2013/4/17

奇跡の肌砂糖がいいですね  

奇跡の肌砂糖といいですが、女性(ヒット商品やブームを生み出すには、ウケを狙う必要があるでしょう)の全ての人が、「きれいになりたい!」と考えているでしょうね。でも、皆さん、ダイエット(適切な方法で行わないと、リバウンドしてしまって、かえって太ってしまいます)をして痩せればキレイになると思っていませんか?確かに、きれいな女優やスタイルのいいモデル(模型のことをモデルともいいますね。プラモデルなどが一般的でしょう)さんを見ていると、そう思ってしまうですよね。しかし、ただしいダイエット(摂取カロリーを抑えて、消費カロリーを増やすというのが基本です)を行わず、間違ったダイエット(心身に負担のかかる方法で行っても、体に悪いですし、効果は期待できないでしょう)を行っていたら、ただ痩せるのみでたるみだけが残ってしまったりする為す。体重(健康的なダイエットを目指すなら、体重を減らすのではなく、体脂肪率を減らすようにしましょう)が増加する事で、皮下脂肪(外食をしていると、特に摂り過ぎてしまう傾向があるでしょう)の量も比例して増えていくので、皮下脂肪(悪者扱いされがちですが、体にとってはなくてはならないものです)が増えていくと、皮膚もその量にあわせて引き伸ばされていくことを知っていましたか?皮膚(何でもないときにはあまりに気にしないことも多いですが、一度トラブルが起こってしまうとものすごく気になるものです)と言うものは、脂肪(適度に摂ることは必要なのですが、過剭に摂ってしまっている人があまりにも多いのが現状でしょう)が増加すれば自然とその脂肪(適度に摂ることは必要なのですが、過剭に摂ってしまっている人があまりにも多いのが現状でしょう)にあわせて伸び、脂肪(暴飲暴食をしていると、あっという間に蓄積してしまいます)が減少すればその減少に合わせて自然と縮んでいくものなのです。理想(もし、得られたと思っても、こんなはずじゃなかったと思ってしまったり、さらなる欲望が湧いてくることも多いようです)的なダイエット(飽食、運動不足の現代人にとっては、永遠のテーマかもしれません)は、1ヶ月に1kgといわれていて、これを守っていればお肌のハリも維持したまま、キレイにダイエットする事が出来るだと言われているんです。ところが、過激なダイエット(適切な方法で行わないと、リバウンドしてしまって、かえって太ってしまいます)を行い、1ヶ月に1kg以上落としてしまったりすると、いままで蓄積していた脂肪(暴飲暴食をしていると、あっという間に蓄積してしまいます)を急激に減らすことようですよ。すると、伸びていた皮膚(年をとるにつれて、トラブルが起こることも多くなります。また、新陳代謝のスピードも低下してしまうものですよね)が脂肪(悪者扱いされがちですが、体にとってはなくてはならないものです)の減少速度に追いつくことが出来ず、たるみや肉割れなどを起こしてしまうでしょう。よくダイエット(女性のみならず、現代人にとっては永遠のテーマかもしれません)をした後に、胸(女性はバストの大きさが気になり、男性は筋肉の付き具合が気になることも多いでしょう)が小さくなってしまったなどという話を多いですし、ダイエット(心身に負担のかかる方法で行っても、体に悪いですし、効果は期待できないでしょう)して気がつくと、大腿部の内側に妊娠線のような肉割れができてしまったっていう話も聞きます。それでも若いうちは再生する事が出来るはずですが、年をとるのに伴ってたるみが起こった場所や原因によっては、そのたるみを治すことが出来ない可能性があるのです。ですので、ダイエット(適切な方法で行わないと、リバウンドしてしまって、かえって太ってしまいます)をして痩せれば、それだけの事できれいになるという考えは捨てましょう。体重を減らすことだけを考えるのではなくて、どうすればキレイに見えるのかを考えながら、ダイエット(飽食、運動不足の現代人にとっては、永遠のテーマかもしれません)すると良いですよ。
0

2013/3/21

偏頭痛と緊張型頭痛  

頭痛(今までに感じたことのないような痛みであるのなら、病院で精密検査を受けた方がいいでしょう)には、偏頭痛と緊張型頭痛(安易に頭痛薬に頼りすぎるのはよくありません。生活習慣や体の歪みなどを改善することで起こらなくなる場合もあります)とがあるはずですが、ここでは緊張型頭痛(誰でも一度くらいは経験するものですが、その原因は様々で時には深刻な病気の症状であることもあります)に関して詳しく説明していきます。日本国内で頭痛(外傷以外の原因で頭部に痛みを感じる症状をいいます)で悩んでいる患者(まずは、自分が病気であることを受け入れて、治療のための努力をすることが大切ですね)さんは、約3000万人いるだと思います。その中でも、緊張型頭痛(外傷以外の原因で頭部に痛みを感じる症状をいいます)の患者(同じ病気にかかっても、人によって症状の出方は畭なるものですし、治るかどうかも違ってきます)さんが半分以上をを占めているだと言えます。突発的に発症してしまう偏頭痛(時には嘔吐などの症状を伴うこともあるでしょう)とは違い、緊張型頭痛(安易に頭痛薬に頼りすぎるのはよくありません。生活習慣や体の歪みなどを改善することで起こらなくなる場合もあります)は首や肩の筋肉が緊張する事によって血流の流れが悪くなり、おおよそは後頭部の左右いずれかに痛みが発生します。緊張型頭痛(誰でも一度くらいは経験するものですが、その原因は様々で時には深刻な病気の症状であることもあります)の痛みが発生する細かいメカニズム(自然現象や人体などについては、詳しいメカニズムが判明していないことも少なくないのです)を説明するとしたら、パソコンで長時間作業をしていると同じ姿勢でいることが多かったり、長時間パソコン(アメリカのインテル社のCPUが八割くらいの確率で使われているそうです。まさに、「インテル入ってる」ですよね)を眺めている事により、目を酷使しています。その状態が続いた場合には、肩や首周辺の筋肉に乳酸などといった疲労物質(血行を良くしたり、十分な睡眠をとることで減らすことができるでしょう)といわれている物がどんどん蓄積されてます。そのため、血行が悪くなって疲労物質(精神状態によっては、蓄積されていることが感じにくくなります)が神経を刺激する事になってしまい、痛みが発生してしまうでしょう。緊張型頭痛(外傷以外の原因で頭部に痛みを感じる症状をいいます)は、眼精疲労(眼精疲労と眼疲労は違うそうです)や精神的・肉体的(全くないというのも逆に健康にはよくないそうです)が痛みの発生と関わっているとも考えられています。どのくらいの痛みが起こるかというと、痛みと言うよりもはとりあえず頭(インドでは子どもだからといってなでたりすると、とても失礼な行為になるそうです。神様が宿るところだから触っちゃダメなんだとか)が重たく感じるようになり、除々に圧迫感や頭が締め付けられるような感じを覚えるようになるでしょう。一瞬にして激痛が発生するわけではありませんが、比較的長時間に亘って痛みが持続しやすいのが特徴になります。ひどくなると、頭痛(今までに感じたことのないような痛みであるのなら、病院で精密検査を受けた方がいいでしょう)だけじゃなく、めまいや体のだるさを感じる可能性もあるといえます。緊張型頭痛(誰でも一度くらいは経験するものですが、その原因は様々で時には深刻な病気の症状であることもあります)を予防し、解消するには、日常からできるだけ(全くないというのも逆に健康にはよくないそうです)を溜め込まないようにすると良いでしょう。現代社会でストレス(原因となるものをストレッサーと呼びますが、ストレッサーがない状態もまたストレスになるようです)を溜め込まないようにといわれておりても、なかなか難しいかもしれませんね。でも、入浴の際はのんびり湯船(いわゆるバスタブのことです)に利用して、マッサージ(スポーツや運動の前後には、筋肉の緊張や疲れを解す目的で行われます)を行ってながら血行を良くしたりすると、ストレス(原因になるもののことをストレッサーと呼ぶのだとか)解消にもこの頭痛(外傷以外の原因で頭部に痛みを感じる症状をいいます)の予防にもなるでしょう。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ