされていると・・・夜中の11時半過ぎにやっと初めてのアタリが出て釣り上げたのが、ヘダイの35cm

クリックすると元のサイズで表示します

 これが夜中の12時までに出た唯一のアタリで、唯一釣り上げたお魚さん!?高知まで来て情けないと思いつつも撃沈寸前に追い込まれた立場からすれば、ほっとするやらうれしいやら・・・やっとこさのヘダイにやっぱり心からの感謝しつつ、なりふり構わず〆てクーラーへ
 とりあえず、一匹つれましたので、さあここから一気に挽回するぞと思いつつ気合を入れて頑張っては見たものの、相変わらずその後もお魚さんの食いは渋く、思い出したころにぽつりぽつりとアタリを拾ってヘダイを少々追加したものの・・・

ヘダイの38cm
クリックすると元のサイズで表示します

ヘダイの34cm
クリックすると元のサイズで表示します

ヘダイの32cm
クリックすると元のサイズで表示します

 結局は、最後まで、激渋の貧果で、本命で狙いのコトヒキは、かすりすらしませんでした。
 
 そして、この日、唯一の救いは、もぞもぞクイクイのまるでゴテンアナゴのようなアタリながらも、結構激しく抵抗しつつ上がってきたクロウシノシタ42cm

クリックすると元のサイズで表示します

 クラブに入る前に、松帆で、カレイを狙っていて偶然39、45、の2匹のウシノシタを釣って以来久方ぶりの再会です。なかなか狙って釣れるお魚でもありませんので、まさに、ラッキーの一言。号数は、UPしませんが、釣ったお魚の種類が1魚種増えて、22魚種に・・・ウシノシタとネズミゴチなんていつになったら釣れるやらと正直思っていただけに、これはこれでとてもうれしく、ちょっと小さくガッツポーズ!!
 
 今回も帰宅後、いつものヘダイとレアなウシノシタをさばいて調理し、大変おいしくいただきました。とりわけ、ウシノシタは、定番の舌平目のムニエルにくわえて、身が厚かったこともあって一部初めてお造りに・・・白身ですが、ムチムチぷりぷりの歯ごたえで、かつうま味がじわっと広がる美味しさで、釣り人にしかなかなか経験できない味を堪能。

 それにしても・・・

 ほんと狙ったお魚さんは、蜃気楼のようで、追いかければ追いかけるほど、そして、釣れると意気込めば意気込むほど、釣れない・・・どうしたらいいものか悩み深いゆうたろうです。(笑










にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
3

2018/6/21

日本海 ヒラメ 釣行記 6月21日  釣行記

日本海 ヒラメ 釣行記 6月21日 長潮

 梅雨入りが発表となり、今週は、予想どおり天気予報に連日雨マークが続きます。
 特に、南は、雨を避けてとおることは、ほぼむつかしい状況で、やむなく当面のターゲットであるシマシマのお魚を狙うのを断念。一方、北の方はというと、運が良ければ、雨のち晴れのめぐりあわせもありそうな状況で、ならばと平べったいお魚狙いを決断!かなり確率が悪い狙い物ですが、狙わなければ釣れることもないわけで、釣れる魚よりも釣らなければならないお魚を今回も追いかけます。
 今回狙う平べったいお魚のエサですが、世間では生きたアジがベストということになるのですが、ゆうたろうの場合は、基本はイワシ!!このイワシ、値段が安く取り扱いが抜群に簡単で、かつ長期冷凍保存でいつでも、ほぼ思いどおりに使用が可能ということで、ずぼらな性格のゆうたろうにぴったし。いつも大量のイワシが我が家の冷凍庫に眠っております。
 とりわけスーパーで買うイワシは、値段が安く100匹で、1000円以下と抜群のコストパフォーマンスで、ゆうたろうの御用達なのですが、唯一の欠点は、なかなか思うようなサイズがいつもそろうとは限らないこと・・・今回も冷凍庫に眠っているイワシは、人間でもおいしくいただけそうな少しほど大きめのサイズ。
 ほんとはもう少し小さいサイズのほうが良いのですが、贅沢は言えません。でかいほうがおいしそうで、ヒラメにも見つけやすいと得手勝手に解釈し、冷凍庫に眠るでかい塩イワシをもって、目的の日本海のポイントへ。
 夜明けと同時に、期待を込めて第一投。ま、たいしたことはありませんが、非力なゆうたろうなりにフルスイングしてみるものの予想どおり飛距離がいまいち。大きいイワシですので仕方がありませ。それでも、そう極端に差があるわけでもない、食う時は、大きくても食うと自分に言い聞かせて、アタリを待ちます。
 夜明けの時合、上げ潮の絶好の時間帯と5時間ほど続けて黙々とイワシを打ち込んでいきますが、ほとんど反応なし。朝一に一度竿尻が浮くアタリがあったものの見事にスカ!!で以降は、全く静かなまま5時間が経過・・・まもなく、満潮を迎えて潮が下げに転じます。
 となると下げのきつい流れに期待するしかないかとあきらめ気分で、竿先を見ていると一本の竿先が揺れました。ん!?アタリとみていると素先がクンクンとあたっています。5時間ぶりのアタリに、期待を込めてあわせると・・・グンと確かな手ごたえが・・・
 前回のこのポイントでの釣行では、クンクンのアタリで58pのマゴチが来てくれましたが、今回はと期待を込めて巻いてくると・・・現れたのは、残念ながらメーター級のデカウミヘビ・・・がっくりです。
 ところが、これを境に、今までの静かな時間が嘘のように、僅かながらぽつりぽつりとアタリが・・・
 ところが、ところがです。
 やっと魚っ気が出てきて絶対釣れるぞと喜び勇んでアタリを合わせるのですが・・・あわせるたたびにスカ・・・きれいにエサをかすめ取られて・・・な、何で!?竿先入ったやん!?と思っても結果はスカ。結局5回ほどお魚さんに遊ばれて潮替わりを迎えます。
 左に持たれていた道糸が、ゆっくりじわ〜ッと右に持たれ始めます。すると右端の竿に、この日6回目のアタリ・・・またかと思いつつ竿先がクイッと大きく入ったところで、大合わせをするとズンと懐かしいお魚の乗った反動が帰ってきました。よっしゃ〜乗ったぞ!と急に元気になって巻き始めると途中グイグイと力強い手応えが伝わります。
 さ〜問題は何がかかったかですが、ヒラメ??マゴチ?はたまたデカウミヘビ?手ごたえを感じつつ、とにかくデカウミヘビだけは嫌と祈るような気持ちで、休みなく巻き取ってくると・・・やがて手前の水面に現れたお魚は・・・

 な、な、なんと狙いの平べったいお魚・・・ヒラメ

 タモ入れをしようとすると鋭い歯の付いた口を大きく開けて大暴れでひやひやでしたが、なんとか無事一発でタモ入れ成功。計測すると52pのヒラメ
 そして、幸運にもこのヒラメでヒラメのC(50cm以上60cm未満)D(60cm以上)ランクが終了し、1号UP!ほんとラッキーの一言。

クリックすると元のサイズで表示します

 7時間竿を振って、やっと釣れた唯一のお魚が幸運にも目的のヒラメ!!この日は、ほんと最高のめぐりあわせに恵まれました。こんなことがあるのが、意外性の釣り投げ釣りで、ほんと、投げ釣りは面白いといいますか、やっぱり狙わなければ釣れないかな・・・(笑)もちろん、その後は何の変化もなくお昼の12時で、納竿終了。

 帰宅後は、生かして持ち帰ったヒラメを2日間にわたって堪能・・・いや〜おいしいですね〜裏が真っ白の天然のヒラメ。山の神も、大胆かつ、がっつりと満足げに食しておりました。はい!





にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
4

2018/6/14

高知 ヘダイ 釣行記 6月13日  釣行記

 高知 ヘダイ 釣行記 6月13日 大潮

 今週は、梅雨の合間を縫って、下手な鉄砲も数打ちゃ当たる方式で、前回、たまたま巡り合えたコトヒキを追いかけて高知へ!
 もうこの時点で、前回、ようやくやっと2年ぶりに!?・・・まさにたまたま!?・・・ほんと偶然に!?・・・などという事実は完全に忘却の彼方〜
 ゆうたろうの頭の中では、ふと気が付けば、いつの間にか「高知に行けば必ずコトヒキが釣れる〜!」に・・・おいおいおいちょっとそれは事実と違うやろと思いますが、とにかく頭の中は、妄想アドレナリン出まくりで止まりません。
 ということで、一気に号数UPや!とルンルンで、大阪を出発したゆうたろう・・・夕方5時過ぎには、高知の浜に到着し、さっそくすべての竿を並べ、日没を待って、本格的に投入開始。

 しばらくすると日没を迎え、それとともに早速アタリが・・・
 一投目から、幸先よくなかなかの手応えで、HAZURE回避の大きなヘダイかなと思いつつ巻いてくると足元に浮いてきたのは、意外にも、ミニコロ・・・コロダイの45cm 食べごろサイズということもありますので、丁寧に締めてお持ち帰り。

クリックすると元のサイズで表示します

 そこからは、ヘダイを中心に、退屈しない程度にといいますか、思い出したようにアタリが続き・・・

ヘダイの43cm、32cm、37cm
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

キスの28cm、ヘダイの36cm、45cm
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クロダイの39cm、ヘダイの34cm
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

 ということで、一晩中ぽつりぽつりとお魚が釣れ続きましたが、結局、最後まで、お目当てのコトヒキは、現れず!
 高知に行けばコトヒキが釣れる!などということは、やっぱり妄想で、そう簡単に毎度毎度釣れるはずもなく、予定どおり結果は、撃沈!OOHAZURE〜!
 やっぱり、コトヒキはむつかし〜!?といいますか、とことんめぐりあわせが悪いことを思い知らされ・・・ガックリ!?
 それでも、今季、たまたま、まぐれとはいえ、一度でもコトヒキを釣ってしまった事実は、やっぱり強いといいますか、一度や二度のHAZUREでは、落ち込むこともなく、高いモチベーションを維持!そう簡単にはあきらめません!?(笑)

 もちろん帰宅後は、持ち帰ったコロダイ、ヘダイにキスと食味の違うお魚をそれぞれ食べ比べ山の神ともどもおいしく堪能いたしました。

 

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
4



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ