2013/10/21

企業看護師の就職先  企業看護師の職場

看護師の中には、一般企業への転職を目指している人も多いです。
企業看護師として、従業員の健康管理をするのが主な役割になります。
ところで、企業看護師として仕事をする場合、どのようなところに就職することになるのでしょうか?

企業看護師を募集しているところを見てみると、上場企業の募集が多い傾向があります。
上場企業で、それなりの経営基盤を持っているところほど、医務室を設置していて、そこで産業看護師が仕事をしているケースが多いです。

上場企業の看護師求人をチェックするときには、どのような規模で医務室を展開しているか確認をしましょう。
上場企業の中には、5〜6人体制で企業看護師を雇っているようなところもあります。
しかし一方で、企業看護師が1人しかいないようなところもあります。
後者の場合、何百人もの従業員の担当をすることもありますので、注意しましょう。

一般企業勤務の産業看護師を目指そう!もチェックしてみて企業で働くことを理解しましょう。
0

2013/10/19

男性看護師の職場は?  男性看護師の職場

男性看護師と女性看護師は、一昔前までは少し違った扱いを受けることが多かったです。
たとえばどこの配属になるかを見てみても、少し男女間で違いがありました。

男性の場合、一般病棟に配属されることはほぼゼロといってもいいくらいの状況でした。
むしろCIUとか救命センター、透析室に配属されることが多かったです。
特殊な看護技術の要求されるところで、男性看護師への需要が高かったです。

しかし最近になって、男女間の職場の線引きはあいまいになってきているようです。
一般病棟からも男性看護師のニーズが高まってきていることもあって、男性看護師でも比較的自由に配属先を選択できるようになってきています。

しかしそれでも、男性看護師の働きにくいところもあります。
たとえば、産婦人科の場合女性で扱う領域が領域なので、男性看護師が仕事をしているケースはまずないといっていいでしょう。
そして今後も男性看護師に対する需要が出てくるとは考えにくいところがあります。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ