フォームを覚える  


バスケットボールのジャンプシュートの上達には、正しいフォームの習得が欠かせません。

これを守らないとこんトロールが安定しないので、上達するのはむずかしいでしょう。
フランチャイズ募集を試してみた
ポいんトになるのは、反動を利用して力まかせに打たないことです。

しょしん者のうちにおぼえることが大切で、バスケットボールの経験をある程度積んでから修ただするにはくろうがともないます。

そしてボールがセットポジションにたっしたら、肘が曲がっていないじょうたいにします。

バスケットボールのりんぐは上向きになっていますので、軌道が高くなればそれだけ決定率は向上することになるのです。

このフォームを習得すると、ボールが高くあがるようになります。

悪いシュートフォームの場合はきてんが肘におかれていることがおおく、前腕でシュートをするようになってしまいますので注意しましょう。

また、こういった癖がついている人は、ボールをもち挙げる時、すいちょくではなく頭上にもち挙げる傾向があると言われています。

これに対して、正しいフォームの流れとしては、ボールを持つところからはじまりますが、挙げたじょうたいではなく下げたじょうたいでもちます。

身体の中心軸をなぞるようにいしきしつつ、上にむかってすいちょくにボールをもち挙げていきます。

この時のきてんは肩におきますが、いしきは上にむけるというより、少し前をいしきしてのばすのがポいんトです。

セットポジションから反動を利用し、前にむけて力まかせにシュートをすることになりますから、ボールの軌道が高くならないのです。

はんたいに軌道がひくいと、りんぐの中を捉える面積が狭まってしまいます。

最初はぎこちなさを幹事るかもしれませんが、上達を目指してはんぷく練習をしていきましょう
0

teacup.ブログ START!  

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0




AutoPage最新お知らせ