ハワイアンジュエリーの釣り針

2013/4/1 
ハワイアンジュエリーや、ハード系のジュエリーでよく見る、釣り針のモチーフ。
みなさんも見たことがあると思います。
シルバーで作られた釣り針のモチーフペンダントなど、良くあるタイプですよね。
ハワイアンジュエリーでも定番となっている、この釣り針はフィッシュフックと言います。

ここでは、このフィッシュフックのお話をしましょう。
ハワイの人々は、みなさんもおわかりのように、海洋民族ですよね。
昔からずっとハワイの人たちは、海からの恵みで生きてきた人たちです。
ですから、ハワイの人々にとって、このフィッシュフックは昔から、とても大切なものなのです。
だって、そもそも、釣り針がなかったら、魚を釣ることが出来ませんからね。

今では魚を捕る方法はいくらでもあるでしょうが、昔は釣り針しかありませんでした。
そして、昔のハワイでは生きていくためには、魚を釣って食べなければなりませんでした。
つまり、ハワイの人にとって、生命の糧は、魚だったのです。
フィッシュフックは、それを釣るための重要なものでした。
命をつなぐ大事なアイテムだったのです。

では、昔はどのようにして釣り針を作っていたのでしょうか。
今のように素材に恵まれない時代ですからね。
古代の人々は、クジラなどの、大きな魚の骨で針を作ったり、また貝殻で作っていたりしたそうです。
これは、みなさんも歴史で習ったかもしれませんね。
そして、中には人間の骨で作った釣り針もあったそうです。
驚きですよね。
0

teacup.ブログ START!

2012/9/30 
ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0



AutoPage最新お知らせ