2013/3/4 | 投稿者: teacup.ブログ 運営担当

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0

2013/3/4 | 投稿者: はる

肥満(極端なダイエットはリバウンドや拒食症、過食症の原因になりかねません)の原因(どうがんねってもわからないことも少なくありません)には色々なことが考えられますが、遺伝によるものが30%、生活(後で振り返ると懐かしくなることもよくあります)環境によるものが70%程度と言われているのです。
食事習慣や運動不足(休日などにいきなりハードな運動を行うと、かえって体に負担をかけてしまいますから、徐々に運動量や負荷を増やしていきましょう)など、肥満(原因も人それぞれで、食習慣に問題がある、親からの遺伝で太りやすい、疾患や服用している薬の影響、睡眠不足で太りやすくなっているなどが考えられます)になってしまいがちな生活(良い習慣をいかにたくさん身につけるかということが人生を大きく左右するでしょう)環境はわかりやすいですが、遺伝によるものが30%もあるなんて、ちょっと悲しく思ってしまうのです。遺伝子(遺伝情報を担っている主要となる因子だといわれており、DNAと表現されることもあるでしょう)のよる要因の1つに褐色脂肪細胞(内分泌組織でもあり、レプチン、レジスチンなどを分泌して、代謝の調整を行っていると考えられています)の働きの違いがあるのです。

褐色脂肪細胞(単胞性脂肪細胞と多胞性脂肪細胞の二種類があります)は、基礎代謝量(一日に最低限必要となるカロリーのことで、これを下回るカロリーしか摂取しないダイエットは大変危険です)を高め、カロリーを燃焼する働きをしてくれるはずです。
ダイエット(飽食、運動不足の現代人にとっては、永遠のテーマかもしれません)の強い見方とも言える褐色脂肪細胞は、残念なことですが年を重ねるごとに減っていってしまいますね。食事量は変わっていないのに、加齢により太りやすくなる原因(時にはこれを考えて改善することで、より良い未来へとつながっていくはずです)の一つにはこの褐色脂肪細胞(単胞性脂肪細胞と多胞性脂肪細胞の二種類があります)の衰えがあると思います。

そしてこの褐色脂肪細胞の働きは、遺伝子(親から子、孫へと伝わる形質・性質で、細胞から細胞へと伝えられます)によっては左右されます。
日本人(最近では海外で活躍する方も増えていますね)の3分の1の人は、褐色脂肪細胞(単胞性脂肪細胞と多胞性脂肪細胞の二種類があります)に関わる遺伝子(親から子、孫へと伝わる形質・性質で、細胞から細胞へと伝えられます)に生まれつき(生まれた時からという意味ですね)変異があるみたいです。
このような遺伝子をもつ方は、正常な遺伝子(親から子、孫へと伝わる形質・性質で、細胞から細胞へと伝えられます)をもった方に比較して、基礎代謝量(筋肉量を増やすことで上げることができるといわれています)が約200kcalも低く、やせにくい体であると言えるのです。

同じような生活(ささいなことの積み重ねですが、疎かにしているとある日大変なことになるかもしれません)をしているのに、太りやすい人とそうでない人がいるのは、こういう遺伝子(生物の時間にメンデルの法則を習った記憶はうっすらと残っているのではないでしょうか)の影響もありますよね。
かと言って、太りやすい人も遺伝子(生き物の設計図ともいわれていますが、環境によっても大きく変化が生じる可能性があります)のせいだと諦めないで頑張りましょうね。
褐色脂肪細胞(脂肪を蓄える働きのある細胞のことです)は、水泳をしたり、温度差のシャワーで直接刺激したりすることで活性化して、その働きを高める事が出来ます。

太りやすい人もそうでない人も、食生活(人それぞれ、大きく内容が畭なるでしょう。体型や肌つや、精神にまで関わってくるものです)に気をつけ、適度な運動を行い健康な生活を送るように心掛けて下さい。FMラジオショッピング通販|快適生活ラジオショッピングスペシャル
0




AutoPage最新お知らせ