琉金ショートテール 3  金魚

クリックすると元のサイズで表示します

昨夜の卵。
卵殻内で黒色素が発現して、クルクルと孵化に備えて活発に動いていた。

クリックすると元のサイズで表示します

今日の様子。

夕方には完全に孵化完了。
1

土佐錦魚 孵化。  金魚

クリックすると元のサイズで表示します

11日に採卵した卵は洗面器で無加温にて、4日で孵化した。
今回はこのまま、洗面器で飼育を続け
稚魚の生育を見ながらプラ舟へ移動させます。

1

琉金ショートテール 2  金魚

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

昨日の土佐錦魚に続けて今朝は琉金ショートテールが産卵した。

右の個体がメス魚なのだが
昨年は半透明なお腹を横から見ると
たくさん抱卵している状態にもかかわらず
まったく産卵しないままだった。

今朝、人工受精で卵を絞り出すときに
ほんの数回、卵が出たところで白濁りした卵が出始め
やがて卵が出なくなり、もうおしまいかと?
まだ腹部は横に膨らみ卵巣内に卵も見える。
少し強く絞り出してみると
ベージュ色の塊が押し出された直後
綺麗に透き通った粒ぞろいの卵が勢い良く
続々と噴き出してきた。

おそらく、昨年から持っていた古い卵が変質して
出来た物質が卵管を詰まらせていたのだろう。

オス魚の精子がやや、少なかったが
なんとか1腹は確保することが出来た。
1

土佐錦魚 産卵  金魚

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

今朝ようやく、土佐錦魚の採卵が成功。

網透明鱗のメス魚は産卵経験があるが
普通鱗の土佐錦魚どうしで交配したかったから
雌雄のタイミングが合うまで待ち続け
ようやく事が成った。

1

江戸錦 17  江戸錦

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

広島系江戸錦3番仔たち。

水換えと選別を実施。

1番・2番仔の分譲用を含む厳選個体を残している都合で
飼育スペースがかなり混みあっているので
今回は並み物レベルの個体は分譲用に残さず全て放流した。

残したのは現時点で上物から品評会レベルの個体のみ。

今後の選別はここからの成長で尾鰭の捲れや
背下りから尾筒、トメにかけての形も定まってくるので
体型・尾鰭の狂いが生じた個体を都度、撥ねていく程度となる。

体色はお好みで残すことになる。

餌は冷凍アカ虫 人工飼料を与えています。


1




AutoPage最新お知らせ