2017/4/11

浅田真央が引退  スポーツ

 女子フィギュアスケートの浅田真央(26=中京大)が10日、ブログで引退を発表した。

 ブログは「突然ですが、私、浅田真央は、フィギュアスケート選手として終える決断を致しました」と始まり、これまでの選手生活を振り返り、「去年の全日本選手権を終えた後、それまでの自分を支えてきた目標が消え、選手として続ける自分の気力もなくなりました」と引退の理由を説明しています。

 金メダルを期待されながら、銀メダルに終わった2010年のバンクーバーオリンピック。2013年4月に、再び金メダルを目指したソチオリンピックを最後に引退する意向を表明していました。しかし、そのソチオリンピックではショートプログラムで転倒が相次ぎ、16位に沈みました。一転フリーでは、女子史上初となる全6種類、計8度の3回転ジャンプを着氷。自己ベストを更新する142.71点をマーク、6入賞に終わると1年間競技生活の休養を発表し、進退についての決定を先送り。2015年に、今回と同じく自身のブログで現役続行を表明。平昌オリンピック出場を目指していましたが、左膝を痛めたこともあって成績は奮わず、2016年の全日本選手権は12位に終わり、世界選手権代表を逃していました。

 ただオリンピックの金メダルを目指して現役を続けてきた浅田選手、最後は出場の道を絶たれて引退となりました。
タグ: 浅田真央

2016/8/2

ニューヨーク州、性犯罪者のポケモンGO利用を禁止  世界

 世界中で大ヒットしているスマートフォン向けゲーム「ポケモンGO」について、ニューヨーク州のアンドリュー・クオモ知事は1日、性犯罪者の利用を禁止する命令を出しました。

 クオモ知事は、現在ニューヨーク州に3000人近くいる仮釈放中の性犯罪者について、ポケモンGOや、インターネットに接続して遊ぶ同様のゲームのダウンロードやアクセス及び利用を禁じるよう州の矯正当局に命じたものです。

 声明でクオモ知事は「ニューヨークの子どもたちを守ることは最優先事項である」とし、性犯罪者がゲームを通じて子どもに近づき、被害を与えるのを防ぐ目的であると説明しています。

 ポケモンGOはアメリカだけでも7500万ダウンロードを記録する大ヒットで、日本でも配信初日だけで1000万ダウンロードとなり、余りのヒットに社会現象化しています。その為様々な問題も発生しているのですが、ニューヨーク市内では保護観察中か仮釈放中の登録性犯罪者の自宅近くで50以上のポケモンキャラが捕まっているそうです。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ