2014/7/16

分譲住宅を購入する他にも  

不動産を買うと一言でいっても、その不動産の種類によってもいろいろ違いがあります。例えば、住居として新築物件を購入した場合、マンションや分譲一戸建てがありますね。中古物件の場合でも、マンションもあれば一戸建てもあります。マンションや一戸建ての分譲住宅を購入する他にも、ますは土地を購入するということもあります。
自分がそこで暮らすための住宅として不動産を購入する場合には、新築か中古かどちらの物件なのかということもありますし、まずは土地を購入して新築するのか、という場合もあるわけです。また、個人の住宅としての不動産の購入の場合の他にも、事務所や会社をする場合の不動産はまた違ってきますね。事務所であったり店舗であったりの場合の、不動産を取得しようとする場合、その目的に相応しいものが必要ですから、事務所であるビルの不動産を購入したり店舗を持ちたい場合にはその業態によって不動産の条件も違いがあると思います。
商用利用可の賃貸の事務所や店舗もありますので、不動産を所有しなくても事業はできますが、いづれにせよ不動産の購入にはいろいろなパターンがありますので、自分に合った不動産を選ぶといいですね。不動産を購入する際に便利なのが不動産屋です。まずは不動産業者に相談をすることで物件を紹介してくれたり仲介をしてくれます。
滋賀 不動産 売買
0

2014/7/15

どのような態度で  

賃貸物件を案内されるときには、案内のされ方があるのを分かっていますか?紹介してもらうというのではなくて、借りてやるから見せてもらうのは当たり前・・・なんて考えをしている人はいい賃貸物件を紹介されません。やはり賃貸物件を借りる側としての態度も必要ですし、貸す側としても、借りてもらう人の印象や、いろいろな所をチェックしながら物件を紹介していくものです。印象や態度が悪い人に対して賃貸物件を紹介したいと思いますか?やはりマナーもきちんとしていて賃貸物件を紹介しやすいなと思った人にしか貸したくないのではないでしょうか。そのことを考えてみても、やはり賃貸物件を案内されるときのマナーをわきまえるということがとても大切なことになると思います。では具体的にはどのような態度で賃貸物件を案内されればいいのでしょうか?まず、一緒に不動産会社と物件を回ると思いますが、ブーツをはいていくとすぐに玄関に上がることが出来なくなってしまいますから、できるだけ脱ぎやすくて履きやすいような靴をはいて出かけるのがいいのではないでしょうか。靴の履くときの態度ひとつでも性格が表れてしまいますから、なんとなくブーツを履くのに手間取っている人を見ると、家賃を滞納しそうだとか、ルーズな感じの印象を与えてしまうかもしれませんから、ブーツは避けた方がいいですね。
そして靴関係では、靴をきちんと玄関にそろえてはいるようにしましょう。そして賃貸物件を案内されたら、とりあえず、いろいろと見て回りたい気持ちは山々なのですが、不動産屋に任せてリードしてもらいながらあちこち見て回りましょう。自分から勝手にあちこち押入れなどを開けてジロジロ見ていくということはあまりいいことではありませんよね。ですから、不動産屋が一通り説明をして説明が済んだところで自由に見てもらってもいいというようなサインがあってからあちこち見て回るようにしましょう。その辺のマナーもいい賃貸物件を紹介してもらえるかどうかにかかっていますし、マナーが悪いと案内をする側も嫌気がさしてきます。いい賃貸物件を一緒に最後まで付き合って探してもらう場合には、やはりそれなりのことが必要になってくるのではないでしょうか。不動産屋との賃貸物件めぐりは、意外と気を使いながらマナーを守りながらになると思いますから、その点をわきまえてまわってほしいですね。そうしなければなかなかいい部兼を紹介してもらうことは難しいでしょう。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ